『スター・トレック』スポック役レナード・ニモイ死去、共演者らが追悼コメント

長寿と繁栄を…。ミスター・スポック役で有名なレナード・ニモイが死去

長寿と繁栄を…。ミスター・スポック役で有名なレナード・ニモイが死去(C)AFLO

長寿と繁栄を…。ミスター・スポック役で有名なレナード・ニモイが死去『スター・トレック』スポック役レナード・ニモイが死去

 SFドラマの金字塔『スター・トレック』。その元祖シリーズとなる『スター・トレック/宇宙大戦争』でバルカン星人ミスター・スポックを演じ、カルト的人気を博した俳優レナード・ニモイが現地時間2月27日、ロサンゼルスの自宅で死去した。享年83歳。

続きを読む »

 TIMEによると、レナードは昨年、慢性閉塞性肺疾患(COPD)を患っていることを自身のツイッターで発表。元喫煙者だったレナードは、禁煙するよう呼びかけていたという。亡くなる2日前には胸の痛みを訴え、ロサンゼルスの病院に搬送されたそうだ。

 レナードは1931年米ボストン生まれ。地元の劇団などで活躍したのち、1951年に映画『Queen for a Day(原題)』の端役で銀幕デビュー。1966年から3シーズン続いたジーン・ロッデンベリー企画・製作『スター・トレック/宇宙大戦争』でハマリ役スポックを演じ、不動の人気を得た。

 レナードは俳優のほか、同シリーズの映画版『スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!』(84)や『故郷(ふるさと)への長い道/スター・トレック4』(87)などで監督を務め、プロデューサーや脚本家としての肩書きもあるなど、マルチに活躍した。

 レナードの訃報はファンばかりか、彼を知るドラマの共演者や製作陣をも悲しみに包んだ。彼と『スター・トレック/宇宙大戦争』で共演したカーク船長役のウィリアム・シャトナーは、レナードの葬儀に参列できなかったため、その翌日に「レナードの人生を祝い彼を偲んで、明日みんなでここで一緒に時間を過ごそう」とツイッターで呼びかけ、彼のファンらと共に当時の思い出話やレナードを追悼するコメントを発信した。

 また、ヒカル・スールー(ミスター・カトー)役のジョージ・タケイは自身のツイッターにレナードの写真を投稿、「スターたちと安らかに眠れ、わが友よ」と、別れの言葉を贈った。『スター・トレック』リブート映画版でレナードからスポック役を受け継いだ俳優ザカリー・クイントは、自身のインスタグラムに「心が張り裂けてしまった。あなたが大好きでたまらない。親愛なる友よ。あなたを恋しく思う日が続くだろう」と、レナードに哀悼の意を表し、監督のJ・J・エイブラムは「親愛なるレナード、あなたはなんとも偉大な人だった。なんと素晴らしい人生を送ったのか。その豊かな才能と同じくらい、愉快で思慮深く、寛大で愛情豊かな人だった」と直筆で綴ったという。




誕生日

もっとみる

PAGE TOP