NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン1 関連記事

  • 『NCIS ネイビー犯罪捜査班』主演のマーク・ハーモン

    『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』、シーズン17更新が決定

    海外ドラマ

     2003年に放送が始まって以来、不動の人気を得ている米CBS局の海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』。人気キャラクターだった科学捜査分析官アビー・シュート役の女優ポーリー・ペレットがシーズン15で降板し、シーズン16での失速が心配されたが、このたび無事シーズン17の制作が決まったという。@@cutter Deadlineによると、同シリーズの要となる主人公のリロイ・ジェスロ・ギブス役の俳優で製作総指揮も務めるマーク・ハーモンが、製作のCBS TVスタジオズ側と新しい契約を交わしたとのことだ。  アメリカ軍や軍人が関係する事件の捜査にあたる海軍犯罪捜査局の捜査官たちの活躍を描く『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』。リバイバルをウワサされる海外ドラマ『犯罪捜査官ネイビーファイル』のスピンオフとして始まった。今では『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』から、『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』と『NCIS:ニューオーリンズ』の2つのスピンオフが生まれている。この2つのドラマもほぼ確実に更新されると見られている。  『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』はCBS局の番組の中でも最長寿の番組で、視聴率にも陰りがないとのこと。シーズン16は平均で1600万人の視聴者を獲得していたという。海外での人気も高く、200ヵ国以上で放送されている。

  • 『NCIS ネイビー犯罪捜査班』主演のマーク・ハーモン

    『NCIS』シーズン16更新決定! 衰え知らずの人気

    海外ドラマ

     2003年に始まった米CBS局の人気海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』。初放送から15年後の現在も同局のドラマの中でナンバー1の座を維持し、平均1700万人の全米視聴者を獲得する人気ドラマが、シーズン16に突入するという。@@cutter comingsoon.netによると、シーズン16の制作が決定したのと同時に、シリーズの主演を務めるリロイ・ジェスロ・ギブス役の俳優マーク・ハーモンが契約更新したという。マークは2011年から同シリーズの製作総指揮を兼任する。  ギブス特別捜査官率いるアメリカ海軍犯罪捜査局(NCIS)のチームが、海軍の兵士や関係者がからむ事件の解決に活躍する姿を描く『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』。アメリカ国内だけでなく、世界200ヵ国以上でリリースされているドラマとして、「世界で最も視聴されているドラマ」の称号を維持している。  マークの契約更新によりシリーズの継続が確定し、番組のファンは胸をなで下ろしているといったところだが、シーズン16では残念なことにオリジナルキャストの姿が1人見れなくなることが決まっている。ゴシックファッションに身を包むNCISの科学捜査分析官アビー・シュート役の女優ポーリー・ペレットが、シーズン15で降板するのだ。  これによりシリーズに残るシーズン1からのオリジナルキャストはギブス役のマークのほかに、ダッキーこと検視官のドナルド・マラードを演じる俳優デヴィッド・マッカラムのみとなる。特別捜査官ティモシー・マクギー役の俳優ショーン・マーレイはシーズン1にゲスト出演した後、シーズン2よりレギュラー出演となった。

  • 『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』アビー役ポーリー・ペレットがシーズン15で降板

    『NCIS』アビー役ポーリー・ペレットがシーズン15で降板

    海外ドラマ

     2003年に米CBS局でシリーズの放送が始まって以来、根強い人気を誇る海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』。シーズン1から科学捜査分析官のアビー・シュート役で出演する女優ポーリー・ペレットが、9月から全米放送が始まったシーズン15をもって降板することが明らかになった。@@cutter ポーリーは自身のツイッターで「私がこのシーズン(15)終了後に『NCIS』を去るのは事実です。理由については様々な誤報が流れています(私はスキンケアブランドは持っていないし、テレビ局や番組側が私に腹を立てているということもありません)」と報告。「今回の決定は昨年しました。アビーが今シーズンだけでなく、これまでの16年間に私達全員に与えてくれたことを皆さんが愛し、楽しんでくれることを願います。愛、笑い、インスピレーションの全て…。私も皆さんと同じくらいアビーが大好きでたまりません」と締めくくった。  E!Newsによると、CBS局側からもシリーズを去るポーリーに、はなむけの言葉が贈られているという。降板はCBS側からではなくポーリーの決断だったとのことだ。ポーリーは降板を決めた理由については明かしていない。局側はNCISチームを愛し、愛されてきたアビーを送り出すのにふさわしい特別なストーリーを準備しているという。

