西川俊介&鈴木身来、「2.5次元の概念が変わる」ミュージカル『夢色キャスト』に注目

ミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介&鈴木身来インタビュー

ミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介&鈴木身来インタビュー クランクイン!

ミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介&鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介&鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介&鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介&鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』西川俊介インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』鈴木身来インタビューミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』鈴木身来インタビュー

 また、本作にはゲーム原作ならではの難しさも。鈴木は「2.5次元舞台の場合、キャラクターができあがっているので、このキャラだったらこう動くだろうと外側からはめていき、その後で自分の内面を掘り下げていくことが多いと思います。でも、今回は、キャラありきではなく、自分の中から湧き上がってきた感情を大切にしています」と語る。そして、「2.5次元の概念が変わる作品になると思います。一つの作品として、“舞台化”ではなくオリジナルのミュージカルとして見にてきていただけたら」と自信ものぞかせた。

 まずは「姿勢や歩き方から」を意識して役作りをしているという西川は、「僕が演じる響也という役はカリスマ性がある役。でも、カリスマ性ってなんだろうと思って、俺、辞書で調べたんです。そうしたら、うなずかないとか、説得力がある話し方とか書いてあって…」とチャーミングな一面も。そして、「今回は、歌やダンスなどの苦手なことにも挑戦しています。役者として、絶対にスキルアップできる作品になると思いますね」と本作への思いを語る。

 さらに西川からは「俺は、“王子様”というタイプではないので、俺の王子様が見られるのはこの作品が最初で最後だと思います(笑)。人前で歌を歌うのも初めてですし、今後は絶対に歌わないと決めているので、そういうところも本作の見どころかもしれません(笑)」と驚きの宣言も聞かれた。貴重な生歌をお聞き逃しなく。(取材・文・写真:嶋田真己)

 ミュージカル・リズムステージ『夢色キャスト』は、2月7日から11日にAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP