高畑充希「岡山の人にも納得してもらえるように」 一言一句を確認した“岡山弁”

高畑充希『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』インタビュー

高畑充希『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』インタビュー クランクイン!

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』ポスタービジュアル

 昨年放送のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』など、話題作への出演が続く女優の高畑充希が、劇場アニメで初主演にして主題歌も担当した長編アニメ映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が公開を迎えた。現実と夢を行き来する不思議な世界観の物語では、平凡な女子高生と夢の世界のお姫様という一人二役にも挑戦。意欲作でのアフレコ当時の感想や自身の役どころ、みずからが経験した“夢”の思い出を語った。

続きを読む »

 同作は、『攻殻機動隊S.A.C』などを手がけた神山健治監督初の劇場オリジナル作品。東京オリンピックを迎えた2020年。岡山県倉敷市に住む平凡な女子高生のココネ(高畑)は、自動車修理工場を営む父・モモタロー(江口洋介)と共に暮らしていた。しかしある日、父親の逮捕をきっかけに、幼なじみの大学生・モリオ(満島真之介)と共に一念発起で東京へ向かう決意をする。

 アフレコ当時は「何もかも手探りで、監督に身を委ねていました」と振り返る高畑。「抑揚を抑える部分と大げさに表現する部分の違いを出すのが難しかった」と話すが、試写会での観賞時には「劇場で自分の声が流れているのは最後まで不思議でした」と語る。

 本作では、主題歌となる忌野清志郎によく似た“ZERRY”率いるタイマーズの名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」も担当した高畑だが、「一人二役で出演して、さらに主題歌を担当するのは不安もありました」と告白。しかし、神山監督が製作中からずっと聴いていたというエピソードから承諾し、「エンドロールの映像もあいまってこの作品にピッタリだと思えたし、すべて合わせて一つの作品」と完成した作品の実感を伝える。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP