『スター・トレック』シリーズ、最も興味深い歴代キャラクターは誰? トップ10発表

『スター・トレック』シリーズ、「最も興味深い歴代キャラクター」1位のデータ(『新スター・トレック』場面写真より)

『スター・トレック』シリーズ、「最も興味深い歴代キャラクター」1位のデータ(『新スター・トレック』場面写真より)(C) AFLO

2位:ミスター・スポック/エンタープライズ号副長・科学士官3位:ジャン・リュック・ピカード艦長/USSエンタープライズNCC‐1701‐D艦長4位:ウォーフ/USSエンタープライズNCC‐1701‐D保安主任5位:ジェームズ・T・カーク/エンタープライズ号船長6位:セブン・オブ・ナイン/U.S.S.ヴォイジャー乗組員7位:ドクタ・マッコイ/エンタープライズ号医療主任(写真)、 8位:Q(高次元生命体)9位:ドクター/U.S.S.ヴォイジャー緊急医療ホログラム10位:ジョーディ・ラ=フォージ/USSエンタープライズNCC‐1701‐D主任機関士

 米ランキングサイトranker.comが、熱狂的なファンを抱える海外人気SF作品『スター・トレック』の歴代キャラクターの中で、最も興味深い人物のランキングを発表。『新スター・トレック』に登場するアンドロイドのデータが1位に輝いた。

続きを読む »

 一般によるオンライン投票で決定する同ランキング。対象になっているのはテレビドラマシリーズ、映画、関連メディアに登場する歴代の『スター・トレック』キャラクター。1966年より全米放送された『宇宙大作戦』を筆頭に、『新スター・トレック』、『スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン』、『スタートレック:ヴォイジャー』、『スター・トレック エンタープライズ』の5つのテレビシリーズ、アニメの『まんが宇宙大作戦』、および12本の映画が製作されている。ほか、コンピューター・ゲームや小説・コミックでも『スター・ワールド』の世界が展開。

 今回は「最も興味深いキャラクター」という設定で、従来の人気投票とは若干異なるランキングになっていると言えるかもしれない。

 1位に選出されたデータは天体物理学者のスン博士が開発したアンドロイド。自己学習成長機能があり、高度な人工知能を有する。音楽やダンスなど芸術を嗜む一面もある。

 1位のデータと僅差で2位に選出されたのはシリーズの人気者ミスター・スポック。オリジナル版のキャラクターの一人。バルカン人と地球人の間に生まれ、己のアイデンティティに悩むこともあるミスター・スポックだが、カーク船長の腹心だ。

 トップ10の紅一点は6位にランキングしたセブン・オブ・ナイン。『スタートレック:ヴォイジャー』シリーズに登場するが、ボーグに育てられた過去がある。乗組員のリーダーである宇宙船の船長(艦長)は、2名のみがランキング入りという結果も興味深い。

 トップ10は以下の通り。

1位 データ
2位 ミスター・スポック
3位 ジャン・リュック・ピカード
4位 ウォーフ
5位 ジェームズ・T・カーク
6位 セブン・オブ・ナイン
7位 レナード・マッコイ
8位 Q
9位 ドクター
10位 ジョーディ・ラフォージ





誕生日

もっとみる

PAGE TOP