キャリスタ・フロックハート

人気TVシリーズ「アリー・myラブ」のヒロイン役でブレイクした米女優。 フルネームはキャリスタ・ケイ・フロックハート。キャリスタという名前には、ギリシャ語で“一番美しい”という意味がある。食品会社の重役と高校教師の母の間に2番目の子供として誕生。高校時代は、生徒会やチアガールで活躍する活発な女の子だったとか。その後、ニュージャージー州にあるルトガーズ大学に進学して演劇を専攻。レッスンを受けながら、学生演劇の舞台を数多く経験した。卒業後は、本格的に女優の道に進むため、各地の地元劇団で経験を積み、テネシー・ウィリアムズの「ガラスの動物園」でブロードウェイ・デビューを果たして注目された。
89年には、あまり気が進まないながら、昼メロ「The Guiding Light」でTVにも進出。TV映画「告発弁護人」(91)ではケヴィン・スペイシーと共演している。93年には、エリック・ストルツ主演のロマコメ「Naked in New York」の端役で映画デビュー。ロバート・レッドフォード監督の「クイズ・ショウ」(94)、ダグ・リーマン監督のロマコメ「キル・ミー・テンダー」(94)もチョイ役だったが、インディーズ映画「ジェーンに夢中!」(95)では主役に。ドラッグに溺れ、タブロイドに記事と写真を提供する恋人のために死体を演じ、セクシーな姿で踊ってみせたりと、「アリー・myラブ」からは想像できない荒んだ女性を熱演している。
コメディ「バードケージ」(96)ではゲイカップルに育てられた青年の婚約者、ロマコメ「Milk & Money」(97)、「17 セブンティーン」(97)ではブラッド・レンフロが憧れる女性役で登場するが、ほとんど注目されなかった。しかし97年、ブロードウェイで活躍するキャリスタの評判を聞きつけたプロデューサー、デヴィッド・E・ケリーが新作コメディのヒロイン役をオファー。TVには戻りたくなかった彼女だが、友人たちの勧めでオーディションを受け、「アリー・myラブ」の主役に決定した。同番組で、恋にキャリアに奮闘するちょっぴりプッツンな女弁護士を演じて大ブレイク。翌年にはゴールデン・グローブ賞を受賞、その後も毎年のように同賞とエミー賞にノミネートされるなど、一躍世界的な人気者となった。
映画では、シェークスピア喜劇「真夏の夜の夢」(99)の愛する男性にすげなくされるヘレナ役がキュート。女性たちの物語「彼女を見ればわかること」(99)では、グレン・クローズ演じる心寂しい医師の想いを見抜く占い師に扮している。「アリー・myラブ」は02年、第5シーズンで終了。大好きな舞台に戻っていたが、04年には久しぶりに、マシュー・ブロデリック主演の犯罪コメディ「ラスト・ショット」で映画出演した。
私生活では、俳優のベン・スティラーやギャリー・シャンドリング、ケイト・ウィンスレットと結婚&離婚した英監督のサム・メンデス、パーソナル・トレーナーなどと交際。01年には男の子を養子にしてシングルマザーでいくのかと思いきや、22歳年上のハリソン・フォードと恋に落ちて婚約、10年に結婚した。

記事:キャリスタ・フロックハート

特集:キャリスタ・フロックハート

さらに読み込む

ニュース:キャリスタ・フロックハート

キャリスタ・フロックハート

(C)AFLO

キャリスタ・フロックハート

Calista Flockhart

生年月日:
1964/11/11
出身地:
アメリカ/イリノイ州

誕生日

もっとみる

PAGE TOP