佐倉綾音、大好きな花澤香菜のピンチを救う能力とは?『ヒロアカ』お茶子かそれとも…

『僕のヒーローアカデミア』佐倉綾音インタビュー

『僕のヒーローアカデミア』佐倉綾音インタビュー クランクイン!

『僕のヒーローアカデミア』佐倉綾音インタビュー 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真 『僕のヒーローアカデミア』第4話場面写真『僕のヒーローアカデミア』

 現在放送中のアニメ『僕のヒーローアカデミア』。本作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の同名漫画を原作とし、超常能力“個性”を持つのが当たり前の世界で、“無個性”の少年・緑谷出久(デク)が憧れのヒーロー・オールマイトに出会い、“最高のヒーロー”として成長する様子を描く。そんな本作で麗日お茶子役を演じる佐倉綾音が、お茶子のキャラクター像や、キャストとのやり取りなどについて語ってくれた。

続きを読む »

 佐倉は「タイトルどおり王道のヒーロー作品。王道路線をなぞりながら、改めて王道として感動させてくれる、堀越耕平先生の熱量を感じます」と話す。「原作ファンの皆さんに受け入れてもらえるかどうか不安も多いですが、アニメのスタッフ陣・キャスト陣が提示する新しい『ヒロアカ』の可能性をお届けしたいです。そして最後に“いい作品だね”と感じて頂けるよう日々頑張っています」。

 作中で佐倉演じる麗日お茶子は、指先の肉球で触れたものを無重力(ゼログラビティ)にする個性をもつ少女。ただし、“個性”の許容量を超えると“リバース”してしまうのが弱点で…。

 佐倉はお茶子について「思ったより口が悪くて行動もガサツ。可愛らしくはあるんですけど男女を意識させない存在」と解説。「デクはお茶子のことを“可愛くていい人だ”と思って見ていますが、そこから恋愛に発展しそうな気配はまだないですね。作中の皆は、見据えているのが自分の幸せではなくて他人の幸せだという点がすごく『ヒロアカ』らしい。お茶子もその点、“女性ヒロイン”ではなく“女性ヒーロー”」だと話す。

 3月に開催された「Anime Japan2016」のステージイベントに登壇した佐倉。そのトークの中で、お茶子が“リバース”するシーンは「かわいく」と指導されたというが…。「私のなかでお茶子のイメージは男の子っぽいイメージでした。だから“男っぽい彼女だったら着飾らないはず。リアルにやっちゃえ!”と思って、リアルな方向の汚い音で演じたんです(笑)。そうしたら監督から“もっとかわいく”と指示されて、“かわいい”のラインを探りながら再収録しましたね」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP