クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

リベンジ シーズン2 関連記事

  • 『リベンジ』オリジナルシリーズで主人公を演じたエミリー・ヴァンキャンプ

    『リベンジ』、ラテン系の主人公でスピンオフ続編ドラマ企画が進行中

    海外ドラマ

     2011年から2015年の4シーズンにわたって繰り広げられた、復讐がテーマの海外ドラマ『リベンジ』。オリジナルシリーズを放送した米ABC局が、スピンオフ続編ドラマの制作に取り掛かっているとThe Hollywood Reporterが報じた。@@cutter 女優のエミリー・ヴァンキャンプ演じるアマンダ・クラークが、エミリー・ソーンという偽名を使い、父親を陥れた人間に復讐するため、ハンプトンズの上流階級に潜り込む復讐劇の『リベンジ』。現在、企画が初期段階にあるというスピンオフ続編ドラマ版は、ラテン系移民の若い女性が主人公になるという。  主人公はオリジナルシリーズに登場した人物の手引きを受けながら、生化学者の母親の殺害、家族の崩壊、感染症のまん延をもたらした巨大製薬企業の一族に復讐を誓い、マリブにやって来るというストーリーになるそうだ。再登場するオリジナルシリーズのキャラクターが誰かは不明。主人公を含む新キャストは決まっていないという。  オリジナルシリーズの脚本を担当したジョー・ファッジオと、企画・製作総指揮を務めたマイク・ケリーが、続編シリーズの脚本を共同執筆すると共に、製作総指揮に名を連ねる。テンプル・ヒルとABCスタジオが制作するとのことだ。

  • 海外ドラマ『リベンジ』がシーズン4で終了(※同作品のイベント時の写真)

    『リベンジ』、シーズン4で終了決定 スピンオフの可能性は?

    海外ドラマ

     日本では真田広之が出演したことでも話題を呼んだ海外ドラマ『リベンジ』。2011年から米ABC局で放送されてきたが、現在放送中のシーズン4をもって終了することが正式発表された。E!OnlineやEntertainment Weeklyなど海外メディアが伝えた。@@cutter 『リベンジ』は米ニューヨーク州の高給住宅地ハンプトンを舞台に、“エミリー・ソーン”と名乗る本名アマンダ・クラークが、無実の罪で投獄され死んだ父を陥れた人間たちに復讐を企てるストーリー。アメリカでは現在シーズン4が放送中だが、同ドラマの製作総指揮を務めるサニル・ネイヤーが、5月10日(現地時間)に放送予定の第23話をもって終了することを明かしたという。  第23話の出来を見て、ドラマのフィナーレにふさわしいとの判断に至ったと、ネイヤーは話し、局とはフィナーレについてしばらく協議を続けていたという。ネイヤーいわく、最終話は少しばかりクリフハンガー(続きがあるような終わり方)になっているそうだが、「感情の高ぶりやショッキングな出来事が展開する」とのこと。ドラマのファンが望んだこと、望むとは知らなかったこと、予想しなかったことの3要素が、抜群のバランスでミックスされているフィナーレになるという。    一方、ABCで新しく製作されるドラマに、『リベンジ』の脚本家サリー・パトリックが執筆する『The Kingmakers(原題)』がある。同作が『リベンジ』に似ているとのことで、スピンオフではないかと噂されているそうだ。青年が別の人物に成りすましてアイビーリーグの学校に潜入し、姉の死の謎に迫るというストーリーだそうだが、ネイヤーは多くを語れないと言いつつ、スピンオフではないと否定した。しかし「絶対にないとは言わない」と語ったという。

  • マーベルが人気海外ドラマ『リベンジ』をコミック化(※米マーベル公式サイトのスクリーンショット)

    人気海外ドラマ『リベンジ』、マーベルがコミック化!主人公エミリーの秘密が明らかに

    海外ドラマ

     日本でも放送&DVD発売され、真田広之が出演したことでも話題の海外ドラマ『リベンジ』が、人気アメコミヒーローを生んだ米マーベルにてコミック化されることが発表された。@@cutter 本作は、“エミリー・ソーン”と名乗る若い女性の復讐劇。本名アマンダ・クラークは無実の罪で投獄された、今は亡き父を陥れた人間たちに復讐するため、名前を“エミリー・ソーン”に変え、かつて住んでいたニューヨークの高級住宅地ハンプトンに戻ってくるというストーリー。  マーベルがグラフィックノベルとして、今年9月3日(現地時間)にアメリカで出版する予定の『Revenge:The Secret Origin of Emily Thorne(原題)』では、エミリー誕生の秘話に迫るという。  シーズン1には“師匠”という関係で真田広之扮するサトシ・タケダという日本人男性が登場するが、マーベルの公式サイトに掲載されている同コミックの表紙は、ブロンドの若い女性が両手に日本刀を持っているというもの。日本での訓練を終えたヒロインがスイスのジュネーブに渡り贅沢な上流階級の世界に浸る中、自分の過去に関する秘密を知り、初めてのミッションに乗り出すという筋書きになっているようだ。  本作の原作は、ドラマの脚本を担当するテッド・サリバンとエリカ・シュルツ。画はヴィンセンツォ・バルツァーノ、表紙のイラストはDCコミックスの『バットマン』やヴェルティゴの『American Vampire:Lord of Nightmares(原題)』などを手掛けたダスティン・ヌエンが担当しているそう。  脚本担当のシュルツは「この物語では、エミリーに“制裁”の経験がなかった過去に遡ります。彼女は間違いを犯し、その中から学んでいきます」と語る。だがドラマの中のエミリーとは違い、その頃のエミリーには戸惑いがあり、コミックにはそんなエミリーの姿も描かれるという。また、ドラマの視聴者が疑問に思ったことへの答えがあちこちに見つかるそうなので、ファンにとってはたまらない一冊になりそうだ。

  • 『リベンジ』シーズン2

    共演者が主演女優を絶賛!究極の復讐ドラマ『リベンジ2』特別編成で一挙放送

    海外ドラマ

     若く美しいセレブリティが繰り広げる、究極の復讐ドラマ『リベンジ』の特別編成番組『リベンジ ウィーク 沈没への序章』が10日から放送される。@@cutter 今作は、全米でのべ1.8億人が視聴し、現在、シーズン3の制作も決定している大ヒットドラマで、日本では完全無料のBSテレビ局・Dlifeでシーズン2を放送中。特別編成番組では、『リベンジ シーズン2』の第1話から前半クライマックスを一挙放送。さらに続けて、後半の物語を占う第13話、14話も日本初放送される。  シーズン1で、名を変えて父を陥れた敵に復讐を誓ったエミリー(本名アマンダ)は、高級リゾート地ハンプトンを舞台に、次々と復讐劇を繰り広げた。父親殺害の犯人と対決、後に陰謀に関わっていたのが当初ターゲットだったグレイソン家だけではないことを知ったエミリーは、新たな復讐に乗り出す。そして、シーズン2では、エミリーを取り巻く人物の過去が次々と明らかになる。中でも、エミリーと深く関わる2人の女性の謎が、大きな鍵となっている。一人目は、幼少の頃から死んだと聞かされていたにも関わらず、突然現れた母のカーラ。そして、シーズン1の最後で飛行機事故にあい、黒幕の一人と思われていたヴィクトリア。実は生きていた彼女の禁断の過去が明らかになる。  美女の華麗な復讐劇は、多くの視聴者を惹きつけ注目を集めるドラマになった。特に主人公のエミリーの人気は高くエミリー役を演じたエミリー・ヴァンキャンプは、エミリーの魅力について「彼女は誰もが持っているある部分を、多分違ったやり方で表現しているんだと思うわ。何人かの人たちは、彼女を通して自分が体験しているように感じているかもしれない。なぜなら、ある人に復讐したいと思う経験を持ったことがあるからよ」とコメント。  一方、劇中でエミリーの復讐をサポートするノーラン・ロス役のガブリエル・マンは、エミリー・ヴァンキャンプとの共演について、「彼女のことは死ぬほど大好きなんだ。僕のノーラン役になりきって、エミリーにおせっかいを焼くのが大好きなんだよ」と話し、「僕はいつも彼女が役からすぐに戻れるようにしているんだ。いつも笑わせようとしている。正直に言って、彼女以上のアクティング・パートナーはいないよ」と絶賛した。  まだ見ていないという人は、ぜひこの一挙放送を期に復讐劇の世界に浸ってもらいたい。  特別編成『リベンジ ウィーク 沈没への序章』は、6月10日(月)~14日(金)19時~21時、15日(土)19時~23時にDlifeにて放送。

  • アフレコに初挑戦した、元AKB48の河西智美

    元AKB河西智美、大島優子から刺激を受ける! 次なる目標も宣言

    海外ドラマ

     完全無料のBSテレビ局Dlifeにて放送中の海外ドラマ『リベンジ シーズン2』にゲスト声優として参加、アフレコに初挑戦している人気アイドルグループAKB48を5月3日付けで卒業した河西智美に会って、意気込みを聞いた。また、AKB48からの卒業後の目標も聞いた。@@cutter 同ドラマは、米ニューヨーク郊外の高級住宅地ハンプトンを舞台に、謎めいた主人公エミリーが、殺害された父の仇を討つために過去の素性を隠し、美貌や知力、財力を駆使してターゲットを次々に破滅させていくという“復讐”をテーマにしたドラマ。河西は、エミリーが復讐のターゲットとするヴィクトリア(マデリーン・ストウ)の少女時代の声を吹き替える。声の出演をする第8話「起源」(5月11日放送)では、ヴィクトリアの少女時代の禁断の過去が暴かれる。  海外ドラマが好きで、普段からよく見ているという河西は、ゲスト声優として出演が決まって大喜び。しかし、実際にトライしてみると、「アニメの声優とはちがって、難しかったですね。それに、シリアスなシーンだったので、気持ちをしっかり伝えないとならないので苦労しました」と胸中を吐露した。また、「自分なりの演技とは違って、演じている女優さんの演技を壊さないように気を配りました」と収録を振り返った。さらに、「ポソポソっとしたしゃべり方をする女の子で、そんな部分をちょっとオーバーめに吹き替えなきゃいけなかったので、難しかったですね。私の出演している回では、ヴィクトリアの過去が暴かれていて、きっと、ヴィクトリアを見る目線が変わってくると思います。深いところで見ていただけると、ヴィクトリアのことを好きになってもらえるかも…」と感想を述べた。初めてのドラマ声優への挑戦に全力投球で臨んだ様子。  そんな河西は、アフレコに臨む前にメンバーの大島優子が声優を務めた映画『メリダとおそろしの森』を鑑賞して参考にしたことを明かした。「すごく上手で、メリダになりきれていて、作品に馴染めていることがスゴイなって…」と大島から大きな刺激を受けたことを懐述した。自分の収録については「時間をたっぷりかけていただいたし、仕上がりを見せていただいて、他の声優さんといい感じに馴染めていたのでうれしかったです」とにっこり。手ごたえはたっぷり、自信の仕上がりとなったようだ。@@separator 今回、河西が演じたのは、第8話にゲスト出演するヒロイン・エミリーの宿敵とも言えるヴィクトリア・グレイソンの少女時代で、物語のターニングポイントにもなる重要なエピソードになるという。復讐をテーマにしている本作にちなんで、自分がエミリーの立場だったら? という質問をしてみると、「私は友人と喧嘩しても思ったことは直接言っちゃいます。自分の意思をきちんと相手に伝えるようにと育てられました。何でも話せる友人や姉もいるので、ヴィクトリアにもそんな人がいれば良かったのに…」と自身が演じるヴィクトリアに同情を寄せた。高級リゾート地を舞台にした本作については「海外ドラマはファッションが素敵ですね。ドレスアップした姿に憧れます。こういう世界にいってみたいなって…」と瞳を輝かせた。  好きな海外ドラマを聞いてみると、『ハイスクール・ミュージカル』を挙げた河西、「歌も含めて吹き替えが出来るんだったら楽しいだろうなと思いますね」と語り、「今後は、ミュージカルの吹き替えにも挑戦してみたい」と意欲満々の様子。  河西は、昨年12月に行われた「第2回AKB紅白対抗歌合戦」にて、グループからの卒業を発表し5月3日付けで卒業したが、「中学2年生からずっとAKB48に集中してやってきたので、勉強はおろそかになってしまった。英語をきちんと勉強し直して、いつか洋楽を歌ってみたい」と強い意思をあらわにした。そして、卒業後の夢を尋ねると、「英語の勉強も含めて海外へ長期間行ってみたい」とコメントした。  「AKB48に入ったときは、ダンスも出来なかったので、プレッシャーでした。でも、毎日毎日泣きながらも練習してきたので今があると思うし、『絶対誰よりもうまくなりたい!』と思って頑張ってきた、そんな一生懸命な気持ちを持てるようになれたのはAKB48のおかげです」と語り、すがすがしい表情をみせた。今回の声優挑戦は、河西にとって次なる自信につながる機会になったようだ。卒業前に、河西はソロデビューシングル『まさか』をリリースしているが、今後も新たなるワールドにむけて、さらに活躍の場を広げていってほしい。(取材・文・写真:福住佐知子)  『リベンジ シーズン2』はDlifeにて、<吹替版>毎週土曜22時から23時まで、<字幕版>毎週金曜23時から23時54分まで放送。

  • 芦名星インタビュー

    芦名星、声優として熱く燃える! 海外ドラマ「リベンシ」シーズン2突入

    海外ドラマ

     初回放送から大反響を呼んでいる海外ドラマ「リベンシ」がシーズン2に突入。エミリー・ヴァンキャンプ演じる主演のエミリー・ソーンの声を担当している芦名星に新たな意気込みを語ってもらった。@@cutter 「リベンジ」は、昨年 3月に開局した完全無料BSテレビ局Dlifeの目玉番組として登場したドラマ。NY郊外の高級リゾート地ハンプトンを舞台に、過去の素性を隠し、主人公エミリーが父親を破滅に追い込んだ町の人々に復讐していくサスペンス。濃密なストーリー展開が話題となり、既に22話までの制作が決定。先日行われた第69回ゴールデン・グルーブ賞にもノミネートされた。  芦名は、オーディションで主人公のエミリー役を手にし、吹き替え声優に初挑戦している。芦名が演じているエミリーは、自分の父親を破滅に追い込んだ者たちに対し、美しさと知性を武器に緻密な復讐計画を大胆に実行する一方、やがて復讐とは相反する自分の正直な気持ちとの葛藤に悩み始めるという役どころ。芦名は「エミリーにはいろいろな感情、苦悩、葛藤があるので、そういう微妙な変化や気持ちの揺れを表現し伝えられるようにしたい」と続投にさらなる意欲を見せる。  エリーの感情面をつめて演じるために監督と細かく打ち合わせながらアフレコに臨んでいるという芦名は「エミリーの裏にある気持ちも確認することが多い。試行錯誤しながら演じている。今も戸惑うことがありますが、演じながら研究しています」と意気込む。芦名はプレッシャーに耐えながらも主人公が葛藤している複雑な気持ちを見事に表現している。  芦名はシーズン1を振り返り、「吹き替えを担当させていただいていると、客観的に見るという主人公の気持ちで見てしまう部分があります。エミリーの人間らしい部分とか、復讐するために捨てなくてはいけない部分がたくさんあって面白かった。常に自分を奮い立たせて刺激を与え続けてくれる役を与えてもらっているということはすごく幸福なこと」と素直な気持ちを吐露した。また、シーズン2については「シーズン1より話がさらに難しくなっているし、過去の話も出てくるので楽しみながらやっています。1話から衝撃的です」と期待をあおった。@@separator 演じているエミリーについては「目力が強くて、身振り手振り、呼吸の仕方など、表情が豊かなんです」と分析し、「日本人は感情を隠すことが多いので刺激を受けます。新しい発見があって、日々楽しいですね」と充実した笑顔をみせる。吹き替えの仕事は、芝居の感覚がいつもと違うため、本来の役者としての芝居にも確実にプラスになっているようだ。さらに努力を惜しまない芦名は、英語を身に付けるべくポジティブに取り組んでいることも明かした。芦名が活躍の場を海外に広げることも可能だ。その日を楽しみに待ちたい。芦名は、来日したエミリー・ヴァンキャンプと昨年会っている。「フレンドリーな方で、ご自身も吹き替え経験があるので、『大変な仕事よね』とねぎらっていただきました」と笑顔で語った。  本作の魅力は、復讐劇だけではなく、恋愛模様もまじっており、ジャックをはじめ、ダニエル、ノーランなど、魅力的な男性が何人も登場する。その中でお気に入りの男性を尋ねると、芦名は「ジャックが好きなんです。エミリーと結ばれるべき人間だって思っているんですね。表情も優しくて、アマンダへの真実の愛も素晴らしいし、男としての器が大きいのも魅力」と一気に語った。ジャックに思い入れが強いようだ。また、舞台となっている高級リゾート地ハンプトンの美しさも見逃せない。登場人物たちの身に着けるドレスや宝石にも目が釘付けとなる。「とにかく毎回、次が早く見たいと思わせる終わり方なので、面白いですね。毎回ドキドキのスリルがあるので、楽しんでもらえると思う」と熱くアピールした。  今年でデヒュー10年目を迎える芦名、テレビ朝日で放映された「信長のシェフ」で忍者・楓役に挑戦している。「今年はアクションに触れて、『こういうことが好き!』と実感したんです。今後はきちんとアクションを身につけようと思っています」と目標を明らかにし、新たな挑戦へ意欲を見せた。さらに、「私って、マイナス思考なところがあるので、前を向いて頑張りたい」と抱負を語った。(取材・文・写真:福住佐知子)  「リベンジ シーズン2」吹替版は3月23日(土)毎週土曜22:00~22:54、字幕版は3月29日(金)毎週金曜23:00~23:54Dlifeにて放送される。

  • ニコニコ生放送で「辛酸なめ子と語る 本音de座談会」実施!

    辛酸なめ子「リベンジ」を斬る!ニコニコ生放送「本音de座談会」開催

    海外ドラマ

     完全無料のBSテレビ局Dlifeは、復讐ドラマの決定版「リベンジ シーズン2」を、3月23日(土)22:00より日本独占初放送を開始する。本作の放送開始を記念して、人気コラムニスト・辛酸なめ子をゲストに迎え、ニコニコ生放送によるネットトークイベント「辛酸なめ子と語る 本音de座談会」の実施が決定した。無料BS局とニコニコ生放送のコラボは今回が初となる。@@cutter このトークイベントは、「リベンジ シーズン2」のストーリーや、様々なイケメンキャラクターを、“女子”ならではの視点から本音で分析する「セレブ・女子座談会」。多くのハリウッドのセレブリティに取材し、人気作品を分析してきたライターの桜井美和さんと太田万紀子さんの二人が、期待の高まる「リベンジ シーズン2」の登場人物やエピソードを解説。そこに毒舌で知られているゲストの辛酸なめ子が、鋭く率直な感想を述べていくという。セレブパーティのために着飾る女性達やイケメン達のファッションに隠されたエピソードや、彼らの本性などを、ユーモラスに、かつ風刺のきいた分析を繰り広げる予定。  また、「リベンジ」の吹替を務める人気声優がコメント映像で登場する予定。誰が登場するのかは当日の放送で要チェック!  「リベンジ」は、NY郊外の高級住宅地ハンプトンを舞台に、謎めいた主人公エミリーが、殺害された父の仇を討つため、美貌や知力、財力を駆使してターゲットを次々追い詰めていく復讐ドラマ。緻密な計画で復讐を果たしていったシーズン1とはうって変わり、シーズン2では怒涛の展開が待ち構え、登場人物全員の過去が徐々に明かされ、その誰もが暗い過去と復讐の炎を抱えているという。エミリーとグレイソン家を中心とした留まることを知らない復讐の連鎖が、今、新たな物語の幕を開ける。  「セレブ・女子分析座談会@ニコニコ生放送」は3月23日(土)放送前半20:30~22:00、後半22:45~23:15(予定)。「リベンジ シーズン2」吹替版は3月23日(土)毎週土曜22:00~23:00、字幕版は3月29日(金)毎週金曜23:00~23:54。

