指原莉乃「野心ありまくり」発言に林真理子が大絶賛

林真理子との対談で「野心ありまくり」と語った指原莉乃

林真理子との対談で「野心ありまくり」と語った指原莉乃 

 HKT48の指原莉乃が、作家・林真理子と雑誌「週刊現代」の企画で対談した様子が、5日、NHK朝の情報番組『あさイチ』で放送された。対談では、林の著書「野心のすすめ」にちなみ「野心」をテーマに展開、指原のポジティブ発言に林は「強くてかわいい」と絶賛した。

続きを読む »

 対談では、林が「野心ってあまりいいイメージないんじゃないですか?」と尋ねると、指原は「私、野心ありまくりです」と発言。これに対し、林は「本当? そういってくれるとうれしい」と指原の予想外な返答に喜ぶ。

 また、指原は「私、性格が本当にねじ曲がっているので、ぐねぐねに…」と自身の性格を明かし「今まで私のことを言ってきた人を見返してやろうっていう気持ちがすごい強いんです。それが野心かどうか分からないけど強く生きようと思っています」とコメントする。

 さらに、AKBの熱烈なファンとして知られる漫画家・小林よしのり氏に嫌われているという例を挙げ、「(小林氏が)いろいろなところで名前を言ってくださっているんですけど、でも、20歳そこらの女が、50代の男性をここまで熱心に楽しませているんだと思えば、なんてパフォーマーなんだろうって。好きなメンバー言動をチェックするより指原のあら探しをすることに必死なような…」と語ると、林も、「そりゃ、すごいよ。気にかけて気にかけて一挙手一投足気にかけてるんだから。愛の反対は嫌いじゃなくて無関心だって言うから、それは愛情の裏返しですよ」と指原のポジティブ精神を賞賛。

 司会を務める有働由美子アナウンサーから、「野心を持っているとバッシングを受けることもあるのでは?」と質問された林は、「叩かれたから、なにくそ!って思って、私は必死に執筆活動をしましたね」と返し、指原がHKTへ移籍してから今年AKB選抜総選挙で1位を獲得したことにシンパシーを感じて応援したくなると話した。





誕生日

もっとみる

PAGE TOP