クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 関連記事

  • ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>、『ザ・クラウン』らが最多4ノミネート

    ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>ノミネート発表、『ザ・クラウン』らが最多

    海外ドラマ

     現地時間9日、アカデミー賞の前哨戦の1つとして注目される第77回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表された。テレビの部では、『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』、『ザ・クラウン』、『アンビリーバブル たった1つの真実』の3作品がそれぞれ最多4ノミネートを獲得した。@@cutter 1986年に旧ソ連ウクライナ共和国で起きた原発事故を描くリミテッドシリーズの『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』は、リミテッドシリーズの作品賞、男優賞、助演女優賞、助演男優賞の候補に。英エリザベス女王の治世を描く『ザ・クラウン』は、ドラマ部門の作品賞、女優賞、男優賞、助演女優賞でのノミネートとなった。  レイプ事件を追う2人の女刑事を描くリミテッドシリーズの『アンビリーバブル たった1つの真実』は、作品賞、女優賞(2)、助演女優賞の4ノミネートを獲得した。  第77回ゴールデン・グローブ賞は現地時間2020年1月5日に授賞式が開催される予定。コメディー俳優のリッキー・ジャーヴェイスが5回目のホストを務める。  <テレビの部>候補者・候補作品は以下の通り。 ●作品賞(ドラマ) 『ザ・クラウン』 『キリング・イヴ/Killing Eve』 『ザ・モーニングショー』 『メディア王~華麗なる一族~』 『ビッグ・リトル・ライズ』 ●女優賞(ドラマ) ジェニファー・アニストン『ザ・モーニングショー』 オリヴィア・コールマン『ザ・クラウン』 ジョディー・カマー『キリング・イヴ/Killing Eve』 ニコール・キッドマン『ビッグ・リトル・ライズ』 リース・ウィザースプーン『ビッグ・リトル・ライズ』 ●男優賞(ドラマ) ブライアン・コックス『メディア王~華麗なる一族~』 キット・ハリントン『ゲーム・オブ・スローンズ』 ラミ・マレック『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』 トビアス・メンジーズ『ザ・クラウン』 ビリー・ポーター『POSE ポーズ』 ●作品賞(コメディー/ミュージカル) 『バリー』 『Fleabag フリーバッグ』 『コミンスキー・メソッド』 『マーベラス・ミセス・メイゼル』 『ザ・ポリティシャン』 ●女優賞(コメディー/ミュージカル) ナターシャ・リオン『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』 フィービー・ウォーラー=ブリッジ『Fleabag フリーバッグ』 クリスティナ・アップルゲイト『デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~』 レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』 キルステン・ダンスト『On Becoming a God in Central Florida(原題)』 ●男優賞(コメディー/ミュージカル) マイケル・ダグラス『コミンスキー・メソッド』 ビル・ヘイダ―『バリー』 ベン・プラット『ザ・ポリティシャン』 ポール・ラッド『僕と生きる人生』 ラミー・ユーセフ『Ramy(原題)』 ●作品賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) 『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 『Fosse/Verdon(原題)』 『The Loudest Voice(原題)』 『アンビリーバブル たった1つの真実』 『Catch‐22(原題)』 ●女優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) ケイトリン・デヴァー『アンビリーバブル たった1つの真実』 ジョーイ・キング『The Act(原題)』 ヘレン・ミレン『Catherine the Great(原題)』 メリット・ウェヴァー『アンビリーバブル たった1つの真実』 ミシェル・ウィリアムズ『Fosse/Verdon(原題)』 ●男優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) サーシャ・バロン・コーエン『ザ・スパイ -エリ・コーエン-』 ラッセル・クロウ『The Loudest Voice(原題)』 ジャレッド・ハリス『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 サム・ロックウェル『Fosse/Verdon(原題)』 クリス・アボット『Catch‐22(原題)』 ●助演女優賞 エミリー・ワトソン『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 パトリシア・アークエット『The Act(原題)』 ヘレナ・ボナム・カーター『ザ・クラウン』 トニ・コレット『アンビリーバブル たった1つの真実』 メリル・ストリープ『ビッグ・リトル・ライズ』 ●助演男優賞 ヘンリー・ウィンクラー『バリー』 アラン・アーキン『コミンスキー・メソッド』 キーラン・カルキン『メディア王~華麗なる一族~』 アンドリュー・スコット『Fleabag フリーバッグ』 ステラン・スカルスガルド『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』最終シーズンの最終話は複数パターン撮影か(※『ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐‐後編‐』場面写真)

    『ゲーム・オブ・スローンズ』、リーク対策でシリーズ最終話を複数パターン撮影か

    海外ドラマ

     シーズン8をもって終幕すると伝えられているジョージ・R・R・マーティン原作の人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。これまでもハッキング被害に遭って放送前のエピソードがインターネット上に流出し、オンライン海賊版が出回ったが、シリーズの結末が放送前に流出しないようにする対策として、複数パターンの最終話を撮影すると伝えられた。@@cutter 『ゲーム・オブ・スローンズ』を放送する米HBO局のプログラミングトップのケイシー・ブロイズ氏が、米ペンシルベニア州ベスレヘムのモラヴィアン大学でスピーチし、出演者でさえ、どのエンディングが正しいのか分からないように複数パターンを撮影すると明かしたという。  Entertainment Weeklyによると、「『ゲーム・オブ・スローンズ』のエンディングが誰にも分からないように、複数のバージョンを撮影します」と語ったとされるブロイズ氏。「長寿ドラマではそうする事も必要になります。撮影をしていれば気づかれますからね」「複数バージョンを撮影することで、最後まで正確な答えが分からなくなります」と説明したらしいが、局側は本件について否定も肯定もしていないそうだ。  シーズン8の制作は今秋10月から始まる予定。最終シーズンは6話構成となり、2018年後半から2019年前半に放送されることになるが、放送予定日はまだ発表されていない。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』をテーマにしたボップアップバーが出現 ※「The Popup Geeks」インスタグラム

    『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界を体験 海外でポップアップバーが登場!

    海外ドラマ

     米HBO局で2011年から放送が始まって以来、根強い人気を誇る海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』、その特殊な世界観が少しでも体験できそうなポップアップバー「Blood & Wine」が、期間限定でスコットランドのエディンバラに登場したという。@@cutter 「Blood & Wine」はエディンバラでポップアップバーを展開するThe Pop Up Geeksが、1月に毎週、水曜と木曜の限定で新市街にあるレストラン&バーのDaylight Robberyの地下室に間借りしてオープンした。あまりにも好評なため、1月26日までだった開設期間を2月23日にまで延長したとNMEが伝えている。  メニューには「キャスタリーの磐城のティリオン・ラニスターのブドウが原産」という説明つきの「Imp’s Delight」という名前のワインがあるとのこと。『ゲーム・オブ・スローンズ』にインスパイアされたドリンクや料理が提供されているほか、動物の角できたドリンク用の容器やサンダー・クレゲインのお尋ね者ポスター、剣と盾などが石壁に飾られ、七王国の強者達が現れそうな雰囲気を高めているという。  シーズン8で終了すると伝えられている『ゲーム・オブ・スローンズ』。雪不足などの影響で撮影が遅れたことで、シーズン7の放送もずれ込むことが予想されるが、エディンバラに足を伸ばせるファンにとっては「Blood & Wine」バーが、かすかな慰めになるかもしれない。

  • PrettyFamous発表「子供抜きで観るべき大人のTV番組」1位:『ゲーム・オブ・スローンズ』

    「子供抜きで観るべき大人のTV番組」ランキング、1位は『ゲーム・オブ・スローンズ』

    海外ドラマ

     海外メディアPrettyFamousが発表した「子供抜きで観るべき大人のTV番組」ランキングで、HBOが製作している人気シリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』が1位に選ばれた。@@cutter 同サイトは、放送が終えている6つのシーズンについて、「アダルトなテーマから逃げない」点を評価。そして、幼い子供が火あぶりで殺されたり、新生児が犬に食べられたり、近親相姦やレイプ、斬首や拷問といった強烈な描写がありながらも、力強いキャラクターと入り組んだプロットが、ファンにより多くを求めさせると絶賛している。  2位にランクインしたのは、故ジェームズ・ガンドルフィーニ主演の『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』。同じくHBOが製作した本シリーズは、架空のマフィア:トニー・ソプラノを描いて人気を博した。極めて正確にマフィアの世界を描いていたようで、ジェームズはたびたび本職の人間から接触を受け、絶賛の言葉やアドバイスを受けたという。  3位はゾンビがはびこる世界でのサバイバルを描く『ウォーキング・デッド』シリーズ。同名コミックを基にするシリーズは、シーズン8の製作が決定している。4位には、8シーズンにわたって製作され、連続殺人犯と鑑識官という2つの顔を持つデクスター・モーガンの姿を描いた『DEXTER/デクスター』がランクインした。  海外メディアPrettyFamousが発表した「子供抜きで観るべき大人のTV番組」ランキング1位から10位は下記の通り。 1位 『ゲーム・オブ・スローンズ』 2位 『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』 3位 『ウォーキング・デッド』 4位 『DEXTER/デクスター』 5位 『フィラデルフィアは今日も晴れ』 6位 『HOMELAND/ホームランド』 7位 『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』 8位 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 9位 『バンド・オブ・ブラザース』 10位 『FARGO/ファーゴ』