  • 「リベンジ」で圧倒的な人気を誇るノーラン

    億万長者の愛されキャラ、ノーランが語る「リベンジ シーズン1」総集編動画

    海外ドラマ

     復讐ドラマの決定版として、完全無料BSテレビ局Dlifeで好評を博したドラマ「リベンジ」。待望のシーズン2が3月23日(土)22:00からDlifeで日本独占初放送となる。その放送を記念して、シリーズの中でも圧倒的な人気を誇るキャラクター、ノーランが語る「リベンジ シーズン1」総集編動画が公式サイトで掲載された。@@cutter ノーランとは、父親の復讐に燃える主人公エミリーに協力するIT社長。皮肉や嫌味を口にする億万長者のセレブだが、実は登場人物のなかでも一番人間味があり、優しさも兼ね備えている特異な役柄。そのキャラクター性だけでなく、声優・三木眞一郎の吹替によって、ノーランの人物像がより魅力的なものになり、視聴者の心を捉えた。  エンタメサイト「クランクイン!(旧ハリウッドチャンネル)」で昨年実施した「リベンジ」特集ページ内のイケメン総選挙投票でも、復讐のターゲットとなるグレイソン家の長男ダニエルや、エミリーと幼なじみのジャックの票数を押さえて、人気ナンバーワンを獲得した。  そんな“愛されキャラ”のノーランが、ナビゲーターを務める「リベンジ シーズン1」総集編動画では、エミリーが復讐をする背景から、新事実が発覚する衝撃ラストまでの解説を完全網羅。さらにシーズン2の映像も見られる充実の内容に仕上がっている。  「リベンジ シーズン1」総集編動画は、Dlife公式サイトで掲載中。「リベンジ シーズン2」吹替版は3月23日(土)毎週土曜22:00~23:00、字幕版は3月29日(金)毎週金曜23:00~23:54。

  • 海外ドラマの声優に初挑戦した、河西智美

    河西智美、ドラマ「リベンジ」で声優初挑戦!AKB卒業後は「英語の歌を歌いたい」

    海外ドラマ

     アイドルグループAKB48の河西智美が19日、完全無料のBSテレビ局・Dlifeで放送される海外ドラマ「リベンジ シーズン2」にゲスト声優としてアフレコに初挑戦することになり、都内スタジオにて行われたアフレコ会見に出席して、意気込みを語った。@@cutter 本作は、昨年3月に開局した完全無料BSテレビ局Dlifeの目玉番組として登場した話題のドラマ。NY郊外の高級リゾート地・ハンプトンを舞台に、過去の素性を隠し、主人公のエミリー・ソーンが父親を破滅に追い込んだ町の人々に復讐していくサスペンス。好評につき、シーズン2へ突入。今回河西が演じたのは、5月11日放送の第8話にゲスト出演するヒロイン・エミリーの宿敵とも言えるヴィクトリア・グレイソン(マデリン・ストウ)の少女時代。  この日、ドラマにちなんで、60年代を意識したという黄色のレースのワンピース姿で登場した河西はレトロな装いがお似合い。初めてのアフレコをふり返り「不安でしたが、シリアスなシーンで、ドキドキ感もあって、楽しかった」と吹き替え初挑戦とは思えぬ余裕の笑顔をみせた。さらに「時間もたっぷり取っていただいたので、自信の仕上がりです」と自身のアフレコに100点満点をつけた。今後やってみたい役は「ちょっと憎まれ口を利くような、いじめっ子役をやってみたい」と語っていた。  一方、役作りのためにAKB48メンバーの大島優子が声優を務めた「メリダとおそろしの森」を観て参考にしたことも明かした。  リベンジというタイトルにちなんで、復讐したいと思ったことは?と質問が飛ぶと、「リベンジを復讐というよりは、あきらめないというポジティブな意味にとらえたい」とコメント。小さいころからミュージカルが好きだったと言う河西、AKB48卒業後は「英語を集中的に勉強して、英語の歌も歌えるようになりたい」と抱負を語り、新たなる世界にむけての夢を語った。  そして、河西は、ヒロイン・エミリーの宿敵でもあるヴィクトリアの少女時代が描かれる第8話について「重要なシーンになっています。ヴィクトリアのことを違う面で見てもらえるシーンになっています。ハラハラドキドキ、今後の展開も楽しみにして下さい」と見所をアピールした。  「リベンジ シーズン2」は、Dlifeで吹替版は3月23日(土)毎週土曜22:00~23:00、字幕版は3月29日(金)毎週金曜23:00~23:54に放送

  • 「リベンジ」シーズン2で、海外ドラマ声優に初挑戦する河西智美

    AKB48河西智美、海外ドラマの声優初挑戦!「リベンジ」シーズン2ゲスト出演決定

    海外ドラマ

     AKB48の河西智美が、海外ドラマ「リベンジ」シーズン2にゲスト声優として出演することが決定した。@@cutter 「リベンジ」は、2012年3月のDlife開局時の目玉番組として登場した話題のドラマ。NY郊外の高級住宅地ハンプトンを舞台に、謎めいた主人公エミリーが、殺害された父の仇を討つため、美貌や知力、財力を駆使してターゲットを次々に抹殺していく、復讐ドラマの決定版。  今回、河西は物語のターニングポイントなる第8話「起源」(5月11日放送)にて、主人公エミリーの復讐のターゲットであるヴィクトリア・グレイソンの少女時代を演じる。復讐に挑むエミリーの過去が紐解かれ、さらに、宿敵とも言えるヴィクトリアの少女時代の暗く、禁断の過去が暴かれる重要なエピソードとなる。  海外ドラマの声優に初挑戦する河西は、声優出演にあたり次のようにコメントしている。「今回海外ドラマの吹替えを初めてやってみて、役者さんがしゃべっている口に合わせてしゃべることやその女優さんがどのような気持ちで演じていたのかを考えなきゃいけなかったのが難しかったです。それに加えてその女優さんの演技もつぶさないようにしなきゃと意識するとすごく大変でしたね。アニメですけど(AKB48 大島)優子の『メリダとおそろしの森』の声の演技もすごく勉強になりました」。  「リベンジ」シーズン2は2013年3月23日(土)より、完全無料の BSテレビ局・Dlife (ディーライフ)にて放送スタート

