なぜ今、映画なのか――現代アーティスト・村上隆の新たな挑戦

『めめめのくらげ』村上隆監督インタビュー

『めめめのくらげ』村上隆監督インタビュー 

『めめめのくらげ』村上隆監督インタビュー『めめめのくらげ』村上隆監督インタビュー『めめめのくらげ』村上隆監督インタビュー『めめめのくらげ』村上隆監督インタビュー

 村上隆といえば、ヴェルサイユ宮殿での個展やルイ・ヴィトン、六本木ヒルズとのコラボレーションといった活動で注目を集めてきた現代アーティストだ。2008年には米TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれるなど、確固たる地位を築いている彼が、初めて長編映画作品を監督した。

続きを読む »

 実写とCGを融合させたSFファンタジーエンターテインメント作品『めめめのくらげ』だ。かわいいビジュアルの謎の生物「ふれんど」と、少年・正志の心温まる交流を描いた本作は、一見すると子ども向けのファンタジー映画に思えるが、その裏には村上隆による現代日本へのメッセージがぎっしりと詰まった濃厚な作品となっている。

 なぜ今、映画なのか。そして作品に込めた思いとは――。村上隆監督に『めめめのくらげ』誕生秘話を伺った。

 「かれこれ10年以上、短編は作っていたんです。そのころからいつかは長編をと思っていました」。

 本作を撮ろうと思ったきっかけを尋ねると、村上監督はそう切り出した。すべての始まりとなったのは、2010年12月26日に行われたとあるプロジェクトの打ち上げでの出来事だったという。

 「そのとき西村さん(西村喜廣 監督補)と飲んでいたら、彼に『村上さん、映画撮らないんですか』と突然言われたんです。撮りたいですと答えたらぜひ撮りましょうよと目を輝かせて言うんですよ。そのときは何言ってるんだろうって思ったんですけど、駅での別れ際にまた目をじっと見つめられて『映画撮りましょうね!』と。何なんだって思いましたね(笑)」。

 実はこのとき、村上監督は別の映画を撮る話が進んでいる最中だった。しかし、年が明けて2011年。思わぬ出来事が起こる。3.11、東日本大震災だ。この出来事により、進行中だった映画企画はいったんストップしてしまうことになった。

 「そんなことになってしまったんだけど、西村さんはこの時期だからこそ映画を撮ろうと言うんですよ。彼に引っ張られるようにして、『めめめのくらげ』がスタートしたんです。よく『なぜ村上さんは現代アーティストとしてキャリアを持っているのに、今映画を撮るのか』と聞かれるのですが、これはもうそういうタイミングだったからとしか言えない。細田守さんが、映画には神様がいて魅入られれば作れるし見放されると作れないと仰っていたのですが、その通りでした」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP