元ももクロ・早見あかり、映画初主演! 疑似恋愛で同級生を振り回す美少女役

元ももクロ・早見あかり、“ももせ”役で映画初主演

元ももクロ・早見あかり、“ももせ”役で映画初主演

 人気アイドルグループ『ももいろクローバー』元メンバー早見あかり初の主演長編映画『百瀬、こっちを向いて。』が2014年春に公開されることが決定した。

続きを読む »

iflame

 早見は、2011年に惜しまれながらも、女優の道に進むために『ももいろクローバー』を卒業。以降モデルやドラマ、映画、CMなどでも活躍し、本作で満を持して長編映画初主演に挑む。

 中田永一による同名の恋愛小説を映画化する『百瀬、こっちを向いて。』で早見が演じる役は、冴えない同級生の相原ノボルを疑似恋愛で振り回す、活発な美少女の主人公・百瀬陽(ももせよう)。今回の出演のため、約2年ぶりにストレートロングの黒髪を45cmバッサリきり、初主演への意気込みを感じさせる。

 長編映画初主演について早見は、「わたしの2013年のテーマが“死ぬ気で頑張る”なので、不安も大きいですが、共演者の方やスタッフさんと素敵な作品を作れるように死ぬ気で頑張ります! 主人公の百瀬陽とは、サバサバとはっきりしている所がとても似ている気がします。役作りに関してはリハーサルをたくさんやって、皆で作り上げていくような形です。監督や自分だけでなく、色々な方からの意見を基に百瀬陽を作っています!」と気合十分。

 また本作のテーマが“切ない嘘から始まる初恋”ということで、「わたしの初恋は3歳。幼稚園の時です。3年間その男の子と両思いで、バレンタインに頑張ってハートのチョコケーキを作ったのを覚えています(笑)」と自身の初恋の思い出も明かした。

 共演は、今年飛躍が期待される注目株の竹内太郎、NHK大河ドラマ『八重の桜』で綾瀬はるか演じる山本八重の弟・三郎役に抜擢された工藤阿須加、第31回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞した石橋杏奈。物語の軸となる高校生時代のシーンを彩る、フレッシュな顔ぶれが揃った。

 監督は本作が長編映画デビューとなる耶雲哉治(やくもさいじ)、制作はROBOTが担当。

採用情報

誕生日

もっとみる

PAGE TOP