クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『パパとムスメの7日間』新垣結衣×舘ひろし版がファンの記憶に根強く残る理由とは?

ドラマ

 7月26日より、令和版『パパとムスメの7日間』(TBS/毎週火曜24時58分)が放送を開始した。サラリーマンのパパ・川原恭一郎を眞島秀和が、高校生のムスメ・小梅を飯沼愛が演じ、小梅が憧れる先輩・大杉健太役には、なにわ男子の長尾謙杜が抜てきされている。本作は、2007年に放送された五十嵐貴久の同名小説を原作にしたドラマのリメイク版であり、当時は舘ひろしと新垣結衣が父娘を演じたことで、“入れ替わりドラマ”として大きな話題に。リメイク版解禁時には、“ガッキー”がトレンド入りを果たすなど大きな盛り上がりを見せた。そして今回、令和版の放送を記念して、動画配信サービスで2007年版『パパとムスメの7日間』の全話期間限定配信が決定(「Paravi」「U‐NEXT」ほかで配信中)。本稿では、今なお色褪せない、当時19歳の新垣結衣の“オッサン演技”とダンディな舘ひろしの“乙女演技”の見どころを振り返っていきたい。

ドラマ『パパとムスメの7日間(2007)』場面写真

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv