トビー・マグワイア

本名はトビアス・ヴィンセント・マグワイア。「スパイダーマン」( 2)で大スターとなり、続編でギャラも大幅にアップした彼だが、生い立ちは複雑だった。両親が2 歳と18歳の時に生まれ、彼が2歳の時に離婚。親戚の間を転々とする少年時代を送ったという。しかし、高校を中退して演技の道に進み、92年にTVコメディ「Great Scott!」の主役に抜擢され、ヤング・アーティスト・アワード候補となって注目される。翌年には「ボーイズ・ライフ」の端役で本格的に映画デビュー。共演したレオナルド・ディカプリオとは大親友になり、インディーズの青春映画「あのころ僕らは」( 1)でも共演して、その親密な空気を伝えている。スティーヴン・ドーフ&リース・ウィザースプーン共演のコメディ「S.F.W.」(94)の端役、ミッキー・ルーニーの孫役で登場したホラー「Revenge of the Red Baron」(94)、「Healer」(94)の端役、出演シーンをカットされてしまった「エンパイア レコード」(95)、寂れたモーテルの息子役で主演の「Joyride」(96)を経て、アン・リー監督の「アイス・ストーム」(97)では屈折した少年を演じて高い評価を得た。古き良きアメリカの世界にしっくりハマった「カラー・オブ・ハート」(98)、様々な経験を経て成長していく青年を繊細に演じたラッセ・ハルストレム監督のオスカー受賞作品「サイダーハウス・ルール」(99)、南北戦争を背景にした「楽園をください」(99)、そして「ワンダー・ボーイズ」( )では文学の天才でありながら変人の青年役で、派手ではないが不思議な存在感を残し、トロント映画協会助演男優賞を受賞した。繊細で内向的な役柄が多かったので、「スパイダーマン」の主役に抜擢された時には物議をかもしたが、自らの資質にうまく引き寄せつつもタフに演じきり、原作アニメ・ファンからも上々の評価を得た。MTVムービー・アワードとティーン・チョイス・アワードではキルスティン・ダンストと共に“ベスト・キス”賞に輝くなど、すっかり若者たちのアイドルとなったトビー。ビバリーヒルズに豪邸を購入するほどの成功を収めた後も、良質な作品で演技を磨くことには貪欲で、ゲイリー・ロス監督の「シービスケット」( 3)では「スパイダーマン」で増やした体重を大幅に落とし、奇蹟の馬を乗りこなした実在の騎手を熱演した。一時は降板かと騒がれた「スパイダーマン2」( 4)も大ヒットし、作品としての評価も高い。 7年公開予定で、すでに第三弾「Spider-Man 3」の製作も決定している。 スパイク・リー監督の「25時」( 2)からはプロデュース業にも手を染めている。 私生活では、人気TVドラマ「ボストン・パブリック」に2年間レギュラー出演していた女優ラシダ・ジョーンズと 2年に婚約したが破局。「スパイダーマン」で共演したキルスティン・ダンストと一時期交際していたことも。その後も親友レオとナンパに励んでいたようだが、現在はユニヴァーサル・スダジオの最高業務執行責任者の娘ジェニファー・メイヤーと同棲中で、結婚が近いだけでなく、ジェニファーが妊娠しているという噂もある。ベジタリアンで、アルコールやタバコも一切口にしないヘルシー志向。

記事:トビー・マグワイア

特集:トビー・マグワイア

ニュース:トビー・マグワイア

コラム:トビー・マグワイア

トビー・マグワイア

(C)AFLO

トビー・マグワイア

Tobey Maguire

生年月日:
1975/6/27
出身地:
アメリカ/カリフォルニア州

誕生日

もっとみる

PAGE TOP