Googleで最も検索されたTV番組2017、『ストレンジャー・シングス』が1位

「Googleで最も検索されたテレビ番組2017」1位:『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

「Googleで最も検索されたテレビ番組2017」1位:『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(C)AFLO

「Googleで最も検索されたテレビ番組2017」2位:『13の理由』「Googleで最も検索されたテレビ番組2017」4位:『ゲーム・オブ・スローンズ』「Googleで最も検索されたテレビ番組2017」7位:『リバーデイル』「Googleで最も検索されたテレビ番組2017」8位:『アメリカン・ゴッズ』「Googleで最も検索されたテレビ番組2017」10位:『マインドハンター』

 米Googleが「検索で振り返る2017年」と称して、2017年に最も検索された言葉のランキングを発表。テレビ番組のカテゴリーでは、米NetflixのSFホラードラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が人気の衰えを知らず、2016年に引き続き1位に輝いた。

続きを読む »

 2017年10月に9話構成のシーズン2が配信された『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。1980年代の米インディアナ州の田舎町を舞台に、少年ウィルが失踪したのをきっかけに巻き起こる一連の謎に迫る。同作がきっかけで、ウィルの失踪と引き換えに発見された不可思議な少女、イレブンを演じる若手女優のミリー・ボビー・ブラウンがブレイクした。

 従来のネットワーク局だけでなく、ケーブルテレビ局やオンライン配信など、番組を視聴できる形態が多様化しているが、中でも注目度の高い番組を送り出し続けているのがNetflixのようだ。トップ10入りした番組のうち、1位の『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や2位の『13の理由』などを含む4作品が、Netflixのオリジナル配信という結果になっている。

 2016年に引き続き、2017年もランクインしている番組はもう1作。4位の『ゲーム・オブ・スローンズ』だ。HBO局の同ドラマはシーズン7までの放送が終わっており、ファイナルシーズンと言われているシーズン8が2018年に放送されない可能性があるとのことで、2018年のランキングにどう影響するのか、興味深いところだ。

 米Googleで2017年に最も検索されたテレビ番組トップ10は以下の通り。
1位 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
2位 『13の理由』
3位 『Big Brother Brazil(原題)』
4位 『ゲーム・オブ・スローンズ』
5位 『Marvel アイアン・フィスト』
6位 『Bigg Boss(原題)』
7位 『リバーデイル』
8位 『アメリカン・ゴッズ』
9位 『The Kapil Sharma Show(原題)』
10位 『マインドハンター』

誕生日

もっとみる

PAGE TOP