同じ砂漠はひとつもない 「死ぬまでに行きたい世界の砂漠」15選

ナミビア「ナミブ砂漠」

ナミビア「ナミブ砂漠」 

モロッコ「サハラ砂漠」モンゴル「ゴビ砂漠」アメリカ「モニュメントバレー」オーストラリア「ピナクルズ」チリ「アタカマ砂漠」

 世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が、「死ぬまでに行きたい世界の砂漠15」を発表。時として白や赤、黒、虹色など色鮮やかな顔を見せ、非現実的で幻想的な世界が広がる砂漠。そんな不思議な世界の砂漠をトリップアドバイザーが厳選した。

続きを読む »

 世界最古、約8,000万歳と言われるナミビアのナミブ砂漠は、大西洋岸に約2,000キロに渡って延びる細長い砂漠。世界最古かつ世界一美しい砂漠といわれ、アプリコットのような赤い色が魅力的だ。

 世界一有名で、世界最大の砂漠と言えばモロッコのサハラ砂漠だが、実は「サハラ」とはアラビア語で「砂漠」の意味。直訳すると「砂漠砂漠」になるのだとか。

 奇岩が連なり幻想的な風景を魅せるアメリカのモニュメントバレーは、ナハボ族の居住地として知られ多くの映画作品にも登場する。砂漠と言っても砂ばかりではないようだ。

 そのほかにも、“動く石”があることで有名なアメリカのその名もデスバレーや、砂漠とは思えない色彩豊かなアメリカのペインテッド・デザートなど、まだまだ知らない砂漠が、世界には多く存在している。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP