オーファン・ブラック 暴走遺伝子 関連記事

  • 『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』の新シリーズ企画が始動(※『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』場面写真)

    『オーファン・ブラック』、世界観引き継ぐ新シリーズが制作へ

    海外ドラマ

     アメリカとカナダで2013年~2017年の5シーズンにわたり放送された人気海外ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』。アメリカではBBCアメリカで放送されていたが、今度はAMC局で同じ世界観の新シリーズ企画が動いているという。Varietyが報じた。@@cutter 『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』は遺伝子操作やクローンをテーマに、主人公のサラが自分と同じ顔の自殺した女性ベスに成りすまし、奇怪な事件に巻き込まれていくさまを描くSFサスペンス。主人公のベスを演じる女優のタチアナ・マズラニーは、1人7役を務めた。日本では『オーファン・ブラック ~七つの遺伝子~』のタイトルで、女優の知英主演でリメイク版が制作された。  情報筋がVarietyに語ったところによると、新シリーズは同じ世界観を持った舞台で展開する新しい物語を扱い、オリジナルシリーズのスピンオフやリブートにはならないという。企画は初期の開発段階にあり、それ以外の詳細は不明。オリジナルシリーズを制作したテンプル・ストリート・プロダクションズが、新シリーズも手がけるとのことだ。  現在、プロデューサー陣が脚本家選びを進めている。同じ世界観の中で、どのように異なるストーリーを展開できるか、数人の脚本家に異なる解釈でアイデアを出してもらいながら、最終的に方向性を決める形になるという。

  • ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』に主演する知英

    知英、連ドラ初主演 人気海外ドラマリメイクで1人7役に挑戦

    エンタメ

     女優・アーティストの知英が、人気海外ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』の日本版リメイク作品『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』で、連続ドラマ初主演することが発表された。劇中で1人7役を務める知英は「7役を一気にやるということは女優人生でもなかなかないことですし、今後の糧になると思います」とコメントを寄せている。@@cutter アメリカ及びイギリスでシーズン5まで放送した人気海外ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』をリメイクする本作は、貧困に喘ぐ元孤児のシングルマザー・青山沙羅(知英)が、金のために自分に瓜二つな女性刑事・椎名真緒子になりすましたことをきっかけに追い詰められていく様を描くサスペンス。知英は沙羅や真緒子に加えて、大学院生や暗殺者など、計7人のキャラクターを演じる。  「主演のお話をいただいたときは、喜びよりも本当に私でいいの!?という驚きでした。BBC版オーファン・ブラックはストーリーの展開が早く、内容も衝撃的で、中毒性があり私もドキドキしながら観ていました。その作品を自分が主演でやることも信じられないですし、プレッシャーしかないですが、とにかくやるしかないという心境です」と明かす知英は、「共演者がほぼ自分というのも初めてなので、どうなっていくのか自分でもまだわかりませんが、7役を一気にやるということは女優人生でもなかなかないことですし、今後の糧になると思います」ともコメント。  さらに「もちろん等身大の大学院生もありますが、刑事だったり、暗殺者だったりと役の振り幅がかなり大きいので、この撮影期間中自分自身の人格も分からなくなりそうです」とも。それでも「この大きな試練に大きな決意をもってチャレンジしたいと思っています。まずは7人のキャラクターを自分の中で作りこみ頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。  ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』は、東海テレビ・フジテレビ系にて12月2日より毎週土曜23時40分放送。

  • 第68回エミー賞発表!『ゲーム・オブ・スローンズ』が2年連続で作品賞受賞

    第68回エミー賞発表!『ゲーム・オブ・スローンズ』が2年連続で作品賞受賞

    海外ドラマ

     米テレビ界の祭典である第68回エミー賞授賞式が、現地時間9月18日にロサンゼルスで開催。ミニシリーズ/TV映画部で22ノミネートされていたリミテッドシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が作品賞含む主要部門を席巻し、ドラマ部門作品賞は2年連続で『ゲーム・オブ・スローンズ』が受賞した。@@cutter 『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』は、1994年に、元妻とその友人殺害の罪を問われた元人気アメフト選手O・J・シンプソンがかけられた“世紀の裁判”を描く作品。同作は22ノミネートされ、ミニシリーズ/TV映画部門で作品賞、主演男優賞(コートニー・B・ヴァンス)、主演女優賞(サラ・ポールソン)など主要部門を制覇した。  ドラマ部門では、架空の王国を舞台に、複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを描く人気シリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』が、最多23ノミネートで作品賞を2年連続で受賞。また、同部門の主演男優賞では『MR.ROBOT/ミスター・ロボットのラミ・マレックが、主演女優賞では『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』のタチアナ・マズラニーが、それぞれ初ノミネートで初受賞となった。 主な受賞作品・受賞者は以下のとおり。 【ドラマ部門】 ■作品賞:『ゲーム・オブ・スローンズ』 ■主演男優賞:ラミ・マレック(『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』) ■主演女優賞:タチアナ・マズラニー(『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』) ■助演男優賞:ベン・メンデルソーン(『BLOODLINE ブラッドライン』) ■助演女優賞:マギー・スミス(『ダウントン・アビー』) 【コメディ部門】 ■作品賞:『Veep(原題)』 ■主演男優賞:ジェフリー・タンバー(『トランスペアレント』) ■主演女優賞:ジュリア・ルイス=ドレイファス(『Veep(原題)』) ■助演男優賞:ルーイ・アンダーソン(『Baskets(原題)』) ■助演女優賞:ケイト・マッキノン(『サタデー・ナイト・ライブ』) 【ミニシリーズ/TV映画部門】 ■ミニシリーズ作品賞:『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ■TV映画作品賞:『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』 ■主演男優賞:コートニー・B・ヴァンス(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』) ■主演女優賞:サラ・ポールソン(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』) ■助演男優賞:スターリング・K・ブラウン(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』) ■助演女優賞:レジーナ・キング(『アメリカン・クライム』)

  • クローン人間に迫る『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』リリース決定!

    現代科学のタブーに迫る!衝撃サスペンスドラマ『オーファン・ブラック』リリース決定

    海外ドラマ

     昨年春に北米でシーズン1が放送されるやいなや、その群を抜いた面白さで各賞レースを席巻している、衝撃の新感覚サスペンス海外ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』が、ついに日本上陸を果たすことが決定。8月2日よりDVDのレンタル開始、8月6日よりDVD BOXが発売する。@@cutter 本作は、カナダのケーブル局SPACEとBBCアメリカの合作として、2013年3月、カナダを皮切りに世界各国で放送され、関係者も予想しなかったほどのヒットとなった最新テレビシリーズ。    主人公は、孤児院出身で前科者のサラ。養母に預けた娘を連れて遠くへ逃げ、人生をやり直そうと考えていた時に、自分とソックリな女性べスが自殺する現場を目撃する。サラは義弟フェリックスの力を借りて自らの死を偽装。べスになりすまし、彼女の貯金を奪って逃走資金に充てようとする。だが、誤算だったのはべスの職業が刑事ということ。そのうえ、生前に不祥事を起こしていた。正体を知られまいと四苦八苦する彼女の前に、またしても自分と瓜二つの別人が現れる…。  現代科学における最大のタブーとも呼べるクローン人間。本作は、いわば禁断の研究開発の末に生み出された女性たちにまつわる、恐るべき陰謀の謎を描いた衝撃的なサスペンスだ。    国内からもすでに絶賛コメントが寄せられており、『マジンガーZ』『キューティーハニー』などを代表作に持つ漫画家・永井豪は「回を追うごとに面白さ倍増!斬新なストーリー設定、見事なシナリオで唸らせられた。連続ドラマの大傑作だ!!」とコメントを寄せる。    『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』は、8月2日よりDVDレンタル、8月6日よりDVD BOX発売。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access