アメリカTVドラマの俳優好感度ランキングが発表!1番人気は『NCIS』のあの俳優

好感度1位に輝いた『NCIS』のマイケル・ウェザリー

好感度1位に輝いた『NCIS』のマイケル・ウェザリー(C) AFLO

「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」2位:ジム・パーソンズ「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」3位:マッツ・ミケルセン「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」4位:クナル・ネイヤー「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」4位:ジョン・セダ「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」6位:シェマー・ムーア「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」6位:エリック・ストーンストリート「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」6位:ポール・ウェズレイ「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」6位:ジェイソン・ベギー「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」10位:ショーン・マーレイ「アメリカTVドラマの俳優好感度ランキング」10位:マシュー・グレイ・ギュブラー

 米エンターテインメント情報サイトThe Wrapが、アメリカのテレビドラマ俳優の好感度ランキングを発表。人気海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のトニー・ディノッゾ役マイケル・ウェザリーが、1位に輝いた。

続きを読む »

 使われている数値はQスコア。Q Score Companyという会社が算出する数値で、1800人以上の参加者に俳優たちの名前と簡単なバックグラウンドを説明し、そのスターを認識しているか、またどう思っているかなどを訊ね数値にまとめているという。

 今回はこの秋に放送される、または既に始まったドラマに出演する俳優が対象。ケーブルテレビで放送されるドラマは対象外となっており、米5大ネットワーク局のABC、CBS、NBC、CW、そしてFOXのドラマとなっているようだ。

 34のQスコアを獲得して1位に輝いたマイケル。認知度のスコアについては彼より高い俳優が他に大勢いるものの、『NCIS』の中で一番愛嬌のあるキャラ=トニーを演じていることが、Qスコア、すなわち好感度の高さに繋がったようだ。

 2位は、8月に開催された第66回エミー賞のコメディ・シリーズ部門で主演男優賞に輝いた『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』のシェルドン役ジム・パーソンズ。大人気コメディドラマの一番美味しい役どころとあり、認知度のスコアは44、Qスコアは33という結果に。

 3位は映画『羊たちの沈黙』(91)や『レッド・ドラゴン』(03)のハンニバル・レクター博士の原点を描いたドラマ『ハンニバル』のハンニバル・レクター役=デンマーク俳優のマッツ・ミケルセン。ハリウッド映画にも出演しているが、アメリカ人には馴染みが薄いようで認知度スコアは9。本リストに名前が挙がっている62名の俳優の中では最低値だが、それでもQスコア31で3位にランク入りしたのは、ミッツの俳優としての力量が認められているからだろう。

 秋に始まるテレビドラマに出演する俳優の好感度ランキング・トップ10は以下の通り。(名前/作品名/Qスコア)

1位 マイケル・ウェザリー/『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』/34
2位 ジム・パーソンズ/『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』/33
3位 マッツ・ミケルセン/『ハンニバル』/31
4位 クナル・ネイヤー/『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』/29
4位 ジョン・セダ/『Chicago PD(原題)』/29
6位 シェマー・ムーア/『クリミナル・マインド』/28
6位 エリック・ストーンストリート/『モダン・ファミリー』/28
6位 ポール・ウェズレイ/『ヴァンパイア・ダイアリーズ』/28
6位 ジェイソン・ベギー/『Chicago PD(原題)』/28
10位 ショーン・マーレイ/『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』/27
10位 マシュー・グレイ・ガブラー/『クリミナル・マインド』/27

誕生日

もっとみる

PAGE TOP