  • ニッポン放送とDlifeでメディアミックス企画が始動する「リベンジ」

    Dlifeとニッポン放送の連動企画始動!6週間連続「リベンジ」特別番組

    海外ドラマ

     完全無料BSテレビ局Dlifeは、復讐ドラマの決定版で人気ドラマシリーズ「リベンジ」の放送を記念して、ニッポン放送と共同でラジオと放送のメディアミックスによる連動企画を展開すると発表した。@@cutter 今回の連動企画は、2月2日(土)18:00スタートの特別編成「リベンジ サタデー」(シーズン1 全22話一挙放送)にあわせて実施するもの。放送に先立ちニッポン放送では、1月28日(月)より特別ラジオ番組「BSチャンネルDlife プレゼンツ ミッツ・マングローブのごごばんトーク ~私のリベンジ~」を、3月8日(金)までの6週間連続、毎週月曜~金曜13:45~13:50にて放送する。  ドラマのタイトルでもある「リベンジ」をテーマに、毎週様々なジャンルのゲストを招き、ミッツ・マングローブと辛口トークを繰り広げつつ、毎回番組の最後にはドラマのストーリーにちなんだ“あなたならどうする?”という問いを投げかけていく。  この他にも、Dlife、ニッポン放送両局のそれぞれの番組を楽しんでもらえるように、チャンネル番号BS258にちなみ、毎週2万5,000円が8名にあたるスペシャルプレゼントキャンペーンを6週間にわたって実施する。また、ミッツ・マングローブはDlifeの放送にも登場することが決定しており、応募に必要なキーワードを知らせるとのこと。さらに、ニッポン放送のリスナーへの特典として、番組内でその週にDlifeの放送で出されるキーワードの“ヒント”を、ミッツ・マングローブが告知するという。(キャンペーンの詳細については、Dlife公式サイトにて)  特別ラジオ番組「BSチャンネルDlife プレゼンツ ミッツ・マングローブのごごばんトーク ~私のリベンジ~」は、2012年1月28日(月)13:45~スタート

  • 「リベンジ シーズン2」が遂に放送!

    復讐ドラマの決定版「リベンジ シーズン2」Dlifeで3月23日に日本独占初放送

    海外ドラマ

     完全無料BSテレビ局Dlifeは、復讐ドラマの決定版で人気ドラマシリーズ「リベンジ」のシーズン2を、3月23日(土)22:00 から日本独占初放送する。また、シーズン2の放送に先駆け「リベンジ サタデー」と題し、シーズン1を一挙に見ることができる特別編成を2月2日(土)より毎週土曜18:00 から放送するも決定した。@@cutter 「リベンジ」は、2012年3月のDlife開局目玉番組として登場したドラマ。NY郊外の高級住宅地ハンプトンを舞台に、謎めいた主人公エミリーが、父の仇を討つため、美貌、知能、財力を駆使してターゲットを追い詰める復讐劇。シーズン1はアメリカにおいてのべ1億8千万人が視聴し、Dlifeの放送でも軒並み高視聴率を獲得。復讐への緊張感や先の読めないストーリー、セレブ界のゴージャスで優美なファッション、さらにタイプの異なる魅力的な男性俳優陣など見どころ満載。日本人キャストとして真田広之の出演も話題になった。  待望のシーズン2では、エミリーが新たな復讐のためにハンプトンに戻ってくる。父親殺害の犯人との対決、そして母親の生存を知った後、陰謀に関わっていたのがグレイソン家だけではないことを知ったエミリーは、次々と湧きあがる疑問と真実の追求の前に立ちはだかる壁に挑む決意をする。復讐の連鎖とも言える運命の大きなうねりの中で、エミリーは何を見ることになるのか――。  父親の死の真相に迫るエミリーを演じるのはエミリー・ヴァンキャンプ(声:芦名星)。シーズン1から引き続き、ヴィクトリア・グレイソン役のマデリーン・ストウ(声:山像かおり)、ダニエル・グレイソン役のジョシュ・ボウマン(文:中田隼人)、ノーラン・ロス役のガブリエル・マン(文:三木眞一郎)、ジャック・ポーター役のニック・ウェクスラー(文:綱島郷太郎)、コンラッド・グレイソン役のヘンリー・ツェニー(文:牛山茂)も出演。  「リベンジ シーズン2」吹替版は3月23日(土)毎週土曜22:00~23:00、字幕版は3月29日(金)毎週金曜23:00~23:54。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access