吉田沙保里、“人生の岐路”を告白! 全日本コーチの打診に「戸惑いました」

吉田沙保里、『カーズ』マックィーンに共感!

吉田沙保里、『カーズ』マックィーンに共感! クランクイン!

吉田沙保里、『カーズ』マックィーンに共感!

吉田沙保里、『カーズ』マックィーンに共感! クランクイン!

吉田沙保里、『カーズ』マックィーンに共感!映画『カーズ/クロスロード』は大ヒット上映中!

 ディズニー/ピクサーによる人気シリーズ『カーズ』の最新作『カーズ/クロスロード』が先週末から日本でも公開され「大人が泣ける」映画として好評を博している。主人公の天才レーサー、マックィーンが新世代レーサーの台頭により“人生の岐路”に立つ姿を描く本作を鑑賞した、レスリングの吉田沙保里選手に感想を聞くと、「マックィーンとアスリートとしての自分が重なる部分が多くて共感できました」と告白。これまでに直面した“人生の岐路”は「全日本のコーチを打診されたとき」と打ち明ける当時の心境、そして本作の魅力を語ってもらった。

続きを読む »

 “クルマたちの世界”を舞台に、天才レーサー、ライトニング・マックィーンの活躍やクルマたちの“人間味あふれる”ドラマを描く本作。シリーズ第1作の冒頭で、天才ルーキーとして颯爽と登場したマックィーンが本作ではベテランレーサーとなり、最新テクノロジーを搭載した新世代レーサー、ストームと対峙。厳しい現実に向き合いながらも、レーサーとして再び輝くために懸命に努力する。

 「マックィーンに共感できる部分があって面白かった」とアスリート目線でも楽しめたという吉田選手。3歳からレスリングをはじめ、オリンピック3連覇の偉業を成し遂げるなど、常に“絶対王者”として戦い続けてきた。そんな吉田選手が、マックィーンのどういった部分に共感したのだろうか?「“勝たなければいけない”というプレッシャーに共感しました」と背負ってきた周囲の期待が計り知れない吉田選手ならではのポイントをあげる。さらに、「夢をあきらめないことは大切ですね。最後の展開には感動しました!」とマックィーンの“選択”に胸を熱くする。

 マックィーンはシリーズを重ねるごとに、仲間と絆を深めてきた。本作でも親友メーターや、恋人サリー、さらには師匠や新たな相棒となるトレーナー、クルーズの存在も励みとして成長していく。吉田選手は「支えてくれる人、一緒に戦う仲間たちがいると強くなれる」としみじみ。日々、鍛錬を積んできた吉田選手だけに「目標に向かってトレーニングをして、夢を叶える素晴らしさ」に感動したそうで、「マックィーンが仲間とともに試練を乗り越えていく姿はカッコよかったです。みんなと一緒にいれば目標に向かって頑張れる!」と力強く話す。

 本作は“人生の岐路”が大きなテーマになっているが、吉田選手がこれまでに直面した“人生の岐路”は?と質問すると「全日本のコーチを打診されたときです」と、2016年にレスリング女子日本代表の選手兼任コーチに就任した時をあげる。「最初は戸惑いました…」というが、指導者としても歩き始めると、「選手兼コーチとして競技に向き合ってみると、新たな気持ちで楽しいです」と違った視点に立ったことで新たな発見もあり、さらなる刺激を受けながら、邁進しているという。

 “強い意志”で、自らの人生と可能性を切り開いてきた吉田選手。2020年に開催される東京オリンピックを目指して、その背中を後輩たちが追いかけている。同じく本作を鑑賞したレスリングの登坂絵莉選手は「マックィーンと尊敬する吉田選手が重なった」と話している。その言葉を伝えると、吉田選手は嬉しそうに笑顔を見せる。世界を驚かせる日本の女子レスリングの強さの秘訣は、時に仲間として、時に師弟として、強さを共有、継承する力にあるのかもしれない。(文:成田おり枝/写真:中村好伸)

 映画『カーズ/クロスロード』は全国公開中。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP