プロデューサーが明かす何でも“アリ”な『クレヨンしんちゃん』ジブリ鈴木Pが標的に!?

『クレヨンしんちゃん』に10年以上携わる吉田有希プロデューサーにインタビュー

『クレヨンしんちゃん』に10年以上携わる吉田有希プロデューサーにインタビュー クランクイン!

 ゴールデンウィークの風物詩として1993年以来、年齢問わず多くの人に愛されてきた映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ。23作目となる『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』では、なんと野原家がホームタウン春日部からメキシコに引っ越してしまうという驚愕の展開!? が待っている。常に観る人々に笑いと感動を与えてくれる『クレヨンしんちゃん』の人気の秘密に迫る。

続きを読む »

 インタビューに登場していただいたのは、2005年の『映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃』で制作デスクとして参加以来、10年以上作品に携わっている吉田有希プロデューサー。「しんちゃん言葉」の監修ができるほどのツワモノだ。本作では、野原家が長年住んでいた春日部市からお引越しするというサプライズを仕掛けてきた。

 「今回は、大きく設定を揺るがすようなことをやりたいという気持ちがありました。それが野原家の引っ越しというアイデアでした」と吉田氏。このニュースは、朝日新聞など全国紙で取り上げれらるほど話題になった。一方で「ただ、引っ越しといっても、どこで何をやるかが重要。そういえばパニックものはやってないなぁ…ということでメキシコに引っ越してサボテンに襲われるという話になりました」と笑いながら語る。

 毎作、奇想天外なストーリーが魅力の『クレヨンしんちゃん』シリーズ。企画は「各社のプロデューサーや監督、ライターなどみんなが、大まかなものを出し合って、だんだんと絞っていく」という形式をとっており、原作者の臼井儀人さんが存命の時は、企画の前段階で、アイデアを出してもらったり、アドバイスをしてくれていたという。そんな臼井さんも今はいない。吉田氏は「臼井さんに感想をいただいたりするのが、作る側の人間にとっては励みになっていました」と寂しそうな表情を見せる。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP