長澤まさみ、キスは「気持ちを表す大きな役割」 初の海外進出での撮影秘話を語る

台湾ドラマ『ショコラ』長澤まさみ、ラン・ジェンロン

台湾ドラマ『ショコラ』長澤まさみ、ラン・ジェンロン クランクイン!

長澤まさみ主演ドラマ『ショコラ』好評レンタル中!

長澤まさみ主演ドラマ『ショコラ』好評レンタル中!発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ/セル販売元:エスピーオー (C)Comic International Productions Co.,Ltd. (C)Eisaku Kubonouchi/Shogakukan Inc.

台湾ドラマ『ショコラ』で主演を務めた、長澤まさみ台湾ドラマ『ショコラ』で長澤まさみと共演した、ラン・ジェンロン台湾ドラマ『ショコラ』長澤まさみ台湾ドラマ『ショコラ』で長澤まさみと共演した、ラン・ジェンロン『ショコラ』長澤まさみのキスシーン長澤まさみ、海外ドラマ初主演作『ショコラ』場面写真長澤まさみ、海外ドラマ初主演作『ショコラ』場面写真

 「台湾ドラマにはキスシーンが多いと聞いていたけれど、本当に多かった」と笑う長澤まさみ。海外ドラマに初進出で主演を務め、流暢な北京語まで披露する台湾ドラマ『ショコラ』で、相手役を務めた台湾の人気俳優ラン・ジェンロンと共にインタビューに応じた長澤が、撮影現場のエピソードから海外進出への思いなどを語った。

続きを読む »

 『ショコラ』は窪之内英策による人気コミックが原作。刑期を終え仮出所したシーウー(ラン)は、組が解散し、元組長がケーキ店をやっていると知ってビックリ! そこに亡き姐さん・マヤの娘だという千恵(長澤)が現れる。ふたりは反目しながら徐々に惹かれていき……。日本のコミックを基に、台湾ドラマの魅力をギュッと凝縮したラブコメエンターテインメントだ。

 「こういうドラマのこういう役があるんだけど、どう?と日本のドラマの出演依頼と同じ感覚でオファーをいただいたので、海外進出だ!とか気負った感じはありませんでした」と長澤。だが同時に「中国映画に出ることが夢だったので、北京語を話すというのはいい挑戦になると思った」と語り、「外国で仕事をしてみたいという気持ちは強いほう」と断言。

 長澤と撮影を共にしたランは「長澤さんと共演できたということが、本作での僕のもっとも印象的なエピソード」と告白。実は本国では、歯に衣着せぬ物言いで厳しいイメージももたれているというランだが、「俳優というのは自分の心に正直でないといけない。だからいつも誠実でありたいと思うんですけど、それゆえに誤解を招いてしまうこともあるんです。でも僕のそうした性格について、台湾のマスコミの人たちはもう慣れていますから」と笑いを誘う。

 そんなランに対し、長澤は「私にはとにかく優しかった」と話し、慣れない土地での緊張の連続を和らげるように、随分助けてもらったと改めて感謝を言葉を口にする。また、「ランさんは日本のドラマが好きで、木村拓哉さん(SMAP)が大好きなんです。『ラブジェネレーション』の主題歌『幸せな結末』を歌ってくれたりもしました」と裏話を明かした。

誕生日

  • 哀川翔

    哀川翔

    1961年5月24日生まれ
    鹿児島県

もっとみる

PAGE TOP