  • 人気海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』にカメオ出演するというミシェル・オバマ米大統領夫人

    『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』、オバマ大統領夫人がゲスト出演か

    海外ドラマ

     2003年に初放送されて以来、常に高視聴率をマークしている人気長寿海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』。ワシントンDCを拠点にする米海軍犯罪捜査局の特別捜査官の活躍を描く同ドラマに、現オバマ政権のファーストレディ、ミシェル・オバマ大統領夫人が出演するそうだ。@@cutter Washington Post紙によると、チームを率いるリロイ・ジェスロ・ギブス特別捜査官を演じるマーク・ハーモンが、現地時間11日にホワイトハウスの外と中で撮影が行われると語ったという。その際マークは、ミシェル・オバマ大統領夫人が出演する場面があることを明かしたとのことだ。  同ドラマを放送する米CBC局に確認したところ、ワシントンDCでの撮影があることは認めたが、それ以上の情報は提供しなかったという。  『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』は現在、シーズン13が放送中。残す2話となったが、このシーズンをもってシーズン1からレギュラー出演するトニー・ディノッゾ捜査官役の俳優マイケル・ウェザリーが降板する。代わりに海外ドラマ『24 ‐TWENTY FOUR‐』のサラ・クラークが、ニューヨークから転任してきたテス・モンロー特別捜査官役で出演することが伝えられた。またイギリス出身の俳優ドウェイン・ヘンリーが、MI‐6工作員クレイトン・リーヴス役で起用された。2人はシーズン13で登場するが、既に製作されることが決まっているシーズン14&15でレギュラーキャストに昇格する可能性があるという。

  • シーズン13をもって『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』を降板するマイケル・ウェザリー

    『NCIS』ディノッゾ役マイケル・ウェザリーが降板「最高の経験だった」

    海外ドラマ

     米CBS局で2003年から放送されている人気の長寿海外ドラマ『NCIS ネイビー犯罪捜査班』にシーズン1から出演するトニー・ディノッゾ役のマイケル・ウェザリーが、現在放送中のシーズン13をもって降板することが明らかになったとTV Lineが伝えた。@@cutter 米海軍と海兵隊の絡む事件を取り扱う海軍犯罪捜査局(NCIS)の捜査官たちの活躍を描く『NCIS ネイビー犯罪捜査班』。マイケルはシーズン1より映画・ドラマ好きで陽気な捜査官トニー・ディノッゾを13年間演じてきたが、降板することが報道されると現地時間5日、「ディノッゾは素晴らしい突拍子もないキャラクターで、この13シーズンもの間、思う存分彼を演じて楽しんだ」「レスリー・ムーンベス(CBS局CEO)とCBSには一生に一度のチャンスをもらった」「僕にとって家族も同然の素晴らしいスタッフとキャストが恋しくなるよ。そして世界中にいるファンのみんな、ありがとう。最高の経験だった」と立て続けにツイートした。  同ドラマからはシーズン11の始めにシーズン3から出演するジヴァ・ダヴィード役のコート・デ・パブロが降板。その2年後にシヴァと抜群の相性を見せていたディノッゾを演じ、テレビドラマ俳優の好感度ランキングで高い人気を維持するマイケルが去ることになり、ファンは落胆の色を隠せないだろう。マイケルの出演はシーズン13の最終話が最後になるという。

  • テレビドラマ女優の好感度1位は『NCIS』のポーリー・ペレット

    アメリカTVドラマの女優好感度ランキングが発表!1位は『NCIS』の…?