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』がライブ・コンサート・ツアーを2017年に北米で実施

    『ゲーム・オブ・スローンズ』がライブ・コンサートに! 2017年北米でツアー実施

    海外ドラマ

     大人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が、劇中に登場する楽曲を演目とするライブ・コンサート・ツアーを、2017年に北米で実施することが明らかになった。海外メディアComingSoon.net:が報じている。@@cutter ライブツアーの指揮を執るのは、『ウォークラフト』や『パシフィック・リム』の音楽を手掛けてきたラミン・ジャヴァディ。ジャヴァディは、「過去の6シーズンに渡って、私はデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスによる、ジョージ・R・R・マーティンの『氷と炎の歌』の素晴らしい翻案に作曲するため、大いに刺激を受けてきた」とコメント。そして、「音楽と最先端の技術を融合させることによって、我々は実演かつユニークなコンサートを通じて、ファンに驚くようなウェスタロスの世界をお届けすることになる」と語っている。  ライブで観客は、ウェスタロスやエッソスの様々な王国を、ドラマの映像や新たなビジュアルを通じて体験することになるという。ツアーは2017年の2月15日にカンザスシティーでスタートし、ニューヨーク、モントリオール、ボストン、ヒューストン、ラスベガス、フィラデルフィア、ワシントンD.C.、そしてカナダなど、各地で公演が行われる予定だ。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』原作シリーズ20周年を記念して発売されるイラスト版

    『ゲーム・オブ・スローンズ』原作シリーズ20周年記念、第1部イラスト版の発売決定!

    海外ドラマ

     HBO製作の人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者ジョージ・R・R・マーティンが、原作シリーズの20周年を記念するイラスト版が発売されることを発表した。海外メディアScreen Rantが報じている。@@cutter イラスト版となるのは、1996年に発売されたシリーズ第1部の『七王国の玉座』。出版元のバンタム・スペクトラは公式声明で、「文化的な超常現象を起こしたファンタジーの傑作を祝福するための特別なイラスト版の出版を発表することができ、興奮しています。全てのチャプターに収録されるゴージャスなフルページのイラストと共に、この偉大なサーガのミステリー、人間関係、ロマンス、そして冒険は、これまでにない新たな命を宿すのです」とコメントしている。  原作者のマーティンは、より詳細な内容について言及。ストーリーは同じであるものの、導入部分に前書きが加えられ、読者は73枚のモノクロイラストと、8枚のフルカラーイラストを楽しむことができるとのこと。そのうち48枚が未出のイラストで、その他のイラストは、シリーズの過去作や、カードゲーム、ボードゲーム、RPGで既に登場しているものになるという。

  • シーズン8で終わりを迎えるという人気シリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』

    人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン8で終了 米HBO局が認める

    海外ドラマ

     9月に発表される海外ドラマの祭典「第68回エミー賞」で最多23ノミネートを獲得した人気ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』。現時点で2017年放送予定のシーズン8までの制作が決まっているが、かねてから噂されていた通り、シーズン8が最終章となることを米HBO局が認めたという。@@cutter Entertainment WeeklyがTV批評家協会主催のプレスツアーにて、シリーズの終わりについて同局の番組編成トップに新任したケイシー・ブロイス氏に確認したところ、企画・製作総指揮を務めるデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスの意向に沿ってシーズン8で終了させることを認めたそうだ。  「彼らには何シーズン制作したいかについて、かなり明確な計画があります」とブロイス氏。「新任した者として、彼らにもっと作ってもらえるなら、あと10シーズンは望むところです。ですが彼らが考えるドラマにとっての最善な形を尊重します」と、ドラマの終焉は指揮を執ってきた2人に委ねることを明らかにしたという。  ベニオフとワイスの両者はシーズン8を6話構成で考えていることを明かしていたが、ブロイス氏いわく実際の話数が確定するのはもっと先になるとのことだ。『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者でドラマの製作にも携わっているジョージ・R・Rマーティンが興味を示しているスピンオフの制作については「協議した」と答え、自分も製作陣も反対はしていないが「現時点で具体的な計画はない」と語ったという。

  • ハグのリクエストにキスで応えた『ゲーム・オブ・スローンズ』のお茶目なアルフィー・アレンとイヴァン・リオン

    『ゲーム・オブ・スローンズ』宿敵ラムジーとシオンがキス!?

    海外ドラマ

     最新シーズンのシーズン6の放送が始まった人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。話中では最悪な関係にあると言えるシオン・グレイジョイとラムジー・スノウを演じるアルフィー・アレンとイヴァン・リオンは、ひとたび撮影を離れればキスするほど仲が良いらしい。(以下、『ゲーム・オブ・スローンズ』話中のネタバレあり)@@cutter  ルース・ボルトン役のマイケル・マッケルハットンと共にアルフィーとイヴァンが深夜の人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live(原題)』に出演し、カメラの前でハグとキスをすることになった。七つの王家が壮絶な覇権争いを繰り広げる『ゲーム・オブ・スローンズ』では、ボルトン家の当主ルースの落とし子であるラムジーがグレイジョイ家の末男シオンを捕らえて監禁し、肉体的にも精神的にも拷問の限りを尽くし、しまいにはシオンの男性器を切り取って去勢するということまでやってのける。  話中ではそんな最悪な関係にある2人ゆえに、司会のジミー・キンメルがアルフィーとイヴァンに実生活ではそんなことはなく2人の間にわだかまりがないことを示す上で「ハグ」を提案。すると、なんと2人はハグする前にごく自然にキスを交わし、観客から声援を贈られた。最終的にマイケルも含めて3人でグループ・ハグをして一段落しているが、ジミーには「ちょっと、ウザくなってきた」と逆に煙たがれるという始末だ。  拷問シーンがあることについて事前に知らされたというアルフィーだが、どれほど残虐な内容であるかは脚本を読むまで知らなかったそうだ。

  • 福島リラも参戦(下)! 衝撃の展開が続く『ゲーム・オブ・スローンズ』第五章に迫る

    福島リラも参戦! 衝撃の展開が続く『ゲーム・オブ・スローンズ』第五章に迫る

    海外ドラマ

     架空の王国を舞台に、複数の名家が覇権争いを繰り広げるスペクタクル巨編『ゲーム・オブ・スローンズ』。海外ドラマでありながら、映画を超える壮大なスケールで、遂に<第五章:竜との舞踏>ブルーレイ&DVDがリリースされる。同章はロケ地を5ヵ国に増やし、8ヵ月に渡るロケを敢行するなど、スケールをアップさせただけでなく、人生がガラリと変わってしまうほどの衝撃の出来事が…。その一部を見どころとともに紹介していきたい。@@cutter 前章は冷酷無比な七国王の王ジョフリーを殺害した罪で死刑判決が下されたティリオンが脱獄したのち、父タイウィンと娼婦のシェイを殺害。ヴァリスとともに逃亡したところで幕を閉じた。  主なき「鉄の玉座」の空白期から幕を開ける第五章。ティリオンの逃亡劇、そして、その“座”を狙う諸侯たちの覇権争いが壮絶さを増す。さらに、王トメンの妻マージェリーと権力争いを繰り広げるサーセイは、自身がしかけた策によって足元をすくわれる。また、軍を指揮する立場となったジョン・スノウは王との間で苦悩し、「ドラゴンの母」=女王デナーリスは手に負えないほど大きく成長した“子供たち”を前に恐れおののく…。  それぞれに大きな変化が訪れる新章。このドラマティックな展開は、最近、初来日したことでも話題となったメイジー・ウィリアムズが演じる、スターク家の次女アリアの身にも起こる。英紙のインタビューで「(第五章は)アリアの終わりよ」と驚きの発言をしていたが、その答えがやっと明らかに。ブレーヴォスに降り立ったアリアは、あることをやり遂げるために、人生が一変するほど大切なものを失ってしまうのだ。その大切なものとは?  そして、最大の衝撃は、キット・ハリントンふんするジョン・スノウ。米サイトのインタビューでは「僕は来シーズン(第六章)、戻ってこない」というキットの言葉は信じたくないが…。最後に、海外ドラマ『ARROW/アロー』シーズン3のタツ・ヤマシロ役でも出演した福島リラが、“紅の司祭役”で第3話に登場。すさまじい目力と個性的な顔立ちで、強烈な印象を残している。見逃さないよう、入念にチェックしてもらいたい。  『ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏』ブルーレイ&DVDは5月3日リリース。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』放送スタート記念イベントに登壇したメイジー・ウィリアムズ、じゅんいちダビッドソン

    『ゲーム・オブ・スローンズ』メイジー・ウィリアムズ初来日 “本田ネタ”で爆笑

    海外ドラマ

     人気海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』の日米同時放送記念イベントが19日に行われ、キャストのメイジー・ウィリアムズとお笑いタレントのじゅんいちダビッドソンが登壇した。じゅんいちがネタを披露したところ、メイジーは大笑いしており、ドラマのイメージとは違い天真爛漫な女の子の一面を垣間見せていた。@@cutter 本シリーズは、7つの王国の覇権争いを壮大なスケールで描く、米放送局HBO製作のアクションスペクタクル巨編。4月25日に6シーズン目を迎える本作は、世界193の国と地域で放送され、昨年のエミー賞では歴代最多の12部門受賞の快挙を成し遂げた。この作品でデビューを果たしたメイジーは、王国の覇権争いに巻き込まれ、孤独な旅を続ける王家の三子アリア・スターク役を演じ、現在19歳ながらその演技力が世界中から絶賛されている。  以前から日本は憧れの地だったというメイジーは「昨晩到着したばかりなので、まだどこにも行けていないのですが、今晩はフクロウカフェに行きたい」と述べ、「ほかにも、DISCOネイルや猫カフェ、ロボットレストランなど、できるだけたくさんの場所に出かけたい」と白い歯を見せた。  司会者から「本シリーズの大ファンであるアメリカのオバマ大統領は、個人的にプロデューサーにお願いして新シリーズの1話をひと足先にご覧になったそうです」とエピソードが語られると、メイジーは「個人的に、非常に不公平だと思いました。私も見せてほしいと言ったら『ダメだ』と言われたんです。オバマさんは出てもいないのに見れるとは…」と笑いを誘っていた。  海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』はスターチャンネルにて4月25日10時より日米同時放送。

  • 初来日するメイジー・ウイリアムズ

    『ゲーム・オブ・スローンズ』アリア役メイジー・ウィリアムズ来日決定!

    海外ドラマ

     壮大なスケールで世界を魅了している海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』で過酷な運命と戦い続ける少女アリア・スターク役として全シリーズに出演しているメイジー・ウィリアムズの初来日が4月19日に決定した。@@cutter 本作は、中世ヨーロッパを思わせる架空の王国を舞台に複数の女池が繰り広げる覇権争いを描くスペクタクル巨編ドラマ。脚本には小説シリーズ「氷と炎の歌」の作者ジョージ・R・R・マーティンも加わっており、小説のあらすじに沿って製作されている。ヒットを重ねた本シリーズは章を重ねるごとにスケールアップされている。  メイジーは生き残りが厳しいシリーズの中で、第一章から出演し続ける主要キャストの1人。今回の来日では都内某所でメディアとファンを招いて来日イベントを開催する。本作の舞台裏や出演者のエピソード最新シリーズのマル秘情報などが語られるという。  さらに当日はスペシャルゲストとしてじゅんいちダビッドソンが登場。世界を席巻する大作とメイジーに、“世界のHONDA”がエールを贈る。  海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』(毎週月曜)はスターチャンネルにて日本独占放送。4月25日10時スタート(日米同時放送)。

  • 米フェイスブック発表「2015年に最も話題になった番組」TOP10

    米フェイスブック発表「2015年に最も話題になった番組」TOP10<フォト集>

    海外ドラマ

    人気ソーシャルネットワーキングサービスの米フェイスブックが、毎年恒例のその年に最も話題になったトピックの総合ランキングを発表。写真と共にお届けします。

  • 『ババドック~暗闇の魔物~』で主演した女優エシー・デイヴィス(※『ババドック~暗闇の魔物~』の場面写真)

    『ゲーム・オブ・スローンズ』、シーズン6に『ババドック』女優が出演

    海外ドラマ

     七王国の熾烈な覇権争いを壮大なスケールで描く人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。シーズン6と7の製作が決まっているが、2016年4月に全米放送予定のシーズン6に、2014年に話題になったインディーズ系ホラー『ババドック ~暗闇の魔物~』(15・未)のエシー・デイヴィスが出演するそうだ。@@cutter 『ババドック ~暗闇の魔物~』では不気味な絵本「ババドック」がもたらす恐怖を体験するシングルマザーを演じたエシー。Entertainment Weeklyによると、エシーは七王国の王都キングスランディングでの騒動を描く劇「The Bloody Hand(血塗られた手)」を上演する劇団の女優で、話中の劇で“サーセイ・ラニスター”を演じるとのことだ。  オーストラリア出身のエシーは『ババドック ~暗闇の魔物~』のほか、『シャーロットのおくりも』(06)やキアヌ・リーヴス主演『マトリックス』シリーズのマギー役で知られている。  現在、北アイルランドとスペインでシーズン6の撮影が進んでいるという『ゲーム・オブ・スローンズ』。新キャストには、映画『ハリー・ポッター』シリーズのコーマック役で知られるフレディ・ストローマや、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』(11)のイアン・マクシェーン、『ドム・ヘミングウェイ』(15・未)のリチャード・E・グラントなどが名を連ねる。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演するフレディ・ストローマ

    『ハリポタ』コーマック役俳優、『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演

    海外ドラマ

     ギネス世界記録を樹立した米HBO局の人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。アメリカでは来春にシーズン6の放送が始まるが、映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(09)や『ハリー・ポッター 死の秘宝』(10)などでコーマックを演じたフレディ・ストローマがシーズン6に出演するそうだ。TV LineやBuzz Feedが伝えた。@@cutter フレディが演じるのは、キット・ハリントン演じるジョン・スノウの盟友、サムウェル・ターリー(ジョン・ブラッドリー)の弟ディコン・ターリーだそう。ドラマの中でディコンがどう描かれるかは不明だが、ジョージ・R・R・マーティンの原作では、父に見放され壁に送られて冥夜の守人(ナイツ・ウォッチ)になるサムウェルに代わり、ターリー家の領地を受け継ぐことになる人物だ。  フレディは『ハリー・ポッター』シリーズ後、SFホラー『エクストラ テレストリアル』(14)に出演。今年6月に米Lifetime局で放送された10話構成のドラマ『UnREAL(原題)』では、憎めない女たらしという役どころのアダム・クロムウェルという独身男性を好演したという。  『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6にはフレディのほか、映画『カムバック!』(14)や『ヘラクレス』(14)のイアン・マクシェーン、映画『エクソシスト』(74)のマックス・フォン・シドーなどが新キャストに加わっている。

  • 海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』がギネス世界記録を樹立

    『ゲーム・オブ・スローンズ』、世界同時放送でギネス世界新記録を樹立

    海外ドラマ

     ジョージ・R・R・マーティンの人気小説「氷と炎の歌」シリーズをベースにした海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が、世界同時放送のギネス世界記録を樹立し、9月10日に発売される2016年版に掲載されることが明らかになった。@@cutter Entertainment Weeklyによると、『ゲーム・オブ・スローンズ』は現地時間4月20日に放送されたシーズン5の第2話が、世界173の国と自治領で同時放送されて新記録を樹立したという。  『ゲーム・オブ・スローンズ』はその人気のゆえに海賊版ダウンロードの最も多いドラマとして知られるが、シーズン5の第1話が放送される前に海賊版がネットに流出するという騒動が起きていた。世界同時放送はこうした海賊版の流出と違法ダウンロードに対抗する策の1つでもあるようだ。  同ドラマでアリア・スタークを演じる女優メイジー・ウィリアムズが、番組を代表して認定証を受け取ったとのことで、Entertainment Weeklyでは額に入った認定証を持って微笑んでいるメイジーの写真が紹介されている。メイジーはチャリティの一環でこの夏、地上1万5000フィート(約4572キロメートル)からスカイダイビングを行い、ギネス世界記録を打ち立てる予定だったが、その当日は悪天候に見舞われ延期を余儀なくされたそうだ。

  • シーズン8で終了か(※海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の場面写真)

    『ゲーム・オブ・スローンズ』、シーズン8で終了か 前日譚の可能性も?

    海外ドラマ

     映画並みの壮大なスケールで人気を博す米HBO局の海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズが、シーズン8で終わるかもしれないという。同ドラマを製作・放送するHBO局の番組編成責任者マイケル・ロンバルドが、今夏のTCA(テレビ評論家協会)プレスツアーで示唆したそうだ。E!OnlineやTV Lineなどが伝えた。@@cutter 本国アメリカやイギリスでは来春に放送予定のシーズン6の撮影が始まっている同ドラマが、ジョージ・R・R・マーティン原作の小説に追いついたことを受け、記者からドラマの終焉について尋ねられたロンバルドは「“シーズン7をもって終わり”という話は一度もしなかった。問題はシーズン7以降、どこまでやるかだ」とコメントしたそうだ。  結局は同ドラマの共同クリエーターを務めるデイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイス次第とのことだが、「彼らはシーズン6の後、2年と考えているようだ。彼らには考えを変えてほしいと常々思っているが、現状ではそうなりそうだ」とロンバルドは続けたという。  現シリーズの前日譚となる新シリーズの可能性については、「ダンとデヴィッドが『ゲーム・オブ・スローンズ』や他のことでやりたいということがあれば喜んで話を聞くつもりだ。我々にしてみれば、彼らが何をやりたがっているかなんだ」とロンバルド。前日譚で掘り下げられるストーリーが多々あり、マーティン、ベニオフ、ワイスが望むならバックアップする用意があるが、現在は『ゲーム・オブ・スローンズ』の今後数年間をどうするかに全神経を集中しているという。

  • 「史上最高のテレビドラマ・キャラクター」TOP10フォト集

    「史上最高のテレビドラマ・キャラクター」TOP10フォト集

    海外ドラマ

    英映画誌「Empire」が恒例の「史上最高のテレビドラマ・キャラクター10人」を発表。今回選出されたキャラクター達を特集します!

  • ニコラス・ケイジ(左)が『ゲーム・オブ・スローンズ』キャラに変身!

    ニコラス・ケイジ、『ゲーム・オブ・スローンズ』キャラになったコラ画像が話題沸騰

    セレブ&ゴシップ

     米掲示板サイト「reddit」で人気の俳優ニコラス・ケイジ。この掲示板には彼に捧げた「One True God(唯一まことの神)」というコミュニティがあるそうだが、人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の登場人物の顔が、ことごとくニコラスの顔に置き換えられたコラ画像が話題になっている。@@cutter コラ画像コレクションのタイトルは「ケイジ・オブ・スローンズ(A Cage of Thrones)」。ハンドルネーム “CarlosDanger100”の作品で、ドラマに登場する30人のキャラクターの顔をニックの顔に置き換えたという。画像アップロードサイト「imgur」に投稿されたコラ画像のリンクがredditに貼られると、画像を見た他のユーザーから「スタニス、ブラン、タイウィンが秀逸だ」、「面白い。どれも最高傑作」、「アリアが完璧だったね」、「ものすごく馬鹿らしいけど笑える」などの反響を呼んだ。  CarlosDanger100いわく、ユーザーのお褒めに預かったスタニス・バラシオン、ブラン・スターク、タイウィン・ラニスターのコラ画像では、明かりの加減がぴったり合うニコラスの写真を見つけることが出来たという。  もちろんニコラスは、ショーン・ビーンが演じたエダード・“ネッド”・スタークや、キット・ハリントン演じる、黒髪がセクシーなジョン・スノウ、エミリア・クラーク演じるデナーリス・ターガリエンなどにも変身。爆笑系からキモカワ系、衝撃系まで、あらゆる「ケイジ・オブ・スローンズ」が勢揃いし、見た者を虜にしている!?

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』の共演者ジェイソン・モモアとの撮影秘話を明かしたエミリア・クラーク(※『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記』の場面写真)

    『ゲーム・オブ・スローンズ』E・クラーク、夫役俳優との“あのシーン”について暴露

    海外ドラマ

     人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でデナーリス・ターガリエン役を演じる女優エミリア・クラークが、英人気トーク番組「The Graham Norton Show」に出演。シーズン1と2で夫を演じたカール・ドロゴ役ジェイソン・モモアとのセックスシーンでの秘話を語り、スタジオの観客を沸かせた。@@cutter 「ジェイソンはとても面白い人よ。ウィスキーを少し飲むと本当に面白くなるの」とエミリア。シーズン1の当初で話題になったドロゴとの暴力的なセックスシーンの撮影を振り返り、当然のごとく裸になるためムードを明るくしようと努力したという。俳優の場合、海外では前張りではなく靴下のような袋で陰部を覆い隠すことがあるが、ジェイソンは「隠し用靴下ではなく、かわいいピンクのフワフワがついた靴下を使うことにしたのよ」とエミリア。それを近くに見ながら恐がっている芝居をするのには苦労し、笑いが止まらなかったと楽しそうに語った。  その当時のエミリア、実は「大きいし、ピンクだし、どうしていいか分からない!」という心情だったらしい。スタジオの観客からドッと笑いが巻き起こると、ハッとしたように口を押さえ笑い出し、「ポロッと言っちゃったわね」と顔を赤らめた。  アメリカでは14日(現地時間)にシーズン5のフィナーレが放送された『ゲーム・オブ・スローンズ』。激しい暴力や性描写がたびたび話題になるが、撮影は時に緊張感をほぐしながら楽しく進められているようだ。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』ジョン・スノウ役キット・ハリントンが重大発言

    『ゲーム・オブ・スローンズ』ジョン・スノウ役俳優、来シーズンについて重大発言

    海外ドラマ

     ジョージ・R ・R ・マーティンの人気小説『氷と炎の歌』シリーズをドラマ化した米HBO局の『ゲーム・オブ・スローンズ』。本国アメリカではシーズン5の最終話が6月14日(現地時間)に放送された。シーズン6の製作は決まっているが、ジョン・スノウ役で人気の俳優キット・ハリントンは、シーズン6への出演について重大発言が飛び出した。<ネタバレあり>@@cutter 毎年シーズンフィナーレの放送後は、その衝撃的な内容が話題になる『ゲーム・オブ・スローンズ』。必ず小説通りに進行するわけではないが、小説シリーズ第4部『乱鴉の饗宴』と第5部『竜との舞踏』をベースにしているというシーズン5の最終話を受け、キットはEntertainment Weeklyとのインタビューで以下のように語ったそうだ。  企画・製作総指揮のデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスと座り、話し合ったというキット。「このドラマでは先のことについては何も聞かされないが、今回だけは違った。座るよう言われて“こういうふうになる”と説明された。その先が見かけとは違うなら僕は聞かされていない。デヴィッドとダンとジョージの頭の中にだけあることだ。僕は来シーズン、戻ってこない。僕が話せることはそれだけだよ」と話したという。  キットは昨年、出演料の交渉が難航し、シーズン6への出演が危ぶまれていたと報じられたが、その件については「その噂が出た時は腹が立った。どこから湧いた話か知らないが、多くの点で誤っていた」と、噂が事実無根であると明言したという。  一体、ジョン・スノウに何が起こるのか。そして後のシーズンにどんでん返しはあるのか…。

  • ピーター・ディンクレイジがコールド・プレイとタッグを組み『ゲーム・オブ・スローンズ』の歌を熱唱

    『ゲーム・オブ・スローンズ』ティリオン役俳優、亡き登場人物たちの歌を熱唱

    海外ドラマ

     人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の人気キャラクター=ラニスター家の次男ティリオンを演じるピーター・ディンクレイジ。英バンド「コールドプレイ」とチャリティー・イベント「Red Nose Day」でタッグを組み、『ゲーム・オブ・スローンズ』の亡き登場人物について歌い、「俺はまだピンピンしてる」と演じるキャラクターの健在ぶりを見せつけた。<ネタばれあり>@@cutter ジョージ・R・R・マーティン原作の『ゲーム・オブ・スローンズ』と言えば、登場人物が次々に命を落とすことでも有名。「Red Nose Day」は「楽しみ、人を笑わすことで、貧困生活を送る子供と若者たちのために援助資金を集める」ことを目的にしており、今回の歌が誕生したようだ。  プロモーション用の映像では黒いスーツで決めたピーターが、「まだピンピンしてる」と歌い出す。「ネッド<エダード>・スターク(ショーン・ビーン)を覚えているか。楽しいヤツだったな。だがシーズン1から先には進めなかったな」「ロバート・バラシオンはあの一団の1人だった。だがヤツはシーズン2に辿り着けなかった」「北の王はクールだったよな。こいつも人気があったが結局死んじまった」という感じで続く。  この歌によるとピーター演じるティリオンはまだ安泰のようだ。「ベイビー、俺はオールシーズンの男なんだ。いろんな理由で登場人物たちは外される。ちっとも長続きしない役もあるが、俺は違うぜ。俺はまだピンピンしてる」。続きは現地時間21日にNBC局で放送される「Red Nose Day」の番組内で分かるそうだ。ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は、現在アメリカでシーズン5が放送中。シーズン6の製作も決定しており、人気は衰えることを知らない。

