SUPERNATURAL ファースト・シーズン 関連記事

  • 2月に通算300話目が全米放送される人気海外ドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』(※『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』シーズン14場面写真)

    『スーパーナチュラル』通算300話達成記念! ウィンチェスター親子が勢ぞろい

    海外ドラマ

     モンスターハンターのサム&ディーン・ウィンチェスター兄弟の活躍を描く海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。2月7日に全米放送されるシーズン14第13話で通算300話を達成することを記念して、サム&ディーン・ウィンチェスター兄弟を演じる俳優のジャレッド・パダレッキ&ジェンセン・アクレス、2人の父親ジョン・ウィンチェスター役の俳優ジェフリー・ディーン・モーガン、そして母親メアリー・ウィンチェスター役の女優サマンサ・スミスが、Entertainment Weekly誌の表紙を飾った。@@cutter 通算300話目のエピソード『Lebanon(原題)』には、シーズン2でシリーズを去ったジェフリーがジョン役でゲスト出演。ウィンチェスター兄弟と父親が再会する形となる。サマンサがゲスト出演するかは不明だ。  強力なファンベースに支えられ、シーズン14に突入した『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シリーズ。ジャレットとジェンセンはそれぞれ、“親子4人”の表紙ビジュアルと、単独の表紙ビジュアルをインスタグラムに投稿。ジャレッドは「ブラックタイのハンティングはたぶん“実用的”ではないけど、さまになっているだろ! ありがとう」と、表紙にネクタイなしのスーツ姿で登場していることをジョークにし、Entertainment Weekly誌と共演者に感謝を示した。  ジェンセンは「このイカれた節目を飾るために協力してくれたEntertainment Weekly誌に感謝する。今度のトリックでは…靴下をはくよ」とキャプションにつづり、ジャレットとジェンセンが素足で靴を履いていることをジョークにしている。  昨年にはシーズン14で終了するというウワサが流れた『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』だが、記録破りの長寿ドラマになって、もうしばらくウィンチェスター兄弟の冒険が続くことを願いたい。

  • 通算300話目にジョン・ウィンチェスター役のジェフリー・ディーン・モーガン(右)がゲスト出演(※『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』セカンド・シーズン場面写真)

    『スーパーナチュラル』兄弟の死んだ父親役の俳優、来年の再出演が決定

    海外ドラマ

     俳優のジャレッド・パダレッキとジェンセン・アクレスが、モンスターや悪霊と戦うイケメン兄弟、サム&ディーン・ウィンチェスターを演じる海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。記念すべき通算300話目に、シーズン2まで出演していた父親ジョン・ウィンチェスター役の俳優ジェフリー・ディーン・モーガンが、ゲスト出演すると分かった。@@cutter 2005年秋に米CW局で放送が始まった『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。今年10月にシーズン14が始まる長寿シリーズとなったが、ジェフリーが演じたジョンは、シーズン2で命を落とした。シーズン3ではジョンの声だけが聞かれるシーンがあったとはいえ、実に12シーズンぶりの登場となる。  製作総指揮を務めるアンドリュー・ダブ氏は、「この大きな節目となるエピソードにジェフリーを再び迎えることができて、みんな興奮している。このキャラクターの登場の仕方をファンは喜んでくれるだろう」とコメント。ほかにも数人、サプライズゲストがいることを明かしたという。  ジェフがゲスト出演する通算300話目のタイトルは『Lebanon(原題)』。賢人の館「バンカー」があるカンザス州の町レバノンが舞台になるとのことだ。本国アメリカでは現地時間2019年2月7日に放送予定。

  • 2017年に最もツイートされたテレビ番組1位:『ゲーム・オブ・スローンズ』

    「2017年に最もツイートされたテレビ番組」、1位は『ゲーム・オブ・スローンズ』

    海外ドラマ

     ツイッターが12月初旬、毎年恒例の年間ランキングを発表。話題になった映画や楽曲などとともに、2017年に最もツイートされたテレビ番組(アメリカ国内)として、2016年に続き米HBO局の『ゲーム・オブ・スローンズ』が1位に輝いた。@@cutter 人気の衰えを知らない『ゲーム・オブ・スローンズ』はシーズン8をもって終了することが決まっているが、サンサ・スターク役の女優ソフィー・ターナーが2019年まで放送がないと発言したことでネットを騒がせた。  2位は昨年の7位から飛躍的にアップしたネットフリックスの『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。2017年10月にシーズン2がリリースされたばかりだが、ファンの心をわしづかみにしており、ストリーミング配信のドラマでは最もツイートされているドラマとのことだ。すでにシーズン3とシーズン4の制作が決まっている。  興味深いのは昨年トップ10圏外だった『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。シーズン13に突入した2017年は9位に返り咲き、ウィンチェスター兄弟の人気の高さを見せつけた。    ツイッター発表「2017年に最もツイートされたテレビ番組トップ10」は以下の通り(アメリカ国内)。 1位 『ゲーム・オブ・スローンズ』 2位 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 3位 『Big Brother(原題)』 4位 『13の理由』 5位 『サタデー・ナイト・ライブ』 6位 『ウォーキング・デッド』 7位 『グレイズ・アナトミー』 8位 『ザ・ヴォイス』 9位 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』 10位 『プリティ・リトル・ライアーズ』

  • 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』で共演するジェンセン&ダニール・アクレス夫妻 ※「ダニール・アクレス」インスタグラム

    『スーパーナチュラル』ジェンセン・アクレス、シーズン13で妻ダニールと共演

    海外ドラマ

     悪霊ハンター、サム&ディーン・ウィンチェスター兄弟の活躍を描く人気海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。弟のサムは、ジャレッド・パダレッキが演じているが、兄のディーン役のジェンセン・アクレスが、妻で女優のダニール・アクレスと、シーズン13で夫婦共演することになりそうだ。@@cutter Varietyによると、本作にゲスト出演するダニールが演じるのは“シスター・ジョー”というキャラクター。名の知れた信仰治療のヒーラーで、彼女の善行が悪魔ルシファー(マーク・ペルグリノ)の注意を引くことになるようだ。このシスター・ジョーが最初に登場するのは第13話で、以後、複数話に出演する予定とされている。ジェンセンとの共演シーンがあるかは不明だが、二人が揃って登場するシーンを期待するファンも多いはず。  『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』に出演の決まったダニールは、「このファミリーに仲間入りできて心から光栄です。はじまるのが待ち遠しい!」とツイート。そして、撮影初日に、ドラマのセットで撮影したと思われるジェンセンとのツーショット写真を自身のインスタグラムに投稿し、「みんな真剣に打ち込んでいるわ」と撮影の様子を報告した。  ファンからは、「早く観たい」「待ちきれない。大興奮してる」など、夫婦共演を待ち望む声が寄せられている。  引用:https://www.instagram.com/danneelackles512/

  • 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』スピンオフドラマはジョディ・ミルズ保安官が主人公

    『スーパーナチュラル』、ミルズ保安官が主人公のスピンオフドラマが制作へ

    海外ドラマ

     モンスターや悪霊と戦うウィンチェスター兄弟の活躍を描く人気海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シリーズ。2013年から2014年に持ち上がったスピンオフドラマ『Supernatural:Bloodlines(原題)』は、シーズン9第20話にスピンオフへつながる予定だったバックドア・パイロットが放送されたのみでシリーズ化は実現しなかったが、新たなスピンオフ『Wayward Sisters(仮題)』が制作されるという。@@cutter Deadlineによると、スピンオフはオリジナルシリーズでキム・ローズ演じるジョディ・ミルズ保安官が主人公になるという。ミルズ保安官による訓練と保護を受けて、超常現象などが原因で家族を失った若い女性達がモンスターハンターとして活躍する様を描くとのことだ。血のつながりはないものの、似たような境遇で育つ少女達の姉妹愛もテーマになるという。  現在、オリジナルシリーズから出演することが決まっているキャストはキムのみだが、新キャラクターに混ざりオリジナルシリーズの他のキャラクター達も登場することが見込まれるとのこと。伝えられるスピンオフの内容からすると、ミルズ保安官が面倒をみている孤児のクレア・ノバックや家出娘のアレックス・ジョーンズなどが登場する可能性がありそうだ。どのようなキャストになるのか楽しみだ。  米CW局で10月に放送予定の『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シーズン13で、新スピンオフのバックドア・パイロットが放送されることになっているそうだ。

  • 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』がアニメ『スクービー・ドゥー』とクロスオーバー

    『スーパーナチュラル』、イケメン兄弟がアニメ『スクービー・ドゥー』とコラボ

    海外ドラマ

     今年後半にシーズン13に突入する予定の人気海外ドラマ『SUPER NATURAL スーパーナチュラル』。1969年から続く人気長寿アニメ『スクービー・ドゥー』とのコラボが実現し、ウィンチェスター兄弟がアニメになって『スクービー・ドゥー』のグレート・デンのクルッパーと共に登場するという。@@cutter TV Lineによると、ディーン&サム・ウィンチェスター兄弟を演じるジェンセン・アクレスとジャレッド・パダレッキが、同ドラマを放送する米CW局の「Upfront」プレゼンテーションで登壇し、「『スクービー・ドゥー』の世界が舞台となる全編アニメ」のエピソードが制作されることを発表したとのことだ。  発表時にはクルッパーを真ん中にしたディーンとサムのイラストもスクリーンに映しだされ、2人のアニメ版の姿が明らかになっている。アニメ版のエピソードはシーズン13で放送される予定だが、どの回になるかは不明。ミシャ・コリンズ演じるカスティエルやマーク・ペルグリノ演じるルシファー、マーク・A・シェパード演じるクラウリーら他のキャラクターが登場するか否かも明らかになっていない。  シーズン12ではサムと共に呪われた館にやって来たディーンが、『スクービー・ドゥー』に登場するダフネとフレッドについて語るシーンもあったというが、どのようなクロスオーバーになるのか、全容が明かされるのを楽しみにしたい。

  • 「21世紀最高のテレビキャラクター」1位:『ドクター・フー』の10代目ドクター

    「21世紀最高のテレビキャラクター」発表、1位は10代目ドクター・フー

    海外ドラマ

     イギリスのエンタメサイトDigitalSpyがオンライン投票による「21世紀最高のテレビキャラクター」ランキングを実施。24万1000票が投じられ、イギリスの長寿ドラマ『ドクター・フー』の10代目ドクターが栄えある1位に輝いたという。@@cutter 編集部は主に2000年以降の様々なドラマに登場した70人のキャラクターを選出。的を絞るために、1つのドラマから1人だけを選抜。オンラインでの一般投票では合計24万1000票が投じられたという。  1963年に始まったSFアドベンチャー・ドラマの『ドクター・フー』。現在のピーター・キャパルディを含み、12人がドクター・フーを演じてきた。今回1位に選ばれた10代目ドクター(2005~2010年)を演じるのはデヴィッド・テナントだ。獲得票数は3万5000票。    1位と3000票差で2位に就いたのは、『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』のカスティエル。演じるのはミシャ・コリンズで3万2000票を獲得した。以下、票数がグンと減り、3位は1万3000票で『SHERLOCK/シャーロック』のシャーロック・ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)という結果に。  女性キャラクターでは初めて、『吸血キラー/聖少女バフィー』の吸血鬼ハンター=バフィー・アン・サマーズ(サラ・ミシェル・ゲラー)が6位にランクインした。  DigitalSpy発表、「21世紀最高のテレビキャラクター」トップ10は以下の通り。 1位 10代目ドクター/『ドクター・フー』 2位 カスティエル/『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』 3位 シャーロック・ホームズ/『SHERLOCK/シャーロック』 4位 ハンニバル・レクター/『ハンニバル』 5位 ティリオン・ラニスター/『ゲーム・オブ・スローンズ』 6位 バフィー・アン・サマーズ/『吸血キラー/聖少女バフィー』 7位 マル・レイノルズ/『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』 8位 グレゴリー・ハウス/『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』 9位 ダリル・ディクソン/『ウォーキング・デッド』 10位 シェルドン・クーパー/『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』

  • 『スーパーナチュラル』サム&ディーン兄弟を演じるジャレッド・パダレッキとジェンセン・アクセル

    『スーパーナチュラル』シーズン15第300話で有終の美?制作陣がキャストとの話し合いを明かす

    海外ドラマ

     モンスターハンター、ウィンチェスター兄弟の活躍を描く人気海外ドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』。シーズン11に入っても人気は衰えることを知らず、シーズン12の制作も決まっているが、通算250話が視野に入り、キリのいい第300話を目処に有終の美を飾ることをキャストや制作陣が考えているかもしれない。@@cutter 同ドラマを放送する米CW局の社長マーク・ペドウィッツ氏はサム役のジャレッド・パダレッキとディーン役のジェンセン・アクレスが満足し、視聴率が好調な限り、ドラマは続くと話していたが、Entertainment Weeklyによると、ジェンセンは「僕はマラソンの時に次のマイルを見据えている。300話はいい目標になると思う」と語ったという。第300話はシーズン14の13話目あたりになるが、短めのシーズンにするにはちょうどいい数字だ。ジェンセンと製作総指揮のボブ・シンガーはその選択肢についても話し合ったそうだ。  シンガーは「僕達は終わりがいつか知っておきたいと語り合った。それで決めるなら300話目だなと感じた。13話から成るストーリーなら伝えられるとね」と語り、ジェンセンとの会話を要約した。  ジェンセンもジャレッドも先走って考えることはしたくないと思っているようだが、「もし300話までいったら、アクレスと僕は2人ともがっくり来ると思う」とジャレッド。「300話に到達したら僕達はサヨナラを言う時期が来たと思いそうだ。何があるか分からないが、僕達は2人とも300話までいけると過信したりしないよ」と続けている。  ひとまずは300話を目標にしているというジェンセンとジャレッド。ファンとしては2人がいつまでもディーンとサムを演じ続けてくれることを願いたいところだろう。

  • 『スーパーナチュラル』ウィンチェスター兄弟を演じる、ジャレッド・パダレッキとジェンセン・アクレス

    『スーパーナチュラル』ジェンセン&ジャレッド、二人が望む“兄弟”の最後とは?

    海外ドラマ

     現在、米CW局でシーズン11が放送中の人気海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。シーズン12の製作も決定しており、見納めになることはだいぶ先の話になりそうだが、同ドラマで主演のサム&ディーン・ウィンチェスター兄弟を演じる俳優ジャレッド・パダレッキとジェンセン・アクレスは、シリーズのフィナーレをどのように飾りたいと思っているのだろうか。Entertainment Weeklyからの質問に、2人はこう答えているそうだ。@@cutter 時の流れと共に多くが変化したというジャレッド。「僕は『明日に向って撃て!』が好きだから、ウィンチェスター兄弟が絶体絶命の状況にいる中で画面がフリーズし、何か騒ぎが起きている音が聞こえるというイメージを想像する。視聴者は2人が死んだのか、生きているのか分からないけど、輝かしい栄光に向かっていることは分かるんだ」と、理想のエンディングを説明した。  さらにジャレッドは、シーズン5の最終話を見返したと話し、「2人が世界の終焉を目の前にしているのもいいね。もしくはトランクから見上げる形でカメラが僕らを捉え、僕らがトランクの中に武器を投げ入れて“俺達にはやることがある”みたいなことを言っているとか」と続け、「色々な意見や解釈が出せるだろ。2人が死ぬとか生きるとか見せずに、視聴者がどうなったんだと想像するのがいいよ」と結論づけた。1つ言えることは、どんなエンディングになっても、「ウィンチェスター兄弟は生きている限り、戦い続ける」というのが鉄則だそう。  一方、ジェンセンにとってエンディングは二者択一とのこと。「悲劇的な結末になるか、悲劇的ではない結末になるかのどちらかだ。どっちの結果も議論できるよ。実のところ、エンディングがどうなるか想像できないけど、僕はいつも、ディーンが弟のために犠牲になる覚悟があると思ってきた。何かを選ばなくちゃいけいなら、犠牲になることを選ぶと思うんだ」と、ジャレットとはまた違った思い入れを語っている。

  • ツイッターで最もツイートされた今秋放送の番組は『グレイズ・アナトミー』

    今秋最もツイートされた米番組ランキング発表! 1位は『グレイズ・アナトミー』

    海外ドラマ

     秋に新学期が始まるアメリカではドラマの新シーズンも秋スタートが最も多く、ツイッターが初放送を前にツイッター上で話題になっている番組ランキングを発表した。今秋に始まる新番組について2100万件のツイートがあり、そのうちの90%が既存の番組に集中していたという。@@cutter 現地時間6月1日から9月14日までのツイートが対象という同ランキング。既にファンベースを獲得している既存の番組のうち、1番人気だったのはシーズン12に突入するABC局の『グレイズ・アナトミー』だった。シーズン11でメインキャストの1人だったデレク・シェパード役のパトリック・デンプシーが降板した後の新シーズンとあり、220万件のツイートが同ドラマについてだったという。昨年の6位から一気にランクアップした。  昨年の同ランキングで1位だったAMC局の『ウォーキング・デッド』は今年3位という結果に。2位は昨年と変わらず『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。こちらもシーズン11に突入する長寿ドラマで根強いファンに支えられ、200万件のツイート数に達している。    また新番組では、歌手レディー・ガガが初レギュラーに挑戦することで話題の『アメリカン・ホラー・ストーリー』第5弾『American Horror Story:Hotel(原題)』の注目度が高かったようだ。新番組では唯一100万件を超す110万ツイートを獲得した。日本でも人気を博した『HEROES/ヒーローズ』の新シリーズは正確には復活ドラマだが、新番組として10万7000ツイートを記録し、4位にランクインしている。  ツイッター発表「最もツイートされた今秋の番組ランキング」は以下の通り。 ■既存の番組 1位 『グレイズ・アナトミー』(ABC) 220万ツイート 2位 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』(CW) 200万ツイート 3位 『ウォーキング・デッド』(AMC) 190万ツイート 4位 『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(CW) 160万ツイート 5位 『ワンス・アポン・ア・タイム』(ABC) 110万ツイート ■新番組 1位 『American Horror Story:Hotel(原題)』(FX) 110万ツイート 2位 『The Late Show with Stephen Colbert(原題)』(CBS) 31万4000ツイート 3位 『Scream Queens(原題)』(FOX) 24万7000ツイート 4位 『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』(NBC) 10万7000ツイート 5位 『Supergirl(原題)』(CBS) 4万9000ツイート

  • ドラマのファン大会のために訪れたミネアポリスで路上強盗にあったというミシャ・コリンズ

    『スパナチュ』ミシャ・コリンズ、暴漢3人組に襲われる被害に

    セレブ&ゴシップ

     人気海外ドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のカスティエル役で知られる俳優ミシャ・コリンズが現地時間21日、レストラン帰りに3人の暴漢に襲われ軽傷を負ったという。Us WeeklyやJustJaredなど、複数の海外メディアが伝えた。@@cutter ミシャは同作のファン大会のため、他のキャストと共に米ミネソタ州ミネアポリスを訪れていたそうだ。Us Weeklyによると、現在は削除されたがボビー役でゲスト出演する俳優ジム・ビーヴァーが自身のフェイスブックに「私の仲間で『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』の共演者ミシャ・コリンズが昨晩ミネアポリスで、レストランを出た後に後を付けてきた3人組の男に殴られ、路上強盗にあった」と書き込み、事の次第を報告したらしい。ジムは「彼はまあ大丈夫だ。数針縫って唇が腫れているけどね」と続けたそうだ。  ミネアポリスでのファン大会は21日から23日の3日間だったそうだが、ミシャは22日土曜のイベントを欠席したらしい。しかし自身のツイッターに「やあ、みんな!みんなからのお見舞いの言葉に感謝している!ちょっとしたかすり傷だけだよ。僕は至って大丈夫だ。みんな、大好きだよ」とツイートし、無事を知らせた。  現時点で事件に関する詳細は不明。容疑者の逮捕など続報に注目したいところだが、まずはミシャが軽傷とのことで何よりだ。

  • ティーン・チョイス・アワードで圧倒的な人気を見せる『プリティ・リトル・ライアーズ』

    ティーン・チョイス・アワードTV部門発表、『プリティ・リトル・ライアーズ』が人気

    海外ドラマ

     ティーンを中心にした一般投票で決まり、若者の間の流行が分かるというエンターテインメントの祭典「ティーン・チョイス・アワード」。現地時間16日にロサンゼルスで授賞式が開催され、2015年度の受賞作品・受賞者が発表された。テレビ部門ではABCファミリー局の『プリティ・リトル・ライアーズ』が最多6部門の受賞を果たした。@@cutter 公式フェイスブックやツイッター、インスタグラムから投票できる「ティーン・チョイス・アワード」。映画『ワイルド・スピード』シリーズでも知られるラッパーのリュダクリスや『レッド・ゾーン』(13)のジョシュ・ペックなどがホストを務め、公式サイトによると今年は2500万以上の票が投じられたそうだ。    現在、シーズン6の中休みに入っている『プリティ・リトル・ライアーズ』は、シーズン7で終了すると伝えられているが、放送当初から根強い人気を誇り、同賞の常連番組だ。今年はドラマ部門の作品賞ほか、エズラ役のイアン・ハーディングとアリア役のルーシー・ヘイルがそれぞれ男優賞と女優賞に輝き、親友の失踪事件に絡んでいる4人組アリア、スペンサー、ハンナ、エミリーに接触する「A」という話中のキャラクターが、悪役賞を受賞した。  SF・ファンタジー部門では、日本でも人気の海外ドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のサム役ジャレッド・パダレッキが男優賞を受賞。ディーン役のジェンセン・アクレスとカスティエル役のミシャ・コリンズもベスト相性賞で、サーフボード型のトロフィーを獲得した。  2015年ティーン・チョイス・アワードの主な受賞作品・受賞者は以下の通り(一部抜粋)。 <テレビシリーズ/ドラマ部門> ■作品賞 『プリティ・リトル・ライアーズ』 ■男優賞 『プリティ・リトル・ライアーズ』イアン・ハーディング  ■女優賞 『プリティ・リトル・ライアーズ』ルーシー・ヘイル <テレビシリーズ/SF・ファンタジー部門> ■作品賞 『ヴァンパイア・ダイアリーズ』 ■男優賞 『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』ジャレッド・パダレッキ  ■女優賞 『ヴァンパイア・ダイアリーズ』ニーナ・ドブレフ ■悪役賞 『プリティ・リトル・ライアーズ』A ■新ドラマ賞 『Empire 成功の代償』 ■ベスト相性賞 『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』ジェンセン・アクレス&ミシャ・コリンズ ■ベストキス賞 『ヴァンパイア・ダイアリーズ』ニーナ・ドブレフ&イアン・サマーハルダー ■夏のドラマ男優賞 『プリティ・リトル・ライアーズ』タイラー・ブラックバーン ■夏のドラマ女優賞 『プリティ・リトル・ライアーズ』アシュレイ・ベンソン

