『一週間フレンズ。』初主演で当たり役! 声優・山谷祥生&雨宮天の素顔に迫る

『一週間フレンズ。』山谷祥生&雨宮天にインタビュー!

『一週間フレンズ。』山谷祥生&雨宮天にインタビュー! クランクイン!

『一週間フレンズ。』山谷祥生&雨宮天にインタビュー!『一週間フレンズ。』山谷祥生&雨宮天にインタビュー!『一週間フレンズ。』山谷祥生&雨宮天にインタビュー!『一週間フレンズ。』山谷祥生&雨宮天にインタビュー!『一週間フレンズ。』山谷祥生&雨宮天にインタビュー!『一週間フレンズ。』山谷祥生インタビュー『一週間フレンズ。』山谷祥生インタビュー『一週間フレンズ。』山谷祥生インタビュー『一週間フレンズ。』山谷祥生インタビュー『一週間フレンズ。』山谷祥生インタビュー『一週間フレンズ。』山谷祥生インタビュー『一週間フレンズ。』雨宮天にインタビュー『一週間フレンズ。』雨宮天にインタビュー『一週間フレンズ。』雨宮天にインタビュー『一週間フレンズ。』雨宮天にインタビュー『一週間フレンズ。』雨宮天にインタビュー『一週間フレンズ。』雨宮天にインタビュー

 今期の“泣ける”アニメとして話題となっているのが、『一週間フレンズ。』だ。切なくも優しい本作で、初主演・初ヒロインを果たしたのが、声優の山谷祥生と雨宮天。2人にインタビューを敢行すると、瑞々しく青春を切り取った本作同様に、まぶしいほどのひたむきな表情を見せてくれた。

続きを読む »

 よく笑い、真っ直ぐとした瞳を見せる。向き合えば向き合うほど、山谷祥生と雨宮天のコンビは本作にぴったりのキャスティングだと実感する。オーディションで役を得た時のことを聞いてみると、山谷は「めちゃくちゃ嬉しかったですね。合格の話をもらった時は収録中だったので、あまり大きな声を出せなくて。家に帰ってから、『本当なのかな!?』と思って、部屋をゴロゴロとしました」。

 何とも不思議な感情表現だが、「部屋を端から端までゴロゴロして、壁に頭をぶつけてみて、現実かどうか確認した」のだとか。山谷の話を爆笑しながら聞いていた雨宮は、「私は、『ええ!?』って大きな声を出してしまいました」と振り返る。

 「『まさか、私が!?』と思って。やっぱり、何度もオーディションを受けてきて、落ちてきた経験があっての、ヒロインだったので。信じられなかったですね」。すると山谷が「その気持ち、わかります! オーディションに受かるという現実を知らなかったものですから。本当に受かるんだ!って」と大きくうなずく。努力を重ねてきた2人にとって、役を得た喜びは格別だった。

 本作は、「一週間で友達との記憶が消えてしまう」という藤宮香織(雨宮)と、それでも香織と友達になろうとする長谷祐樹(山谷)が織りなす物語。切ないストーリーながら、お互いを思いやる気持ちに胸がキュンとするような作品だ。「こんなにピュアで優しい作品が、自分の初主演作品になって本当に嬉しい」、と2人ともが穏やかな笑顔を見せた。

 演じる役柄について聞いてみると、山谷は「長谷くんとして、ナチュラルにセリフを読んでみた時に、自分の中にあった長谷くんビジョンと、そんなにブレがなかったんです。長谷くんは自分に似ているところがあって、そういった意味ではハマり役になったのかなと思います」と、等身大で演じられるキャラクターだった様子。

 どんなところが似ているのだろうか? 山谷は「頭が良くないところとか」と笑うが、「真っ直ぐでひたむきで一生懸命なところは、長谷くんとまったく一緒です!」と雨宮。山谷は「うわあ!ありがとうございます!」と机に頭をぶつける勢いで、頭を下げた。雨宮によると、「山谷さんは朝、すっごい早起きして、カラオケで声を出してから現場に来るらしいんです」とのこと。山谷は「不安なんです。周りは先輩ばかりですし、発声練習を重ねた上で現場にいかないと、失礼かなと思って」と照れ笑い。確かに、長谷くんにそっくりだ。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP