メル・ギブソン監督『パッション』続編、ジム・カヴィーゼルがキリスト役続投

『パッション』続編で主演ジム・カヴィーゼルとメル・ギブソン監督が再タッグ

『パッション』続編で主演ジム・カヴィーゼルとメル・ギブソン監督が再タッグ(C)AFLO

 俳優メル・ギブソンが、製作・脚本・監督を務めた2004年の衝撃作『パッション』。主役のイエス・キリストを演じた俳優ジム・カヴィーゼルがUSA Todayとのインタビューで、続編に出演することを肯定したという。

続きを読む »

 『パッション』はイエス・キリストの最後の12時間を描き、生々しい暴力描写などが話題になったメル渾身の一作。メルがアカデミー賞監督賞を受賞した『ブレイブハート』で脚本を務めたランドール・ウォレスが、『パッション』の続編の脚本を執筆していると、2016年にThe Hollywood Reporterが報じていた。続編はイエス・キリストの復活に焦点をあてるという。

 「明かせないけど、観客に衝撃を与えることが待っている。素晴らしいんだ。楽しみにしていてくれ」とジム。「だがこれだけは言える。続編は映画史上最高に壮大な作品になる。それだけすごいということさ」と、メルが進めているイエス・キリストの復活のストーリーに感銘を受けている様子だ。

 ジムいわく、メルはついにイエス・キリストの復活を語る方法を見出したという。仮の撮影スケジュールも大枠は決まっているとのことだ。『パッション』には、マグダラのマリア役で女優モニカ・ベルッチが出演していたが、ジムのほかにも1作目から続投する俳優がいるのか、続報が待たれる。





誕生日

もっとみる

PAGE TOP