  • 会場のファンを入れて嬉しそうにセルフィーするジャレッド・パダレッキ

    『スーパーナチュラル』ジャレッド・パダレッキ、ファンの思いやりに感涙

    セレブ&ゴシップ

     3月にうつ病で苦しんだ過去を告白した人気海外ドラマ『SUPER NATURAL スーパーナチュラル』のサム役で知られるジャレッド・パダレッキが、サンディエゴで開催されたエンターテイメントの祭典「コミコン」でファンの思いやりに触れ、感極まったという。MoviefoneやE!Onlineなどが伝えた。@@cutter 5月には「極度の疲労」を理由にヨーロッパでのファンイベント出席を直前でキャンセルし、心配されたジャレッド。その後、公式な場で元気な姿を披露していたが、今回、パネルディスカッションでの最後のQ&Aになると、7000人以上のファンで埋め尽くされた会場の方々にキャンドルの火が灯ったという。ディーン役のジェンセン・アクレスらドラマのキャストや製作者らと共に、何事が起きたのか分からなかったというジャレッドだが、うつ病などに悩む人たちをサポートするジャレッドが始めたチャリティキャンペーン「Always Keep Fighting」に賛同するものだと知らされると感極まったと語っている。  会場を後にした直後にE!Newsとのインタビューに答えたジャレッドは、「今もポケットの中でキャンドルを握っている。離すことができないんだ。最初は何だか分からなかった。人々がiPhoneか何かを掲げているのかと思ったよ。誰かが僕に何かを説明するメモを渡してきて、それで何が起きているのか把握したんだ。もう必死で泣かないように努めた」とその時の心情を語り、ファンの人たちに深く感謝したそうだ。  ジャレッドへの素敵なサプライズを計画した人たちは、来場者にキャンドルと共に「どんなに強い風も永遠に吹き続けない。どんな暗闇の中にも、あなたを導いてくれる他の明かりがある」と、決して独りで闘っているのではないといった内容が書かれたメモを配っていたそうだ。

  • 「犯罪を取り締まる最高の2人組」1位は『SHERLOCK/シャーロック』の2人

    歴代海外ドラマで「犯罪を取り締まる最高の2人組」は誰? トップ10ランキング

    海外ドラマ

     一般人からの投票などにより順位が決まる米ランキングサイトのRankerが、歴代ドラマの中で「犯罪を取り締まる最高の2人組」ランキングを実施。世界中に熱狂的なファンベースを持つ『SHERLOCK/シャーロック』を始め、往年の刑事ドラマなどが人気を集めている。@@cutter 1位に輝いたのは、現代ロンドンを舞台にネットやメールを含む現代技術を駆使して事件解決に挑むシャーロック・ホームズと、相棒のジョン・ワトソンの姿を描く『SHERLOCK/シャーロック』。ずば抜けた観察眼と推理力を発揮する一方、自らを“高機能社会不適合者”と認めるシャーロックを英俳優ベネディクト・カンバーバッチ、そんなシャーロックの裏も表も理解するワトソンをマーティン・フリーマンが演じている。  名探偵ホームズとワトソンを現代に蘇らせたもう1つの海外ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』は7位にランクインした。こちらは現代ニューヨークを舞台に、薬物依存のリハビリの一貫でニューヨークに来たホームズと、彼のリハビリを援助する付添人の女性ジェーン・ワトソンが、ニューヨーク市警の犯罪コンサルタントとして手腕を発揮する。  2位は新しいミニ・シリーズの製作が決まっている『X‐ファイル』。1990年代を代表するヒットSFミステリードラマでは、男女のFBI捜査官モルダーとスカリーが、未解決の怪事件“X‐ファイル”の真相究明に奔走する。シーズン11に突入する『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』は、4位にランクインした。こちらはサム&ディーン・ウィンチェスター兄弟が悪霊ハンターとして悪魔やモンスターなど邪悪な存在と闘う姿を描く。  ranker.com「犯罪を取り締まる最高の2人組」トップ10は以下の通り。(5月29日付) 1位 『SHERLOCK/シャーロック』 2位 『X‐ファイル』 3位 『サイク/名探偵はサイキック?』 4位 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』 5位 『こちらブルームーン探偵社』 6位 『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』(シーズン1) 7位 『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』 8位 『女刑事キャグニー&レイシー』 9位 『探偵レミントン・スティール』 10位 『刑事スタスキー&ハッチ』

  • 20代の時にうつ病を患ったことを告白したジャレッド・パダレッキ

    『スパナチュ』ジャレッド・パダレッキ、うつ病で悩んだ過去を告白

    セレブ&ゴシップ

     今年、シーズン11に突入する人気海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』のサム・ウィンチェスター役でお馴染みの俳優ジャレッド・パダレッキが、20代の時にうつ病を患ったことをVarietyとのインタビューで明かした。@@cutter ジャレッドは、うつ病や中毒、自傷などに苦しむ人々をサポートする非営利団体「To Write Love on Her Arms」を支援し、Represent.comを通じてTシャツ・キャンペーンを始めたが、活動に関わることになった経緯を尋ねられると、こう明かしている。  「僕は過去に自分の人生を喜べず、苦しんだ時期があった」とジャレッド。「あまり知られてないと思うけど、実はシーズン3の撮影中に、ある時、自分のトレーラーに戻り着替えを済ましたところで、自分が壊れてしまった感じになった」と明かした。  医者が来て、30分から45分ほど話した後、臨床的にうつ状態にあると診断されたという。当時25歳だったジャレッドは人気のあるドラマに出演し、ファンから愛され、愛犬や多くの友人に囲まれていたため、自分が抱えていた心の影が何だったのか自分で分からなかったそう。誰もがうつになる可能性があると話している。  ディーン役のジェンセン・アクレスと、ドラマに関わっている知人ケリーに助けられたというジャレッドは、自分が何を経験しているのか自覚し、闘うと心に決め徐々に回復していったという。  Tシャツの収益金を寄付するというのは、海外ドラマ『ARROW/アロー』のスティーヴン・アメルが先にやったことで、その彼にインスパイアされたと説明している。

  • 『SUPERNATURAL』より、ディーンとカスティエル

    「妄想カップル20」発表!『スパナチュ』『SHERLOCK』や『進撃の巨人』の2人も!

    セレブ&ゴシップ

     メディアミックス・ウェブブログサービスの「Tumblr」。写真やGIF、リンク、動画などを投稿でき簡単にブログができるサービスだが、そのユーザーに「最も“シップ”されたカップル」が発表になり、数々の“妄想カップル”がランクインした。@@cutter “Ship(シップ)”とはTumblrいわく、“リレーションシップ(関係)”の略語で、2人のキャラクターを想像上の恋愛関係に置くことだという。ファン・フィクションの世界に浸透している用語で、日本でいうところの「カップリング」に近いようだ。Tumblrでは「リブログ」といってネット上にある画像や記事などを自分のブログに引用・転載する機能があり、最もリブログされた妄想カップルが「最も“シップ”されたカップル」ということになるらしい。  トップ20に入っているカップルには、日本でもお馴染みの『スーパーナチュラル』ディーン&カスティエル、『SHERLOCK』シャーロック&ワトソンのペアや、人気ボーイバンド「ワン・ダイレクション」のメンバーなど。日本アニメの『進撃の巨人』や『Free!』のキャラクターも大人気のようだ。カップルのネーミングは両者の名前を混ぜ合わせたり繋ぎ合わせたりしたものが多い。中には、カニエ・ウェストやキム・カーダシアンのように実際のカップルや、作中でカップルになったキャラクターもいた。  Tumblr発表「最も“シップ”されたカップル20」トップ10は以下の通り。 1. Destiel 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』のディーン・ウィンチェスターとカスティエル 2. Johnlock 『SHERLOCK/シャーロック』のジョン・ワトソンとシャーロック・ホームズ 3. Larry Stylinson 「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズとルイ・トムリンソン 4. Captain Swan 『ワンス・アポン・ア・タイム』のキャプテン・フックとエマ・スワン 5. Ereri 『進撃の巨人』のエレン・イェーガーとリヴァイ 6. Sterek 『Teen Wolf(原題)』のスタイルズ・スティリンスキとデレク・ヘイル 7. Troyler YouTubeよりTroye Sivan&Tyler Oakley 8. MakoHaru 『Free!』の橘真琴と七瀬遙 9. Narry 「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズとナイル・ホーラン 10. JeanMarco 『進撃の巨人』のジャン・キルシュタインとマルコ・ボット

  • 『スーパーナチュラル』ついに通算200話達成!(※写真は、今年5月開催のイベント時)

    『スーパーナチュラル』、通算200話達成でキャストが喜びと感謝

    海外ドラマ

     本国アメリカでは今秋にシーズン10がスタートした人気海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。2005年の放送より通算200話という記念すべき回数に達し、キャストやスタッフが喜びを語っている。@@cutter TV Lineが公開した映像を見ると、バンクーバーで10月に開催されたという200回記念パーティーには、主演の悪霊ハンター=ウィンチェスター兄弟を演じるジャレッド・パダレッキやジェンセン・アクレスはもとより、カスティエル役のミーシャ・コリンズ、クラウリー役のマーク・シェパード、ルビー役でゲスト出演した、ジャレッドの妻ジュヌヴィエーヴ・コルテーゼ、企画・総指揮のエリック・クリプキ、ロバート・シンガーなど勢揃いした。  キャストたちは口を揃えて「感激している」「信じられない」と通算200回の喜びを語っている。サムを演じるジャレッドは「ドラマが始まった頃、自分たちは子供だった」、「それが今では夫であり、父親だ。辺りを見渡すと多くの友人がいる」とコメント。ドラマと共に自分が成長してきたことを実感しているようだ。  長男ディーンを演じるジェンセンはレッドカーペットで「ドラマとファンの間には結婚のような絆がある。僕たちはファンに刺激を与えることができたようだが、今は彼らから刺激を受けているからこそドラマを続けられている」とコメント。ステージ上では「僕たちを信じてくれてありがとう。皆さんの貢献に感謝します」と会場にいる仲間に向けて謝意を表すと共に、隣にいたジャレッドに向かい「ありがとう兄弟。感謝する」と述べた。これを受けて、ジャレッドが「ありがとう。愛してるよ」と言い2人がハグすると、会場からは歓声が沸き起こった。

  • 人気海ドラ『スーパーナチュラル』のスピンオフドラマに出演が決まったショーン・ファリス

    『スーパーナチュラル』スピンオフ、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』俳優が出演

    海外ドラマ

     着々とキャスティングが進んでいる、人気海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シリーズのスピンオフ『SUPERNATURAL:Tribes(原題)』に、人気格闘ゲームの実写映画版『ザ・キング・オブ・ファイターズ』(11)で草薙京を演じたショーン・ファリスが出演することが明らかになった。@@cutter TV Lineによると、ショーンが演じるのは、先に発表された主要登場人物の1人ジュリアン・デュラント役。ジュリアンは本ドラマのハンター=主人公エニス・ロスの大敵という役どころで、デュラント家はシェイプシフターのハイデン家と敵対するオオカミ一族だ。    同ドラマは警察学校に通う警官志望の主人公エニス・ロスが、モンスターの争いの巻き添えを食い殺されてしまった婚約者の死を受け、シカゴの町にモンスター一族が住んでいることを知り、モンスターハンターになるというストーリーとのこと。  主人公エニス役は、イギリスの人気長寿ドラマ『Coronation Street (原題)』に出演したイギリス人俳優ルシアン・ラヴィスカウント。ハイデン家のデヴィッド役は『ヴァンパイア・ダイアリーズ』シリーズや、そのスピンオフの『The Originals(原題)』に出演したナサニエル・ブゾリックが決まっている。  ショーンは日本でも公開された『ザ・キング・オブ・ファイターズ』の他、ドルフ・ラングレン主演のアクション映画『ドルフ・ラングレン ダブル・トリガー』(13・未)や、クライム・アクション『LIVE AND DIE リヴ・アンド・ダイ』(13・未)などに出演。現在アメリカで放送中の人気海外ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』シーズン4には、レギュラー出演ではないが警官のガブリエル・ホルブルック役で出演を重ねている。  スピンオフの新キャラクターたちは、現地時間4月29日に放送予定の『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シーズン9の第20話で紹介されるとのこと。新たなモンスター抗争とハンターとの攻防戦の幕開けに期待が高まっているようだ。

  • 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』スピンオフの主役ハンターはどんな人物?(※『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』の場面写真より)

    『スーパーナチュラル』スピンオフ、若者中心の登場人物の詳細が明らかに

    海外ドラマ

     現在アメリカで第9シーズンが放送中の人気海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』に、スピンオフドラマが生まれることは以前からお伝えしているが、このたび6人の登場人物の詳細が明らかになったようだ。@@cutter シカゴが舞台となるスピンオフ『SUPERNATURAL:Tribes(原題)』。主人公のハンターは「エニス・ロス」という名前の若者と、TV Lineが特ダネとして伝えている。エニスは警官だった父親の後を継ぎ自分も警官になることを決意。警察学校に行こうとした矢先に、親しい人が殺害されてしまう。そこでサム(ジャレッド・パダレッキ)とディーン(ジェンセン・アクレス)に会い、シカゴの町が5組のモンスター一族に支配されていることを知るそうだ。エニスは誰からも好かれる正義感に溢れる青年とのことで、プロデューサーらは目下、20年代前半のアフリカ系アメリカ人の俳優を捜しているという。  残り5人のうち、2人はシェイプシフターの一族ハイデン家のマーゴとデヴィッドの兄弟姉妹。ある悲劇により一家の長になるマーゴと、その悲劇のために人間としての生活を捨て、魔の世界に戻ってくるデヴィッドという設定の模様。  オオカミ族はヴァイオレット&ジュリアン・デュラントの2人。デュラント家は町でも有数の資産家で、ハイデン家とはライバル。だがヴァイオレットとデヴィッドは許される恋に落ちるかもしれないとのこと。また、ジュリアンはエニスの大敵という役どころ。  残りの1人はフレディ・コスタという30代の男性。エニスの父を知る人物でエニスの良き理解者だが、秘密を持っているという。6名は全員『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』第9シーズンの第20話に登場する予定になっているとのこと。本家は、今年1月28日(現地時間)に放送された第12話が過去3年間で最高の視聴率となったらしいが、スピンオフは本家に迫る人気を得ることはできるか?  米CW局では『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスピンオフ『The Originals(原題)』が昨年10月から放送開始になっているが、こちらは回を重ねるごとに視聴率を上げ、フルシーズン化が決定している。

  • ウィンチェスター兄弟もたまに登場!? 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』スピンオフはシカゴが舞台。 

    『スーパーナチュラル』スピンオフ続報 舞台とキャラクター設定が明らかに

    海外ドラマ

     先日、イケメン兄弟が悪霊やモンスター退治に奔走する人気海外ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』のスピンオフ・ドラマの企画が進んでいることをお伝えしたが、その概要が少しずつ明らかになってきている。@@cutter まず、物語はアメリカ・シカゴを舞台に展開し、街に住む「人間とモンスターが衝突する」ことになるとのことで、本家のようにハンターたちが旅をすることはないようだ。  製作総指揮のロバート・シンガーがEntertainment Weeklyに語ったところによると、主要キャラクターたちはモンスターと人間の両方で、複数のモンスター一族と人間の一族が登場するらしい。『スーパーナチュラル』よりも、より群像劇的な設定になるとのことだ。  また、シンガーは登場人物たちについて、殆どのスピンオフのように本家に登場するキャラクターを引き抜いて新ドラマを作るのではなく、全く異なるキャラクターたちのドラマにすると述べている。だが、ジャレッド・パダレッキ(サム役)とジェンセン・アクレス(ディーン役)はスピンオフに登場する予定があるそうだ。  当初のスピンオフの発表では『スーパーナチュラル』シーズン9の第20話前後でスピンオフの新キャラが紹介されるとのことだったが、果たしてどうなるのか? また、ジャレッドとジャンセンがスピンオフにどの程度、顔を出すのかも気になるところだ。

  • 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』のスピンオフ企画が進行中。 

    人気海外ドラマ『スーパーナチュラル』のスピンオフ企画が浮上

    海外ドラマ

     本国アメリカでは第9シーズンに突入する、日本でも人気のアクション・ホラー・ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』に、スピンオフ・ドラマの企画が持ち上がっていることが分かった。@@cutter 去るサンディエゴ・コミコンの『スーパーナチュラル』の記者イベントで同作の製作指揮を務めるボブ・シンガーが発表している。  TV Lineによると詳細は明らかではないが、第9シーズンの第20話あたりで、スピンオフのキャラクターが登場する予定になっているらしい。  同作を製作するCW局は同じ手法を『ヴァンパイア・ダイアリーズ』でも使っており、こちらでは“オリジナルズ”と称される最初のヴァンパイア族のエピソードを盛り込み、今秋のスピンオフ・ドラマ『The Originals(原題)』へと繋げた。  コミコンでのパネルトークでは製作総指揮の一人ジェレミー・カーヴァーが、第9シーズンでウィンチェスター兄弟がたくさんの堕天使と闘争することになりそう展開を匂わせていたようだ。また、天使カスティエル役のミーシャ・コリンズがレギュラー昇格で返り咲いている。  スピンオフ企画はまだ初期段階だそうだが、天使が絡んでいるような気配がするのは気のせいだろうか。今後の展開が楽しみだ。

  • 第二子妊娠を発表したジャレッド・パダレッキとジュヌヴィエーヴ・コルテーゼ。

    『スーパーナチュラル』のイケメン弟役ジャレッド・パダレッキ、妻が第二子を妊娠!

    セレブ&ゴシップ

     大盛況だったサンディエゴ・コミコンに妻で女優のジュヌヴィエーヴ・コルテーゼを連れ添って登場した『スーパーナチュラル』のサム役ジャレッド・パダレッキが、二児のパパになることが判明した。複数のメディアが伝えている。@@cutter ジャレッドの妻ジュヌヴィエーヴ妊娠の噂が瞬く間に広まったのは、ジャレッドのコミコンでのとある行動がきっかけだったようだ。  現地時間7月19日、ジャレッドの31歳の誕生日を祝うコミコン・パーティの会場で、ジャレッドがジュヌヴィエーヴのお腹に手を当てている姿が写真に撮られ、インターネットを介しファンの間で瞬く間に第二子妊娠が噂されたという。  ジャレッドのマネージャーは21日(現地時間)、ジャレッドとジュヌヴィエーヴが第二子を授かったことが事実であると、People誌に伝えている。  ジャレッド自身は、ファンをやきもきさせるように冗談めいたツイートを公開。  「この週末は妻と僕に対して、子供がもう一人欲しいかとたくさん質問をもらったよ。そうだね、僕たち、みんなに知ってほしいんだけど」。(注:現在はツイートが消えている)  一旦ツイートが途切れ、数時間後に再び中途半端なツイートを残している。  「まったく! 飛行機に乗ってから気が付いたよ。ツイートが途中だったとね! この140文字制限に慣れてないんだ。僕が認めるよ。ジュヌヴィエーヴは妊」。  ジャレッドとジュヌヴィエーヴは『スーパーナチュラル』での共演がきっかけで2008年から交際。2010年2月にゴールインし、今年3月に第一子の長男トーマスが誕生した。サンディエゴ滞在中はトーマス君を連れてサンディゴ動物園に行った写真が、ツイッターにアップされている。

  •  

    編集部おすすめドラマ「SUPERNATURAL/スーパーナチュラル」

    海外ドラマ

    <link charset="utf-8" href="http://hc-cr.com/special/kaidora/css/kaidora.css" media="screen,print" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div class="content" id="kaidora_top" style="width:630px;"> <div class="kaidora_contents"> <img alt="編集部オススメドラマ「スーパーナチュラル」" border="0" height="336" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/drama_top.jpg" width="630" /></div> <div class="lead"> <p> セブンス・シーズンが9月21日(金)に発売されたばかりの「SUPERNATURAL/スーパナチュラル」。略して“スパナチュ”。イケメン兄弟が悪霊や怪物、悪魔を退治するアクションサスペンス…だったはずなのだが、今やジェンセン・アクレス演じる兄ディーン・ウィンチェスターは大天使ミカエルの器だったり、ジャレッド・パダレッキ演じる弟サム・ウィンチェスターは、実は悪魔の能力を持った人間だったり…シーズン1の頃に比べると“エライこっちゃ!”と思うほど内容が変化している。にも関わらず、本国アメリカでは打ち切りにもならず、100エピソードを達成し、人気ドラマの地位を邁進中だ。その人気の理由とは何なのか?スパナチュ大好き編集部ぽいーんがその理由を考える!</p> </div> <div class="catch01"> <img alt="編集部おすすめドラマ「SUPERNATURAL/スーパーナチュラル」" border="0" height="44" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/drama_catch01.jpg" width="630" /></div> <!--story--> <div class="colum_01"> <div class="sub_01_thum"> <img alt="編集部おすすめドラマ「SUPERNATURAL/スーパーナチュラル」" border="0" height="318" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/sub_01.jpg" width="258" /></div> <p> 何を言おうとこれだけは外せない人気の理由、それは兄弟のイケメンっぷりだ。かくいうぽいーんもお兄ちゃんのディーンに惚れ、ハマったくちである。兄ディーンを演じるジェンセン・アクレスはグリーン系の瞳に端整な顔立ち、小さそうに見えるが身長185cmの正統派イケメン。ジェシカ・アルバ主演の「ダーク・エンジェル」にレギュラー出演をしていたため、その当時からのファンも多数存在する。弟サムを演じるジャレッド・パダレッキも同じグリーン系の瞳に、母性本能をくすぐられるような甘いマスク、顔に似合わず193cm(!)という高身長の持ち主。実は、とても高身長なスパナチュ兄弟なのである。ジャレッドのほうも「スーパーナチュラル」以前に出演していたTVシリーズ「ギルモア・ガールズ」で人気に火が付き、人気絶頂だったあのお騒がせセレブ、パリス・ヒルトンが出演し話題となった映画「蝋人形の館」にも出演している。</p> </div> <div class="catch02"> <img alt="編集部おすすめドラマ「SUPERNATURAL/スーパーナチュラル」" border="0" height="44" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/drama_catch02.jpg" width="630" /></div> <div class="colum_02"> <div class="sub_01_thum"> <img alt="編集部おすすめドラマ「SUPERNATURAL/スーパーナチュラル」" border="0" height="318" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/sub_02.jpg" width="258" /></div> <p> ディーンとサムのウィンチェスター兄弟が、アメリカを各地を旅しながら超常現象や悪霊、悪魔退治をするアクション・ホラー・サスペンスである本ドラマ。誰しも一度は耳にしたことがあるような民間伝承や都市伝説を題材したものも多く、その手の内容が好きな方には眉唾もののストーリー。余談ですがぽいーんは“血まみれメアリー”や“シェイプシフター”がお気に入りです。また、基本は1話完結型であるものの、兄弟の過去や宿命にまつわる連続ドラマような物語も並行して展開されるため観る者を飽き馳せない作りに。 さらに、日本の人気アニメーション・マッドハウスが制作した「SUPERNATURAL THE ANIMATION 」は1話30分のアニメであり、実写版のダークな世界観とホラー要素を忠実に再現。あくまで個人的感覚だが、アニメーションのほうが見ていて怖かったりもする。<br /> <br /> 最新シーズン、セブンス・シーズンは超常現象や悪霊退治をするだけでなく、兄弟の宿命について一層フォーカスされるなど今後の展開がますます期待される1本なのである。</p> </div> <!-- /.story--> <div class="sakuhin_bg"> <p> 「スーパーナチュラル」</p> </div> <div class="sakuhin_bg2"> <img alt="「スーパーナチュラル」ギャラリー" border="0" height="82" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/thum_01.jpg" width="120" /><img alt="「スーパーナチュラル」ギャラリー" border="0" height="82" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/thum_02.jpg" width="120" /><img alt="「スーパーナチュラル」ギャラリー" border="0" height="82" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/thum_03.jpg" width="120" /><img alt="「スーパーナチュラル」ギャラリー" border="0" height="82" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/thum_04.jpg" width="120" /><img alt="「スーパーナチュラル」ギャラリー" border="0" class="thum05" height="82" src="http://hc-cr.com/special/kaidora/images/20120927_supernatural/thum_05.jpg" width="120" /></div> <div class="story_bg"> <p> ディーンとサムのウィンチェスター兄弟が、愛車のインパラに乗りアメリカ各地を旅しながら悪霊や怪物、悪魔を退治するアクションサスペンス。命を懸けた闘いや家族ドラマ、ユーモアなどいちエピソードだけで、多くのことを堪能できるドラマ。</p> </div> <div class="dorama_cast_bg"> <p> ジェンセン・アクレス、ジャレッド・パダレッキ</p> </div> </div> <br />

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access