レオナルド・ディカプリオ

フルネームはレオナルド・ウィルヘルム・ディカプリオ。レオナルドという名前の由来は、ドイツ人の母親が妊娠中、イタリアのウフィッツィ美術館でレオナルド・ダヴィンチの絵を見ていたときにお腹を蹴ったからだとか。彼女とイタリア人の夫はレオ様が生まれた年に離婚。3歳ですでにCMに出演、5歳では大好きな子供番組「ロンパー・ルーム」に出演して子役としてのキャリアをスタートさせる。1 歳の頃、エージェントにもっとアメリカ人が親しめる名前“レニー・ウィリアムズ”に改名するようアドバイスされたが、レオが耳を貸さなかったことは言うまでもない。9 年にTVデビューを果たした作品はナント、人気昼メロ「サンタ・バーバラ」。早速、ヤング・アーティスト・アワードにノミネートされた彼、同年にはTVコメディ「Parenthood」でレギュラーの座を勝ち取り、翌年から1年間出演したファミリー・コメディ「愉快なシーバー家」で人気者に。91年にはSFホラー「クリッターズ3」で映画デビュー。スリラー「ボディヒート」(92)では端役だった。93年はブレイクの年で、ロバート・デ・ニーロの義理の息子を演じた「ボーイズ・ライフ」で賞賛を浴び、ジョニー・デップの知的障害者の弟という難役を見事にこなした「ギルバート・グレイプ」ではオスカーにノミネートされ、その才能を開花させた。しかしその後も大胆な役に挑戦、「太陽と月に背いて」(95)では激しいゲイシーンも厭わず、フランスの天才詩人ランボー役で妖しい魅力をふりまき、「バスケットボール・ダイアリーズ」(95)ではドラッグに溺れる実在の作家を繊細に演じた。サム・ライミ監督の西部劇「クイック&デッド」(95)では瑞々しさを炸裂。感動作「マイ・ルーム」(96)でもロバート・デ・ニーロと共演、少年の痛々しさを見事なまでに体現している。そして、ベルリン国際映画祭で男優賞を受賞したバズ・ラーマン監督作「ロミオ&ジュリエット」(96)で見せたワイルドな王子様っぷりは「タイタニック」(97)でも発揮され、世界的にブレイク。ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされた。一人二役を演じた「仮面の男」(98)を経て、「ザ・ビーチ」(00)からは2 万ドルスターの仲間入りを果たす。ただし、この2作ではラジー賞にノミネート、「仮面の男」では双子演技でワースト・スクリーン・カップル賞を受賞してしまった。主演作の不評に加え、品行問題が取沙汰され、おまけに肉体の肥大化も心配されるなど、一時期は低迷気味だったが、マーティン・スコセッシ監督の「ギャング・オブ・ニューヨーク」(02)とスティーヴン・スピルバーグ監督の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(02)で面目躍如。特に後者では、言葉巧みに人々を魅了する詐欺師を軽妙な演技で魅力的に演じている。また、スコセッシ監督と再タッグを組んで実在した大富豪ハワード・ヒューズ役に挑んだ「アビエイター」( 4)では、「ギルバート・グレイプ」以来となるオスカーにノミネート。またもや受賞は逃したが、ゴールデン・グローブ賞は獲得した。私生活では、ブラジル人のスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンとくっついたり別れたりを繰り返した後、破局。現在は、イスラエル人モデル、バール・ラファエリと交際中。

記事:レオナルド・ディカプリオ

特集:レオナルド・ディカプリオ

ニュース:レオナルド・ディカプリオ

コラム:レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオ

(C)AFLO

レオナルド・ディカプリオ

Leonardo DiCaprio

生年月日:
1974/11/11
出身地:
アメリカ/カリフォルニア州

誕生日

もっとみる

PAGE TOP