格闘家・RENA、強さの秘密は“楽しむ”こと ソーの“笑える”バトルに「すごくいい!」

『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した“最強の女性格闘家”RENAにインタビュー

『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した“最強の女性格闘家”RENAにインタビュー クランクイン!

『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した“最強の女性格闘家”RENAにインタビュー『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した“最強の女性格闘家”RENAにインタビュー『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した“最強の女性格闘家”RENAにインタビュー『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した“最強の女性格闘家”RENAにインタビュー『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した“最強の女性格闘家”RENAにインタビュー

 マーベル・スタジオが贈る最新映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』が、11月3日に全国公開され、週末の興行ランキングでNo.1を獲得する大ヒットスタートを切った。個性的なキャラクターたちによる大迫力のバトルトシーンが話題になっている本作を、日本の女子格闘技界のパイオニアで、シュートボクシング世界女子フライ級王者のRENAが鑑賞。格闘家目線から見た、バトルシーンの“リアル度”や、大いに共感したという“戦いに必要なエッセンス”について熱く語ってもらった。

続きを読む »

 本作は、アベンジャーズの一員としても知られる“雷神”ソーが、義弟であるロキ、盟友のハルク、新キャラクターの女戦士ヴァルキリーと型破りなチーム“リベンジャーズ”を結成し、“最強の敵”死の女神・ヘラとの死闘に挑むバトルアクション。RENAは「冒頭からすごく笑いましたし、“これエンディングじゃないの!?”というくらいの迫力で始まったので、衝撃的でした!」と前のめりになって感想を語る。「かっこいい!感動!という展開がありながらも、必ず笑わせてくれる。映画館で大声を出して笑ってしまいました」と大いに楽しんだ様子。

 “最強の女性格闘家”として、人気を集めるRENA。プロの目から見て本作のバトルシーンにはどんな印象を持ったのだろうか?「ソーとハルクのぶつかり合いはすごかったです!迫力満点でした」と盟友同士がガチ対決に挑む闘技場でのシーンに驚く。「相手が蹴ってきたらかがんだり、ヒュッと避けたりする感じもすごくリアルで。攻撃だけでなく、受け手の動きもすごく自然。スピード感もすごいので、“私、こんな避け方できるかな?”という目線で見てしまいました」。

 もし、ハルクと戦うとしたらどうする?と質問すると、「ハルクが相手では、体格差がありすぎるので。ソーとロキがやっていた“助けて作戦”を使います(笑)。“助けて”と弱った演技を見せて、相手の隙を狙って一本背負い!さらに一発殴って、遠くへ飛ばします」。まさかの“助けて作戦”を使うというお茶目な一面を見せるも、超人・ハルクにも負けたくないという気持ちの強さはさすが!楽しそうに戦法を語っている姿がかっこいい。

 お気に入りのキャラは「ダントツでかっこよかったのは、ソー」とのこと。「いつも笑わせてくれるのに、最後はビシッと決める。血管が浮き出るくらいの筋肉もすごかったです」と主人公に惹きつけられつつ、最も共感ができたのは、“リベンジャーズ”のワケあり女性戦士・ヴァルキリーだという。

 「やっぱり女性が戦う姿はかっこいいと思います。ヴァルキリーは過去に色々あって、もう自分は終わりかなと思っていたけれど、そこからまた立ち上がる。私も勝ち負けがはっきりする世界にいるので、大事な試合で負けてしまったときなど、“やめようかな”と思ったときもありました。でも、ここでやめたら後悔すると思ったし、応援してくれるみんなのためにもここでやめるわけにはいかない。恐怖や葛藤もありましたが、切り替えて次の試合に挑むしかないと決心したことを、ヴァルキリーを見て思い出しました」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP