ジェイソン・ステイサム、『レイヤー・ケーキ』続編ドラマを製作&主演

ジェイソン・ステイサムが『レイヤー・ケーキ』続編小説をドラマ化

ジェイソン・ステイサムが『レイヤー・ケーキ』続編小説をドラマ化(C)AFLO

 映画中心で活躍していたスターたちがテレビドラマにも出演するケースが相次いでいるが、ジェイソン・ステイサムもその流れに乗るようだ。2004年にダニエル・クレイグ主演で映画化されたJ・J・コノリー原作『レイヤー・ケーキ』の続編となるテレビドラマを製作し、主演も務めるという。

続きを読む »

 Varietyによると、ゴーモン・インターナショナル・テレビジョンが手がけ、タイトルは『Viva La Madness(原題)』。簡単な仕事を引き受けたつもりが窮地に追い込まれていく麻薬ディーラーXXXXを中心に、裏社会を描くクライムサスペンス『レイヤー・ケーキ』の続編として、コナリーが2011年に発表した小説がベースになるという。放送局は未定だそうだ。

 同作は去る6月、映画化が予定されていると伝えられていたが、「原作のどの部分もカットしたくない」と思ったジェイソンが、映画化では作品の世界観を完全に伝えられないと判断したようだ。ジェイソンはストーリーを紐解くのに「最善の場所は10時間強のドラマだ。それでこそ、コナリーの世界へどっぷり浸かることができる」とコメント。「『Viva La Madness』はJ・J・コナリーのトレードマークであるブラックユーモア、エッジの利いた会話、歯切れのいいバイオレンスに満ちている」と、作品に惚れ込んでいる。

 続編ドラマは、カリブ海の島で犯罪に携われず悶々とした日々を送っていた名無しの主人公のもとへロンドンから来訪者があり、そこから新しい犯罪が展開する模様。続編にはソニー・キング、ロイ・“トゥイッチー”・バーンズといった新しいキャラクターの名前も出てくるが、ジェイソンが主演という以外、ほかのキャストや監督などは不明。

 映画版『レイヤー・ケーキ』同様に、コナリーが今回も脚本を執筆し、ジェイソン、『トランスポーター』シリーズのスティーヴ・チャスマンと共に製作総指揮に名を連ねるそうだ。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP