世界を席巻する『パイレーツ』旋風、日本上陸!これぞ最強エンタテインメントだ!

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は7月1日(土)より全国公開!

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は7月1日(土)より全国公開!(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 世界中で大ヒットを記録している『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が7月1日(土)よりいよいよ日本で公開される。今月20日に行なわれたジャパンプレミアには、ジョニー・デップをはじめ主要キャストが来日を果たし、熱烈ファン約2000人が集結。各メディアで本作のニュースやCM、特集などを目にしない日がないくらい大盛り上がりを見せている。内容も期待にたがわず、『パイレーツ・オブ・カリビアン』を愛する人も、初めて『パイレーツ』を観る人も、老若男女誰もが楽しめる超ハイブリッドな仕上がり。“これぞエンタテインメント”という最強アドベンチャーが、熱い夏を吹き飛ばしてくれる。

続きを読む »

 全世界総興行収入43億ドルを超える大ヒット映画、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作となる本作は、孤高の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)VS.“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)の壮絶な戦いを描くアクション・アドベンチャー。かつてジャックと冒険を共にしたウィルの息子ヘンリー、女性天文学者カリーナ、そしてジャックの好敵手バルボッサらの運命が交差し、全ての鍵を握る伝説の秘宝“ポセンドンの槍”を巡る戦いの幕が開く。全米では初登場No.1、中国では公開3日間の興行収入国内歴代3位、ロシアでは週末興行成績歴代1位を記録し、世界中で<パイレーツ>旋風を巻き起こしている(BOX OFFICE MOJO/DEADLINE調べ)。

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』のあのお馴染みのテーマ曲が流れると、ゾクゾクする人も多いと思うが、個人的には、ジョニー演じるジャック・スパロウに“また会える!”という、再会の喜びで胸がいっぱいになる。

 特に、最初の登場シーンは必見!その息をもつかせぬ迫力とアイデアには脱帽だ。本予告にも少しだけ映っている、ギロチンがジャックの首めがけて振り降りてくるシーンは特に“ジャック・スパロウらしさ”を感じることができるシーンなので、是非注目して観てほしい。ジャパンプレミアでジョニーは「例えば、頭に岩が落ちてきても、次のシーンでは絆創膏を貼っているだけ。そういうキャラクターを皆さんが楽しんでくれた」と語っていたが、観客が見たい“愛されキャラ”ジャックが今回も炸裂している。

 また、本作の大きな見どころとして、孤高の海賊ジャック、海の死神サラザール、そしてジャックの好敵手バルボッサら3大海賊が大激突するスペクタクルシーンが展開するが、“伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れるのは誰か?”ということだけ念頭に置いても楽しめる。『パイレーツ・オブ・カリビアン』を初めて観る方も、1本のアドベンチャー作品として十分に堪能できるので、“パイレーツの夏”を楽しんで欲しい。

 さらに、ウィル役のオーランド・ブルーム、エリザベス役のキーラ・ナイトレイなど、いわゆるオリジナルメンバーが登場することもさることながら、ジャパンプレミアにも来場した新メンバーのヘンリー(ブレントン・スウェイツ)、カリーナ(カヤ・スコデラーリオ)の登場は、若き日のオーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイが躍動した姿が重なり、胸を熱くする人も多いだろう。(文:坂田正樹)

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は7月1日(土)より全国公開。『パイレーツ・オブ・カリビアン』初の4Dでの上映も決定しており、ジャック・スパロウたちと海賊になったような気分で海に出る“夏にぴったり”のイベントになりそうだ。

 クランクイン!では、ジャック・スパロウ風のメイクを施した有名人をあてる「ジャック・スパロウは誰だ!」ツイッターキャンペーンを実施中。また、映画の世界に入り込んだような“Wantedポスター”が自分の写真で作成できるスマホサービス「海賊力判定」が公式サイトでオープン。あなたの懸賞金はいくらになるか試してみよう。さらに、東京ディズニーランドでは、映画の公開を記念したスペシャルプログラム「パイレーツ・ミステリー」が展開されており、映画を見た後に足を運べば“パイレーツの世界”をより堪能できること間違いなしだ。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP