Lの世界 シーズン1 関連記事

  • 手前の3人(左から)キャサリン・メーニッヒ、ジェニファー・ビールス、レイシャ・ヘイリーが中心となって『Lの世界』新シーズンが始動

    女性たちの世界を描く『Lの世界』、8話構成の新シリーズが始動!

    海外ドラマ

     2004年から2009年にわたり、6シーズン放送された米Showtime局の海外ドラマ『Lの世界』。2017年にオリジナルキャストも参加する続編ドラマ企画が伝えられていたが、ついに8話構成で始動するという。TV Lineが報じた。@@cutter レズビアンやバイセクシュアルの女性たちの世界を描く『Lの世界』。ベット・ポーター役のジェニファー・ビールス、シェーン・マッカチョン役のキャサリン・メーニッヒ、アリス・ピエゼッキー役のレイシャ・ヘイリーが復帰し、製作総指揮も務める。  新シリーズにゴーサインが出たことを受け、ジェニファーは「さあ行くわよ。がっちり確定」、キャサリンも「さあ、行くわよ。みんな、すぐに会いましょう」、レイシャは「待つのは終わり! みんなともうすぐ会えるわ」とそれぞれツイートして、喜んでいる。  3人のキャラクターは自分の分身のような友人やパートナーを得ると共に、ロサンゼルスで愛や失恋、セックス、成功と挫折を経験する新しい性的マイノリティーのLGBTQIAキャラクターたちと交流するという。  8話構成の新シリーズは2019年後半の放送を目指しているそうだ。

  • 『Lの世界』オリジナルキャストで続編制作へ

    女性たちの世界を描く『Lの世界』、オリジナルキャストで続編制作へ

    海外ドラマ

     2004年から2009年の6シーズン続いたレズビアンやバイセクシュアルの女性たちの世界を描く人気海外ドラマ『Lの世界』。米ケーブルテレビ局のShowtimeでオリジナルキャスト&新キャストによる続編ドラマ企画が進行しているという。Entertainment WeeklyやThe Hollywood Reporterなどが伝えた。@@cutter オリジナルシリーズの共同企画・製作総指揮を務めたアイリーン・チェイケンが新シーズンの製作総指揮を務め、現在、新たな製作総指揮兼脚本家と共に続編企画を進めているという。  情報筋の話では、ベット・ポーター役のジェニファー・ビールス、シェーン・マッカチョン役のキャサリーン・メーニッヒ、アリス・ピエゼッキー役のレイシャ・ヘイリーが製作総指揮に名を連ねるとのこと。新シリーズにゴーサインが出れば、もちろん出演するという。オリジナルシリーズからは他のキャストも参加する可能性があるが、現時点では決まっていない。  『Lの世界』のキャストとチェイケンは5月にEntertainment Weeklyの企画で顔を合わせたが、その時にシリーズへの復帰に意欲を見せていたという。2009年にシリーズ終了後、予想に反してレズビアン女性の人生を描く他のドラマが大して制作されなかったことを受け、『Lの世界』を復活させるべきかもしれないと感じていたとのことだ。

  • キャサリン・メーニッヒ、『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』でクールなレズビアンを好演!

    キャサリン・メーニッヒ、『Lの世界』がお泊り会なら『レイ・ドノヴァン』は射撃場?

    海外ドラマ

     現在、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて放送中の、スキャンダラスなハリウッドの裏側をハードボイルドに描いた海外ドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』。本作に出演中のキャサリン・メーニッヒが、アメリカで放送中のShowtime局で実施された、ファンからの質問に答える形で、作品の魅力や役柄について語った。@@cutter ハリウッドセレブたちのトラブルを、あらゆる手段を使って手際よく解決していく凄腕フィクサー、レイ・ドノヴァンの部下ニーナ役を演じているキャサリン。「とにかく脚本が素晴らしい」と絶賛し、「自分に誇れる仕事がしたくて、自分が見たいと思えるような作品に出たいと思った」とオファーを受けた理由を語る。また、ハリウッドのビッグネーム揃いのキャスティングに「夢見てたことが現実になった感じ。演技を見てるだけでレベルの高い授業を受けてるみたいだよ」と才能豊かなキャスト陣との共演を喜ぶ場面も。  キャサリンは、ゴージャスでセクシーな“彼女たち”のLAセレブライフを描いた大ヒット海外ドラマ『Lの世界』でクールなレズビアンのシェーンを演じて以降、世界中の“女性”を虜に。同性からの人気を獲得し“カリスマ的存在”となった。本作でもレズビアンという役柄であることから、シェーンを演じたことはリーナの役作りに役に立ったか? と質問されると「(シェーンもリーナも)2人とも強い女性だから役に立ったのかも」としながらも「でも、きっとリーナはシェーンのことを2秒で殺せると思うよ(笑)」と二人は全くの別人であると強調した。  また、女性だらけのドラマから、男性だらけのドラマになったことについては、「『Lの世界』がお泊り会なら、『レイ・ドノヴァン』はデートでLAの射撃場に行くような感じ」と表現し、エキサイティングな撮影現場を楽しんでいるようだ。  今後、演じたい役としてキャサリンが挙げたのは、ロックミュージシャンのパティ・スミス。「凄い量のリサーチが必要だろうけど、その時はコンピューターにかじりついて、図書館で関連資料をできるだけ沢山読むよ」と気合を見せた。  最後に「みんなが支えてくれるから光栄だし凄く嬉しい。『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』は、みんな頭がいいから楽しめると思うよ。いつも本当にありがとう。心の底からすごく感謝している」とありったけの感謝の気持ちをファンに投げかけた。  『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』は、海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて毎週金曜22時ほか放送中。

  • ジェニファー・ビールス

    「Lの世界」ジェニファー・ビールス、マックGの新作ドラマに出演

    海外ドラマ

     ロサンゼルスに暮らすレズビアンたちの姿をスタイリッシュに描き大ヒットしたドラマ「Lの世界」でタッグを組んだ女優ジェニファー・ビールスとプロデューサーのアイリーン・チェイケンが、ABC製作による新ドラマで再び一緒に仕事をすることになった。@@cutter 二人が再タッグを組むのは、ロミオ&ジュリエットをモチーフにした新ドラマ「Venice(原題)」。カリフォルニアの人気エリアであるヴェニスを舞台に、ライバル同士のふたつの家同士の争い、禁じられたロマンスなどを大胆に描くソープドラマになる予定だとか。  ビールスが演じるのは、カーヴァ―一族の魅力的な女主リサ・カーヴァ―役。  パイロット版の監督にはマックGが決定、脚本はバイロン・バラスコが担当する。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access