  • 海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5で意外な人物に死が訪れる?(※『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4場面写真)

    『ゲーム・オブ・スローンズ』原作者が警告、シーズン5で驚愕のサプライズか

    海外ドラマ

     七王国の覇権争いを描くジョージ・R・R・マーティンのファンタジー小説をシリーズ化した人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。本国アメリカではこの4月から放送が始まるシーズン5が製作されているが、同ドラマに共同製作総指揮として携わるマーティンが、原作では死なないキャラクターが新シーズンで最期を迎えると明かしたそうだ。@@cutter マーティンはShowbizz411とのインタビューでシーズン5について語り、「原作では死なない者たちが死ぬことになるから、原作の読者でさえ不満を抱くだろうね」と話し、「だからみんな、気を抜かないことだ。デヴィッド(・ベニオフ)とD・B(・ワイス)は、私より血に飢えている」と、ドラマのクリエイター達が意外な人物の死を画策している可能性を示唆したという。    もちろん、誰が息絶えることになるか、キャラクター名は明かされていない。Deadlineによると、過去にも原作では死なない登場人物がドラマでは死に至ったことがあるとのことだが、わざわざマーティンが触れていることから、前よりも主要キャラクターになる者たちが消えるのではないかと思案している。  昨年12月にはスターク家の次女アリアを演じるメイジー・ウィリアムズが、「アリアにとって大きなエンディングが待っている」と意味深なコメントを発しており、どういう意味なのかとメディアで大きく取り上げられた。ほぼ原作に忠実だったシーズン1から、徐々に独自路線を歩み出したという『ゲーム・オブ・スローンズ』。シーズン5で原作ファンをヤキモキさせる展開があることは確かのようだ。

  • キット・ハリントン、2期連続で「JIMMY CHOO/ジミー チュウ」に<写真は2014年秋冬より>

    『ゲーム・オブ・スローンズ』キット・ハリントン、“セクシーさ”で有名ブランドの顔に

    セレブ&ゴシップ

     日米で大人気の海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でジョン・スノウ役を演じているイケメン俳優キット・ハリントンが、人気ブランド「JIMMY CHOO/ジミー チュウ」2015年春の新広告に登場することが分かった。キットは、同ブランドの2014年秋冬コレクションに続き、2期連続となる。@@cutter 撮影は、有名写真家スティーブン・クラインが手掛けており、出来上がった広告の中でキットは、シルバーのベルグラビアのハイカットスニーカーを履き、スポーツカーのボンネットの上に身をかがめた姿や人気のスローン・スリッパを身に着け運転している姿を披露している。    クリエイティブ・ディレクターのサンドラ・チョイ氏は、メンズ香水「ジミーチュウ マン」の顔も務めるキットの魅力について「クールな態度と内に秘めたセクシーさ」と述べ「ジミーチュウの男性像を完璧に体現している」と称賛している。  一方、レディース向けコレクションの顔には、オンドリア・ハーディンを起用。若干15歳でシャネルの顔に抜擢されたスーパーモデルのオンドリアが、「JIMMY CHOO/ジミー チュウ」2015年春の新広告では、ショートの髪を後ろに流した姿で登場する予定だ。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5でアリア・スタークに何が起きるのか

    『ゲーム・オブ・スローンズ』女優が爆弾発言!まさかの事態に「読むべからず」警告

    海外ドラマ

     ジョージ・R・R・マーティンのファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』をテレビドラマ化『ゲーム・オブ・スローンズ』。米ケーブルテレビ局HBOの人気ドラマは現在、シーズン4までの放送が終わり、来年4月から予定されているシーズン5の放送が待たれているが、同シリーズでスターク家の次女アリアを演じるメイジー・ウィリアムズがそのアリアについて意味深な発言をし、注目されている。@@cutter 「シーズン5のネタバレになり得るため、知りたくない人は読むべからず」とメイジーの発言を取り上げたメディアがこぞって警告している内容は、メイジーが英紙The Guardiansとのインタビューで語ったことだ。  メイジーは新作映画『Cyber Bully(原題)』のプロモーションだったが、話題が『ゲーム・オブ・スローンズ』に及ぶと、「アリアにとって大きなエンディングが待っている。彼女はいわばバラバラにされている状態で裂け目の向こう側が見えることになる」と意味深なコメントを残したという。その発言が具体的に何を意味するかは不明だが、「もうすぐ終了なの。だから、彼ら(製作陣)が来年はどうするつもりなのか私には分からないわ。みんなが知っている限り、アリアの終わりよ」と語っている。  終わり=死とは限らないが、王座を巡り激しい覇権争いが続く『ゲーム・オブ・スローンズ』。小説と必ずしも同じ展開になるとは限らないドラマとあり、メイジーの発言がどういうことなのか、様々な推測が始まっているようだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access