クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『パパとムスメの7日間』新垣結衣×舘ひろし版がファンの記憶に根強く残る理由とは?

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『パパとムスメの7日間(2007)』場面写真
ドラマ『パパとムスメの7日間(2007)』場面写真(C)TBS(C)五十嵐貴久/朝日新聞社

関連 :

新垣結衣

舘ひろし

加藤シゲアキ

眞島秀和

飯沼愛

長尾謙杜

 7月26日より、令和版『パパとムスメの7日間』(TBS/毎週火曜24時58分)が放送を開始した。サラリーマンのパパ・川原恭一郎を眞島秀和が、高校生のムスメ・小梅を飯沼愛が演じ、小梅が憧れる先輩・大杉健太役には、なにわ男子の長尾謙杜が抜てきされている。本作は、2007年に放送された五十嵐貴久の同名小説を原作にしたドラマのリメイク版であり、当時は舘ひろしと新垣結衣が父娘を演じたことで、“入れ替わりドラマ”として大きな話題に。リメイク版解禁時には、“ガッキー”がトレンド入りを果たすなど大きな盛り上がりを見せた。そして今回、令和版の放送を記念して、動画配信サービスで2007年版『パパとムスメの7日間』の全話期間限定配信が決定(「Paravi」「U‐NEXT」ほかで配信中)。本稿では、今なお色褪せない、当時19歳の新垣結衣の“オッサン演技”とダンディな舘ひろしの“乙女演技”の見どころを振り返っていきたい。

【写真】当時19歳のガッキーが“オッサン演技”を熱演! 「パパとムスメの7日間(2007)」フォトギャラリー ■舘ひろしと新垣結衣、“入れ替わり”への初リアクション&ギャップ演技が心をつかむ

 第1話から視聴者の心を掴んだ小梅と恭一郎の入れ替わりシーン。2人は祖母の家を訪ねた帰りに電車の事故に巻き込まれてしまい、気づくと病院のベッドの上に。互いの中身が入れ替わっていることを鏡の前で知り、同時に叫び声をあげるのだった。「きゃーーー!!!/わーーー!!!」とそれぞれがキャラクターを活かした叫び声で“入れ替わり”を表現したこのシーンだが、小梅になってしまった舘は手で口元を押さえて“女子高生”らしい驚き方を、一方で恭一郎になってしまった新垣は口を大きく開けて叫ぶ。それぞれの表現の違いから、入れ替わったことが顕著に示されるとともに、キャストが見せるギャップも視聴者を惹きつけた所以だろう。

■舘ひろしの女子高生演技が会社で炸裂! さりげない仕草で“オッサン”を感じさせるガッキー

ドラマ『パパとムスメの7日間(2007)』より (C)TBS (C)五十嵐貴久/朝日新聞社
 入れ替わりが起きても日常は続く。小梅も恭一郎も学校と会社に行かなければならない。会社に行った恭一郎(中身:小梅)は、ホワイトボードに書かれた「直帰(ちょっき=出先から勤め先に戻らず、そのまま帰宅すること)」を「なおき」と読み間違えてしまい、さらに部下から直帰の意味を説明されると、「ってことは全然、会社に来ない。いいのぉ~!?」と女子高生らしく語尾を上げたイントネーションで盛大に驚いてみせる。会話の端々からこぼれだすリアクションの素直さや派手さは、はつらつとした女子高生の魅力にあふれているものの…、それを演じるのが舘ひろしというギャップが強烈だ。

 一方の小梅(中身:恭一郎)は友だちに昼食を買ってきてもらい「すまんね」と片手を顔の前に持ってきて拝むようなリアクション。普段の女子高生が見せないような姿には友達からも「なにそれ、チョー受ける、時代劇?」と大笑いされてしまう。ここでは新垣が入れ替わった恭一郎を表現するため、年齢を感じさせる仕草をさりげなく見せた姿が印象的だ。

■初めてのギュ!にこだわる舘ひろしという衝撃 可愛さが光るガッキーのおじさん演技

ドラマ『パパとムスメの7日間(2007)』より (C)TBS (C)五十嵐貴久/朝日新聞社
 小梅が思いを寄せるのはサッカー部の大杉健太(加藤シゲアキ※当時:加藤成亮)先輩だ。誠実で真面目でスポーツマンという理想的な恋の相手に、ついつい恭一郎も好感を持ってしまう。第3話では、そんな健太先輩にまつわるエピソードが描かれた。ある日、定期テストの勉強で切羽詰まっていた小梅(中身:恭一郎)の元に健太が去年の自分のテストを届けにきてくれる。小梅(中身:恭一郎)は、これを参考にすれば良い点が取れると大喜び。感動のあまり「健太先輩大好き!」と抱きついてしまった。だがこの現場を恭一郎(中身:小梅)が双眼鏡で監視していたのだ。恭一郎は「なんで抱き合ってんのぉ! 」と2人に向かって突進。中身は女子高生だが、姿は中年男の恭一郎が「ダメェ~! ダメェ~!」と走ってくる姿には健太も動揺。実は、恭一郎の姿をした小梅には「初めて健太と抱き合うのはパパじゃなくて自分がいい」という繊細な乙女心があったのだ。舘ひろしはこの10代の繊細な感情を、うるうるとした瞳で熱演した。

 一方の新垣は、豪快なハグやストレートな笑顔により“素直でかわいらしいおじさん”を演じる。おじさんらしい口調の方がむしろ嫌味もなく、一周まわってかわいいのではとさえ思えてしまう新垣の芝居、恐るべし。

次ページ

■ガッキーの鬼気迫る芝居に注目! ガラケー片手に1人芝居

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv