ベテラン声優に有名芸能人…夏休み映画の吹き替え事情を探る

「ダークナイト ライジング」(写真上)/「おおかみこどもの雨と雪」(写真下)

「ダークナイト ライジング」(写真上)/「おおかみこどもの雨と雪」(写真下)

アニメ、ハリウッド大作が数多く公開される夏休みシーズン、今年も様々な作品で芸能人がハリウッド映画の吹き替えやアニメの“声”を担当している。

続きを読む »

例えば、実写では8月14日公開の「アベンジャーズ」に米倉涼子、竹中直人、宮迫博之、アニメでは7月21日公開「メリダとおそろしの森」の主人公メリダにAKB48の大島優子、同日公開の「おおかみこどもの雨と雪」には宮崎あおい、大沢たかお、菅原文太、染谷将太、谷村美月、麻生久美子、8月1日公開の「マダガスカル3」では玉木宏、柳沢慎吾、高島礼子、岡田義徳といった具合に、芸能人がズラリと揃う。

そうやって芸能人が活躍するかたわら、ハリウッド大作でありながら、7月28日公開の「ダークナイト ライジング」は、様々な作品でクリスチャン・ベイルの声を担当する檀臣幸を筆頭に、小川真司、納谷六朗、池田勝など、ベテラン声優陣で固めている。

この違いは何なのだろうか。関係者が話してくれた。

「芸能人がアニメの声や吹き替えをするのは、キャラクターのイメージとピッタリだったからと、プロデューサーや監督は言いますが、正直、客寄せですよね。芸能人がやることで、その作品のイベントをしたときにマスコミが集まって露出が自然と増え、その芸能人のファンが劇場に足を運んでくれる。また、アニメの場合は、アニメファンが映画に行くかというとそうでもなく、やはり一般層が需要。だったら、プロの声優よりも、分かりやすい芸能人のほうがいい。今、宣伝費はとても厳しい状況なので、なかなか思うように広告が打てません。結果、芸能人起用が、費用対効果が高くてベストなんですよ」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP