佐藤江梨子「かなりのブス」と自己分析、グラドル時代はギラついていた

「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー

「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー 

「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー「ナイトピープル」佐藤江梨子インタビュー

 直木賞作家・逢坂剛による短編小説「都会の野獣」に更なる逆転劇を加えて映画化した「ナイトピープル」。強奪された2億円を巡って繰り広げられる裏切りと応酬をハードなガンアクションを交えて描いた本作で、謎多き美女・萌子を演じているのが佐藤江梨子だ。佐藤にとって本作は、31歳を迎えて初めて公開される映画作品。グラビアアイドルとしてデビューし、ヨコハマ映画祭主演女優賞を受賞した映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で本格的女優活動にシフトチェンジした佐藤に、31歳を迎えての現在の心境とギラギラしていたというグラドル時代を語ってもらった。

続きを読む »

 「女にとって30歳は厄年でもあって、確かに最悪なことばかりが起こった」とぼやき節で振り返る佐藤だが「人間、30年も生きていると山あり谷ありで色々ある。20代のころは結婚や子育てに理想を感じて夢見がちだったけれど、31歳にもなると結婚生活の現実や子育ての現実も理解するようになって、人として一旦落ち着くようになりますね」と物事を客観的に見ている。31歳の目標として「映画にたくさん出演したい」という気持ちはあるものの「焦ってもいいことはないので、60歳ですべての帳尻を合わせようと思っています」と人生プランを明かす。なぜならば「女優として期待されていない分、ちょっと頑張っただけで、凄く頑張ったようにみられるラッキーな状況だし、マイペースでいたい」との思いがあるからだ。

 どこか達観しているような印象。それは自らが思う、女優・佐藤江梨子の魅力についても一貫している。「自分で言うのもあれですけど、変な顔だし、体型も変。声色も変わっているし、女優さんの中ではかなりのブス」と自らをバッサリと斬る。だがそう言い切ってしまう大胆さと、おごらない潔さが庵野秀明(「CUTIE HONEY キューティーハニー」)、吉田大八(「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」)、池田敏春(「秋深し」)ら個性派監督の琴線に触れ、佐藤がマイナスのように言う容姿は作品に無くてはならない個性として輝く。どの作品においても佐藤が演じたキャラクターは、佐藤でなければ成立しないように思えるのはそのためだ。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP