『ツイン・ピークス』キャスト、降板したリンチ監督の呼び戻しキャンペーンを開始

『ツイン・ピークス』オリジナルキャストは、新シリーズを救えるか(ドラマ『ツイン・ピークス』場面写真)

『ツイン・ピークス』オリジナルキャストは、新シリーズを救えるか(ドラマ『ツイン・ピークス』場面写真)(C)AFLO

 米ケーブルテレビ局のShowtimeが進める『ツイン・ピークス』新シリーズから、オリジナルシリーズのクリエイター=デヴィッド・リンチ監督が降板したことを受け、オリジナルシリーズのキャストが監督を呼び戻し『ツイン・ピークス』を救うべくキャンペーンを始めた。

続きを読む »

 Showtime側から提示された製作費では思い描く通りの作品が作れないという理由で、新シリーズへの参加を止めたというリンチ監督に対し、Showtime側は監督と交渉を続け、歩み寄りたい意向を示していたが、現在、両者の間で協議が再開したかは不明。Varietyは、Showtimeの代表デヴィッド・ネヴィンズが直接リンチ監督に接触したと伝えている。

 その間、今回の騒動を受け、オリジナルシリーズに出演したキャストが、「デヴィッド・リンチがいない『ツイン・ピークス』は、まるで…」というフレーズで、いかに監督の存在がシリーズに必要かを訴えるビデオを作成し、Showtimeに圧力をかける形でリンチ監督をサポートしている。

 ウェイトレス=シェリーを演じたメッチェン・エイミックのフェイスブックに投稿された映像にはまず、ローラ・パーマー役のシェリル・リーが登場し、「デヴィッド・リンチがいない『ツイン・ピークス』は、まるで“秘密のない少女”」とコメント。「デヴィッド・リンチがいない『ツイン・ピークス』は、まるで“吠えない犬”」とボビー役のダナ・アッシュブルックが続いた。

 ●「デヴィッド・リンチがいない『ツイン・ピークス』は、まるで“眉毛のない目”」オードリー役シェリリン・フェン

 ●「デヴィッド・リンチがいない『ツイン・ピークス』は、まるで“制服のないウェイトレス”」シェリー役メッチェン・エイミック

 ●「デヴィッド・リンチがいない『ツイン・ピークス』は、まるで“ドーナッツのない保安官事務所”」保安官事務所の事務員ルーシー役キミー・ロバートソン

 ●「デヴィッド・リンチがいない『ツイン・ピークス』は、まるで“樹皮のない丸太”」丸太おばさんことマーガレット役キャサリン・E・コールソン

 ほか、ジェームズ役のジェームズ・マーシャルや片腕の男役のアル・ストロベルなどが、ドラマや自身の役にかけてリンチ監督のいない『ツイン・ピークス』がどんなに不自然であるかを語っている。しかし、この映像には、ダナ、シェリルと共に新シリーズへの出演が決まっているデイル・クーパー捜査官役のカイル・マクラクランの姿はなかった。果たして新シリーズはどうなるのか。朗報が届くことに期待したい。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP