壇蜜、ブレイクの原動力となったグラビア苦渋体験や「コートに足跡」の悲しい幼少期語る

グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜

グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜 

グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜グラビア苦渋体験等も語ってくれた、壇蜜

 今年ブレイクした芸能人は誰だろうか。そう考えたときに思い浮かぶ人物が2人いる。「ワイルドだろぉ」が今年の流行語大賞に選ばれたピン芸人のスギちゃんと「美しすぎる31歳」としてテレビ、イベントに引っ張りだこのグラビアアイドル・壇蜜だ。

続きを読む »

 注目されたのはその美しさだけではなく、今年の11月に公開された初主演映画「私の奴隷になりなさい」の舞台挨拶では客席に脱ぎたてパンティを投げたり、赤フン姿で神輿に乗ったり、放送禁止ギリギリのシモネタ発言を涼しい顔で言い放ったり、エロを通り越して笑いに転化させるその妙技にある。12月3日に誕生日を向かえ、「美しすぎる32歳」として新たな出発への舵を切った壇に話を聞くことができた。この単独インタビューの中で、ブレイクにたどりつくまでの知られざる苦労と、幼少期の悲しい体験を明かしてくれた。

 今年の女性ブレイク第1位といっても過言でない壇だが、自身はどれほどそのブレイクを実感しているのだろうか?開口一番「3Pほど忙しくはないですよ。聞こえました?3Pほど、フフフ」とエロスジャブを繰り出すが「テレビや雑誌で取り上げられるようになって次の仕事にも順調に繋がっているという意味では、採算の取れるサイクルの仕組みがわかってきたといえますね」と今年1年を振り返る。だが「自分の素のパーソナリティでそれがまかなえているのは、タイミングと運でしかないと思っています。本当にラッキーなことだし、ちょっとでも時代との波長がずれていたら、メディアに取り上げられてはいないはず」とブレイクに浮かれる様子は露ほどもない。それは冬の時代といわれるグラビアアイドル界の危機を肌で感じているからだ。

 「AV女優の方や若年アイドルの方々がどんどん美しくなり、世間に羽ばたいていく昨今。グラビアアイドルの居場所は本当になくなりつつあります。切羽詰っているグラドルも多いし、脱いだ先にあるものが見えないのが現状なんです」と思いを代弁する。壇自身「女性はリスキー、というのを体現しているつもりです。女性は裸や水着になればお金はもらえますが、それは一瞬のこと。女性は花だけれど、散ったら終わり。だから私も先のことを見据えてやらなければ見失うという思いで日々過ごしています」と心境を吐露する。このネガティブな発言と、メディアで見せる挑発的な壇の姿は結びつかない。それではなぜ、常日頃全力で勝負するのだろうか?ベースには「皆さんに損をさせたくない」という旺盛なサービス精神と、苦渋を飲まされた売れない時代に対して「証明したい」という強いハングリー精神があった。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP