山本美月×伊野尾慧、意外な高校生活を暴露!? 恋エピ&キラキラしてないリアル体験

『ピーチガール』山本美月インタビュー

『ピーチガール』山本美月インタビュー クランクイン!

『ピーチガール』山本美月インタビュー『ピーチガール』山本美月インタビュー『ピーチガール』山本美月インタビュー『ピーチガール』山本美月インタビュー『ピーチガール』山本美月インタビュー『ピーチガール』山本美月インタビュー『ピーチガール』山本美月インタビュー『ピーチガール』山本美月インタビュー『ピーチガール』山本美月インタビュー

 美男美女で輝きを放つ二人の高校生活も、さながら『ピーチガール』のようだったのではと推測する。すると、山本は「全っ然!」と首を横に振った。「まったく真逆です!セーラー服だったし、ひざ下10センチ、三つ編み、みたいな。恋愛エピソードが何もないことが思い出(笑)。作品で取り返しました!」と話せば、一方の伊野尾も、「キラキラしては…いなかったです。授業中に寝ていて、起きたら教室に誰もいなくて。移動教室だったのを誰も教えてくれないとか(笑)」と、意外なほど切ない体験を暴露し合い、結果、撮影により憧れの青春を体験できたと声をそろえた。

 劇中、山本はワイヤーアクションで窓から落ちたり、伊野尾は極寒の海の中に入るなど、かなり体を張っている。肉体的にも精神的にもやり切った演技を終えてのご褒美は、原作・上田氏による言葉だったと二人は表情を和らげた。伊野尾が、「上田先生と娘さんが映画を観て『すごい泣いた』って言ってくださったんです。原作者であることに加えて、親子でそういう感情になってくれるのは、すごいうれしかったです」と語ると、重ねるように山本も「上田先生がここまで喜んでくれるんだから、原作のファンの方もきっと喜んでくれるんだろうなって信じています」と、思いを打ち明けた。

 美しい海の映像から始まるオープニングから、一気に駆け抜ける爽やかなラストまで、大きなスクリーンでぜひ青春の追体験をしてほしい。(取材・文・写真:赤山恭子)

 『ピーチガール』は5月20日より全国公開。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP