アン・ハサウェイ

シェイクスピアの妻と同じ名前を持つ彼女だが、周囲からはアニーと呼ばれているそう。弁護士の父親と舞台女優・歌手の母親ケイト・マッコウリーの間に生まれ、ニュー・ジャージーで育った。高校生の頃から多くの舞台に出演して注目され、ティーンで初めて、名立たる演劇集団「バロウ・グループ」の演劇プログラムを受講することを許されたほど、その才能が嘱望された。
99年、TVシリーズ「ゲット・リアル」のレギュラーとなり、可憐なルックスで心揺れるティーンエイジャーをリアルに演じたことから全米で人気が沸騰し、ヤング・アーティスト・アワード候補に。高校卒業後は、ヴァッサー・カレッジで英語学と女性学を専攻。01年にはゲイリー・マーシャル監督の「プリティ・プリンセス」で主役に抜擢され、映画デビュー。オーディションの最中、椅子に座りそこなって床に尻餅をついたドジ娘っぷりが気に入られたのだとか。ダサいアメリカ娘が実はある小国の王家の世継ぎであることがわかり、ジュリー・アンドリュースにお姫様教育を受けるうちに、気品たっぷりのお嬢様に生まれ変わる様を瑞々しく演じて、世界的なアイドルに。MTVムービー・アワードにもノミネートされた。 続編「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」も作られ、同役を演じている。
「The Other Side of Heaven」では伝道師になる青年が生涯心を寄せる娘役、チャールズ・ディケンズ原作の「ディケンズのニコラス・ニックルビー」では英国映画に進出、ニコラス・ニックルビーと愛し合う娘を好演し、他のキャストらと共にナショナル・ボード・オブ・レビュー賞を受賞した。舞台でも評価が高く、ただのアイドルには留まらない。日本では「ラックス」のCMに登場、輝くような愛らしい笑顔と豊かなダークヘアーでお茶の間を魅了した。「Havoc」、「ブロークバック・マウンテン」と続けてヌードを披露し。脱清純派を試みたものの、後者では、メインキャストで唯一賞レースからは無視されるという屈辱を味わった。しかし、その後、「プラダを着た悪魔」の大ヒットにより、一躍脚光を浴びる。
08年の「レイチェルの結婚」でアカデミー主演女優賞にノミネート。2011年の第83回アカデミー賞ではジェームズ・フランコと共に最年少として司会を務めた。その後は「ダークナイト ライジング」のキャットウーマン、「レ・ミゼラブル」などハリウッド女優が欲しがる役を端からゲット。2012年9月29日、4年来の恋人アダム・シュルマンと結婚した。

記事:アン・ハサウェイ

特集:アン・ハサウェイ

さらに読み込む

ニュース:アン・ハサウェイ

コラム:アン・ハサウェイ

インタビュー:アン・ハサウェイ

アン・ハサウェイ

(C)AFLO

アン・ハサウェイ

Anne Hathaway

生年月日:
1982/11/12
出身地:
アメリカ/ニューヨーク州

誕生日

もっとみる

PAGE TOP