大ヒットドラマ『ナイトライダー』『ツイン・ピークス』『ヒバヒル』主演俳優たちの今

『ナイトライダー』『ツイン・ピークス』『ヒバヒル』主演俳優はいま?

『ナイトライダー』『ツイン・ピークス』『ヒバヒル』主演俳優はいま?(C)AFLO

『ナイトライダー』マイケル・ナイト役で人気となった、デヴィッド・ハッセルホフ『ナイトライダー』マイケル・ナイト役で人気となった、デヴィッド・ハッセルホフ『ナイトライダー』マイケル・ナイト役で人気となった、デヴィッド・ハッセルホフ『ベイウォッチ』で厚い胸板を披露した、デヴィッド・ハッセルホフ『ベイウォッチ』で厚い胸板を披露した、デヴィッド・ハッセルホフ『ベイウォッチ』で厚い胸板を披露した、デヴィッド・ハッセルホフ(左から2番目)『アナコンダ3』に出演した、デヴィッド・ハッセルホフ(左)デヴィッド・ハッセルホフの娘たち(2006年)2013年2月に開催されたイベントでのデヴィッド・ハッセルホフ2013年8月に開催されたイベントでのデヴィッド・ハッセルホフ2014年4月に開催されたイベントでのデヴィッド・ハッセルホフ&恋人『CSI:マイアミ』ホレイショ・ケイン役のデヴィッド・カルーソ『CSI:マイアミ』ホレイショ・ケイン役のデヴィッド・カルーソ『CSI:マイアミ』ホレイショ・ケイン役のデヴィッド・カルーソ『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』ジョン・ケリー役のデヴィッド・カルーソ『CSI:マイアミ』で2007年に来日した、デヴィッド・カルーソ『CSI:マイアミ』で2007年に来日した、デヴィッド・カルーソ2015年1月にLA空港でキャッチされた、デヴィッド・カルーソ『ツイン・ピークス』クーパー捜査官役のカイル・マクラクラン『ツイン・ピークス』クーパー捜査官役のカイル・マクラクラン『SEX AND THE CITY』トレイ役で出演したカイル・マクラクラン(左)『デスパレートな妻たち』オーソン・ホッジ役のカイル・マクラクラン1985年日本公開『砂の惑星』でのカイル・マクラクラン『BELIEVE/ビリーブ』スクーラス役のカイル・マクラクラン(右端)カイル・マクラクラン、妻のデジレ・グルーバー&息子と一緒に(2010年7月)カイル・マクラクランと息子(2010年10月)2012年開催イベントでのカイル・マクラクラン2015年開催イベントでのカイル・マクラクラン『ビバリーヒルズ高校/青春白書』ブランドン・ウォルシュ役のジェイソン・プリーストリー『ビバリーヒルズ高校/青春白書』ブランドン・ウォルシュ役のジェイソン・プリーストリー『TRU CALLING トゥルー・コーリング 』ジャック・ハーパー役で出演した、ジェイソン・プリーストリー2011年1月に開催されたイベントに出席した、ジェイソン・プリーストリー2011年1月に開催されたイベントに出席した、ジェイソン・プリーストリーとルーク・ペリージェイソン・プリーストリー、妻&子供たちとイベントに出席(2013年8月)2013年8月開催イベントに出席した、ジェイソン・プリーストリー

 日本でも有名な大人気海外ドラマで活躍し、注目を浴びた俳優たち。惜しまれつつも最終回を迎えた後、彼らはどうしているのだろうか? 様々な作品で活躍し続けている人もいれば、その後鳴かず飛ばずの人も。『ナイトライダー』や『ツイン・ピークス』『ビバリーヒルズ高校/青春白書』など、海外ドラマファンじゃなくても知っているヒット作終了後の主演俳優たちの動向を追ってみよう。

続きを読む »

 80年代のヒット作『ナイトライダー』。昨年11月にコンプリート・ブルーレイBOXが発売され、いまだ根強い人気を誇っている。2008年に『ナイトライダー ネクスト』としてリメイクもされた今作で、“喋る車”と共に悪と戦う主人公マイケル・ナイトを演じたデヴィッド・ハッセルホフは、番組終了後、キャストたちの水着姿ばかりが注目を集めた『ベイウォッチ』に主演したために、何かにつけてパロディのネタに。その後もちょこちょこ映画やドラマに出演していたが、昨年、大ヒット作『テッド』続編に出演することが明るみに。本作の監督であるセス・マクファーレンが自身のツイッターで「デヴィッド・ハッセルホフが#Ted2に出る。今日“ホフ”全開してる」とつぶやき、どのような役で登場するは不明だが、楽しみである。

 『CSI:マイアミ』のホレイショ・ケインという強烈なキャラクターを熱演し、多くのファンを獲得したデヴィッド・カルーソ。デヴィッドは『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』のジョン・ケリー役でも有名だったが、ホレイショ役があまりにも大人気となったため、次の作品選びが難しいのか、キャスティングされにくいのか、『CSI:マイアミ』終了後は何の作品にも出演していない。スーツにサングラスでキメていたホレイショの頃とは打って変わって、髪は伸びて体重もかなり増加した模様。

 前出の2人と違って、代表作終了後も精力的に新作で活躍し続けている俳優も。新シリーズの製作が発表された『ツイン・ピークス』で、再びクーパー捜査官を演じるカイル・マクラクラン。彼は旧シリーズ終了後、『ドアーズ』など数々の映画や、『SEX AND THE CITY』『デスパレートな妻たち』『BELIEVE/ビリーブ』などの人気海外ドラマで活躍。さらに、『エージェント・オブ・シールド』シーズン2、『Portlandia(原題)』にも出演している。

 『ビバリーヒルズ高校/青春白書』でブランドン・ウォルシュ役を好演し、人気者となったジェイソン・プリーストリー。彼も『ビバヒル』卒業後も映画『氷の接吻』や、TVドラマ『TRU CALLING トゥルー・コーリング』に出演したり、『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』『ヘイヴン‐謎の潜む町‐』などへのゲスト出演でも強い印象を残すなど演技活動を続け、監督としても活躍している。公開待機映画も2本控えている。

 『プリズン・ブレイク』のウェントワース・ミラーは、映画『イノセント・ガーデン』などで脚本家として活躍しながら、日本未公開の映画『The loft』やTV『The Flash』などに出演。『The OC』のベン・マッケンジーは、この春に日本上陸する『GOTHAM/ゴッサム』に主演しているので期待したい。(文:清水久美子)

誕生日

もっとみる

PAGE TOP