蒼井優&阿部サダヲ、互いの魅力語る 「映画界に入れて良かった」白石組撮影に手応え

蒼井優&阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー

蒼井優&阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー クランクイン!

蒼井優&阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー蒼井優&阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー蒼井優『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー蒼井優『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー蒼井優『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』インタビュー

 蒼井優と阿部サダヲ、今や日本映画界には欠かせない存在となった2人の役者が、白石和彌監督の最新作『彼女がその名を知らない鳥たち』にて最低な男女役で共演し、圧巻の名芝居を見せている。お互いを「反応が早い」「軽やか」と評す蒼井と阿部に、それぞれの役者としての魅力や、共に初めてタッグを組むこととなった白石監督に対する印象、改めて“映画界”の魅力を認識させられたという白石組の現場の様子を語ってもらった。

続きを読む »

 沼田まほかるの同名小説を実写化した本作は、自分勝手な女・十和子(蒼井)、十和子に異様な執着を見せる男・陣治(阿部)、十和子と不倫関係を結ぶ水島(松坂桃李)が織りなす人間模様、そして十和子の昔の恋人である黒崎(竹野内豊)の失踪を端緒とするミステリーを同時進行で描く。

 阿部はひとつひとつの振る舞いに嫌な男の感じがにじみ出る陣治について「衣装も全部、いくら汚してもいいと言われていたので。(足を指しながら)こういうところに、卵とか付いていたんです」と汚さを徹底的に追求したという。その一方で「ネタバレになってしまうので言い方が難しいですが、汚い下品な男というだけじゃないという部分も見せられるように演じました(笑)」と芝居に込めた思いを語る。

 役者としての蒼井については「監督からの指示に対する反応が早い」と話し、「十和子は『嫌な女』ですが、たまに見せる表情で、悲しそうにも見えるんですよ。『この人、ちょっと救ってあげなきゃな』という風に見せる表情を作ったりするのがすごい」とも。これを受けた蒼井は「阿部さんは軽やかです。重たいシーンとかで気持ちをつくって、みたいなことを全く感じさせない。スタンバイのときからスタートがかかるまで、何かが全く見えないというか…」としたうえで、「でも本当に、瞬時に最高速度まで上がる。すごい車みたいな感じです(笑)」と称賛の言葉を贈る。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP