クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

アリー my LOVE シーズン1 関連記事

  • ルーシー・リュー

    ルーシー・リュー、新コメディードラマで主演

    海外ドラマ

     海外ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』や『アリー my Love』に出演のルーシー・リューが、米ABCの新コメディードラマに出演することが明らかになった。DeadlineやVarietyなど海外メディアが報じている。@@cutter 報道によると、ルーシーが演じるのは、モダン家具の大手企業のトップで、パワフルで恐ろしいキャラクター。仕事では失敗とは無縁だったが、赤ちゃんを養子にして、どうしたら良いのかわからず、子育てに奮闘する役どころ。  90年代に大ヒットした『アリー my Love』や、7シーズン続いた『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』に出演したルーシー。直近では、CBSの配信サービスCBS All Accessのアンソロジーシリーズ『Why Women Kill(原題)』に出演していた。  また、彼女は監督としてもキャリアを広げている。『エレメンタリー~』で複数のエピソードを監督したほか、『Marvel ルーク・ケイジ』や『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』でもメガホンを取っている。本作でも、ルーシーは主演の他、プロデューサーも務めるという。  新型コロナウイルスの影響で制作が中断している中、ABCは撮影再開の安全が確保されてから制作を開始、今年後半を目途しているとしている。パイロット版は、シャナ・ゴールドバーグ=ミーハンが脚本とエグゼクティブプロデューサーを務め、クリスティーン・ガーノンが監督を務める。

  • Entertainment Weekly誌「過去25年間の歴代テレビキャラクター・ベスト25」:『24‐TWENTY FOUR‐ 』ジャック・バウアー

    米EW誌「過去25年間歴代テレビキャラクター・ベスト25」発表

    海外ドラマ

    米エンターテイメント情報誌「Entertainment Weekly」が創刊25周年を記念して、「過去25年間の歴代テレビキャラクター・ベスト25」を発表。果たして日本の海外ドラマ・ファンにとっては納得のいくラインナップとなっているか…。一挙ご紹介いたします!(2015年10月付)

  • スーパーガール実写ドラマ版に出演が決まったキャリスタ・フロックハート

    『アリー my LOVE』C・フロックハート、「スーパーガール」実写ドラマに出演決定

    海外ドラマ

     米CBS局が進めているスーパーガールの実写ドラマ化『Supergirl(原題)』に、一世を風靡した人気海外ドラマ『アリー my LOVE』のアリー・マクビール役で知られるキャリスタ・フロックハートがレギュラー出演するという。@@cutter 『Supergirl(原題)』では、海外ドラマ『glee/グリー』のマーリー役で人気者になり、話題作『セッション』に出演する女優メリッサ・ブノワが主人公のスーパーガールことカーラを演じる。ドラマは、地球で普通に暮らしながら自分の内なる力を使えず非力に感じていたカーラが、ある予期せぬ災害が起き公衆の面前で力を発揮したのをきっかけに、自分の力を人助けのために使い始めるというストーリーになる。  キャリスタはグローバル展開する雑誌やウェブサイトを抱える大手メディア企業の創業者キャット・グラントを演じるそうだ。手厳しいやり手のボスとなるキャットの個人秘書になるカーラは、キャットのもとで相当苦労することになるようだ。  キャリスタのテレビドラマ出演は、2011年にシーズン5で終了したファミリードラマ『ブラザーズ&シスターズ』以来。有名俳優の夫ハリソン・フォードとはアカデミー賞当日、レイカーズの試合を観戦し、ハーフタイム中のキスカムには仲睦まじいキスを披露するなど、2015年はキャリスタにとって公私ともに充実した年になりそうだ。

  • シャーロック・ホームズがNYに?「ELEMENTARY」

    CBS新作海外ドラマ発表会「EMILY OWENS,M.D.」「Beauty and the Beast」「VEGAS」「ELEMENTARY」

    海外ドラマ

     CBS スタジオズ・インターナショナルは10月26日(金)、東京国際フォーラムにて国内では初となるメディア向けの海外ドラマスクリーニングを開催した。上映されたのは「EMILY OWENS,M.D.」「Beauty and the Beast」「VEGAS」「ELEMENTARY」の4作品(すべて原題)。また、上映前にはサプライズ・ゲストとして「HAWAII FIVE-O」のマシ・オカも登場し、会場を盛り上げた。@@cutter 「HAWAII FIVE-O」のダイジェストシーン上映後、サプライズ登場したオカは「初めて自分の吹替えを聞きました。声高いですね」と苦笑い。その後も「スギちゃんのネタをやろうと思ったんですけど…もう古いと言われてしまったので、“社交辞令”を棒読みします」と、念仏のように挨拶文を読み上げ、会場の笑いを誘っていた。  上映は最新作4本の各2話。「EMILY OWENS,M.D.」は、高校時代ダサ女だったヒロインが医師として新たな道を切り拓こうと意気込んだ矢先、赴任した病院で高校時代の天敵と出会う…という青春医療ドラマ。ヒロインを演じるのは、メリル・ストリープの娘メイミー・ガマー。母親に劣らぬ演技力と、美人すぎない風貌でどこかダサくて健気なヒロインを好演している。  美男美女のロマンスに、スリリングなサスペンス要素を取り入れた「Beauty and the Beast」は、タイトル通り「美女と野獣」を現代風にアレンジしたクライム・アクションドラマ。「ヤング・スーパーマン」のラナ役で日本でも人気の美人女優クリスティン・クルックがタフな女刑事に扮し、母親殺しの真相を追う。真相を探る内、1人の青年(ジェイ・ラヤン)と出会うが、彼は政府のDNA実験によって超人的な力を持つ野獣化した人間だった。  渋好みの男性に受けそうなのが「VEGAS」。こちらは1960年代のラスベガスを舞台に実在した保安官ラルフ・ラムを描いたクライムドラマだ。近年、人気が低迷気味だったデニス・クエイドが、正義感溢れる古典的カウボーイを熱演、再ブレイクを予感させる。保安官と対峙するマフィアのボスを演じるのは「ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~」のマイケル・チクリス。演技、演出ともに安定感のあるドラマ。  そして、シャーロック・ホームズを現代のニューヨークに甦えらせた「ELEMENTARY」には、「弁護士イーライのふしぎな日常」のジョニー・リー・ミラー、「アリーmyラブ」のルーシー・リューという日本の海外ドラマファンにも馴染みのある2人が登場。シャーロック・ホームズがベイカー・ストリートを離れニューヨークへ引越すという、それだけでも驚きの設定だが、さらに助手であるワトソンを女性にしてしまうという意表をついた斬新な発想が製作前より話題となっていた。謎解きと共に、リュー演じるワトソンとホームズ(ミラー)が信頼関係を築いていく様子が軸となりそう。  「CSI:」「NCIS」シリーズや「HAWAII FIVE-O」「グッドワイフ」、「新ビバリーヒルズ青春白書」など、ヒット作を次々と打ち出しているCBSの新たなドラマに要注目だ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access