クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

リベンジ シーズン3 関連記事

  • 『リベンジ』オリジナルシリーズで主人公を演じたエミリー・ヴァンキャンプ

    『リベンジ』、ラテン系の主人公でスピンオフ続編ドラマ企画が進行中

    海外ドラマ

     2011年から2015年の4シーズンにわたって繰り広げられた、復讐がテーマの海外ドラマ『リベンジ』。オリジナルシリーズを放送した米ABC局が、スピンオフ続編ドラマの制作に取り掛かっているとThe Hollywood Reporterが報じた。@@cutter 女優のエミリー・ヴァンキャンプ演じるアマンダ・クラークが、エミリー・ソーンという偽名を使い、父親を陥れた人間に復讐するため、ハンプトンズの上流階級に潜り込む復讐劇の『リベンジ』。現在、企画が初期段階にあるというスピンオフ続編ドラマ版は、ラテン系移民の若い女性が主人公になるという。  主人公はオリジナルシリーズに登場した人物の手引きを受けながら、生化学者の母親の殺害、家族の崩壊、感染症のまん延をもたらした巨大製薬企業の一族に復讐を誓い、マリブにやって来るというストーリーになるそうだ。再登場するオリジナルシリーズのキャラクターが誰かは不明。主人公を含む新キャストは決まっていないという。  オリジナルシリーズの脚本を担当したジョー・ファッジオと、企画・製作総指揮を務めたマイク・ケリーが、続編シリーズの脚本を共同執筆すると共に、製作総指揮に名を連ねる。テンプル・ヒルとABCスタジオが制作するとのことだ。

  • 「悪役トップ10」の1位に選ばれた『ウォーキング・デッド』のギャレス

    「テレビドラマの悪役トップ10」発表、1位は『ウォーキング・デッド』の新キャラ

    海外ドラマ

     時として主役以上にドラマを盛り上げる存在の悪役。その悪人ぶりが話題になっているのは誰なのか。Us Weeklyが、アメリカで継続中のテレビドラマから「悪役トップ10」を発表し、1位に『ウォーキング・デッド』のギャレスが選ばれた。@@cutter Us Weeklyいわく、選ばれた10人のキャラクターはみな、視聴者の背筋をゾクッとさせるという強者。計画の邪魔をし、主人公たちの行く手や目的を阻む存在となる。  1位に選ばれたのは、シーズン5に突入した『ウォーキング・デッド』のギャレス(アンドリュー・J・ウェスト)。ウォーカー(ゾンビ)より質の悪かった総督に続いて、リックたちを脅かす敵になるという人物だ。生存者たちの聖域と思われた“執着駅”にいる集団のリーダーだが、彼の残忍性はシーズン5の第1話で明らかになる。  2位はバットマン・シリーズのゴードン警部補の刑事時代を描いたバットマンの前日譚『Gotham(原題)』より、未来のペンギンことオズワルド・コブルポット(ロビン・ロード・テイラー)が選ばれた。コブルポットにはフィッシュ・ムーニーというボスがいるが、野望を秘めたコブルポットはムーニー以上に非情だそう。  3位は人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』より、策略家の摂政太后、ラニスター家のサーセイという結果になった。  Us Weekly選出、「悪役トップ10」は以下の通り。 1位 ギャレス『ウォーキング・デッド』 2位 オズワルド・コブルポット/未来のペンギン『Gotham(原題)』 3位 サーセイ・ラニスター『ゲーム・オブ・スローンズ』 4位 ピエロのツイスティ『American Horror Story:Freak Show(原題)』 5位 ジャック・ランダル『アウトランダー』 6位 キャサリン女王『Reign(原題)』 7位 ローワン・ポープ『スキャンダル 託された秘密』 8位 ヘンリー・パリッシュ『スリーピー・ホロウ』 9位 ヴィクトリア・グレイソン『リベンジ』 10位 雪の女王『ワンス・アポン・ア・タイム』

  • マーベルが人気海外ドラマ『リベンジ』をコミック化(※米マーベル公式サイトのスクリーンショット)

    人気海外ドラマ『リベンジ』、マーベルがコミック化!主人公エミリーの秘密が明らかに

    海外ドラマ

     日本でも放送&DVD発売され、真田広之が出演したことでも話題の海外ドラマ『リベンジ』が、人気アメコミヒーローを生んだ米マーベルにてコミック化されることが発表された。@@cutter 本作は、“エミリー・ソーン”と名乗る若い女性の復讐劇。本名アマンダ・クラークは無実の罪で投獄された、今は亡き父を陥れた人間たちに復讐するため、名前を“エミリー・ソーン”に変え、かつて住んでいたニューヨークの高級住宅地ハンプトンに戻ってくるというストーリー。  マーベルがグラフィックノベルとして、今年9月3日(現地時間)にアメリカで出版する予定の『Revenge:The Secret Origin of Emily Thorne(原題)』では、エミリー誕生の秘話に迫るという。  シーズン1には“師匠”という関係で真田広之扮するサトシ・タケダという日本人男性が登場するが、マーベルの公式サイトに掲載されている同コミックの表紙は、ブロンドの若い女性が両手に日本刀を持っているというもの。日本での訓練を終えたヒロインがスイスのジュネーブに渡り贅沢な上流階級の世界に浸る中、自分の過去に関する秘密を知り、初めてのミッションに乗り出すという筋書きになっているようだ。  本作の原作は、ドラマの脚本を担当するテッド・サリバンとエリカ・シュルツ。画はヴィンセンツォ・バルツァーノ、表紙のイラストはDCコミックスの『バットマン』やヴェルティゴの『American Vampire:Lord of Nightmares(原題)』などを手掛けたダスティン・ヌエンが担当しているそう。  脚本担当のシュルツは「この物語では、エミリーに“制裁”の経験がなかった過去に遡ります。彼女は間違いを犯し、その中から学んでいきます」と語る。だがドラマの中のエミリーとは違い、その頃のエミリーには戸惑いがあり、コミックにはそんなエミリーの姿も描かれるという。また、ドラマの視聴者が疑問に思ったことへの答えがあちこちに見つかるそうなので、ファンにとってはたまらない一冊になりそうだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access