    海外ドラマ

     米エンターテインメント情報サイトThe Wrapが、アメリカのテレビドラマ俳優部門に続き、テレビドラマ女優の好感度ランキングを発表。女優版でも海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』から、アビー役のポーリー・ペレットが1位に輝いた。@@cutter この好感度ランキングは、今秋に放送される/放送が始まった米5大ネットワーク局のABC、CBS、NBC、CW、FOXのドラマに出演する女優が対象で、Qスコアの数値の高さが基準になっている。Qスコアとは、Q Score Companyという会社が算出する数値で、1800人以上の参加者に女優の名前と簡単なバックグラウンドを説明し、そのスターを認識しているか、またどう思っているかなどを訊ね数値にまとめたもの。テレビ局や映画会社が参考にする数値だそうだ。  1位のポーリーは俳優部門で1位だったマイケル・ウェザリーと同様、12年目に突入した『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のシーズン1からレギュラー出演する。Qスコアは31。海軍犯罪捜査局の特別捜査官ギブスやチームから愛され、厚い信頼を寄せられる科学捜査分析官アビーを演じる。  2位のA・J・クックは1ポイント差の30Qスコアを獲得。10年目を迎える長寿人気海外ドラマ『クリミナル・マインド』にはシーズン1から出演し(途中、一時降板もあり)、FBI行動分析課BAUチームの一員ジェニファー・ジャロウ、通称JJを演じる。  同ドラマからは、犯罪現場に赴くBAUチームをIT技術を駆使して支える分析官のペネロープ・ガルシアを演じるカーステン・ヴァングスネスが、27のQスコアで4位にランクインしている。  今秋のテレビドラマに出演する女優の好感度ランキング・トップ10は以下の通り。(名前/作品名/Qスコア) 1位 ポーリー・ペレット/『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』/31 2位 A・J・クック/『クリミナル・マインド』/30 3位 マリスカ・ハージティ/『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』/29 4位 エミリー・ヴァンキャンプ/『リベンジ』/28 5位 カーステン・ヴァングスネス/『クリミナル・マインド』/27 5位 サラ・シャヒ/『パーソン・オブ・インタレスト』/27 7位 ベラミー・ヤング/『スキャンダル 託された秘密』/26 8位 ケイリー・クオコ/『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』/25 9位 ケリー・ワシントン/『スキャンダル 託された秘密』/24 9位 ジェニファー・モリソン/『ワンス・アポン・ア・タイム』/24 9位 マギー・Q/『NIKITA/ニキータ』/24

  • 『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』にニューオリンズを舞台にした新スピンオフ企画が浮上(写真は『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』より)

    『NCIS』ニューオリンズを舞台にした新スピンオフ・ドラマが始動

    海外ドラマ

     9月に全米でシーズン11の放送が始まった人気海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査斑』に、新たなスピンオフ・ドラマの企画があるようだ。@@cutter 本家『NCIS ~ネイビー犯罪捜査斑』のショーランナー=ゲイリー・グラスバーグと、同ドラマの主演スター、海軍犯罪捜査局(NCIS)捜査官のギブス役でお馴染みのマーク・ハーモンが製作総指揮を務めるという新スピンオフ。2014年春に放送される『NCIS』シーズン11のエピソードの一部で紹介されるというスピンオフの舞台はルイジアナ州ニューオリンズ。TV Lineによると、ペンサコーラ(フロリダ州)からミシシッピ州、ルイジアナ州、テキサス州最北部の地域までを網羅するニューオリンズ支部のNCIS捜査官の活躍を描くという。  ドラマのタイトルは正式決定していないようだが、ロサンゼルスを舞台にした2009年スタートのスピンオフ『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』の英語タイトルから察するに、『NCIS:New Orleans』になるのが妥当だろうか。新スピンオフに登場するキャラクターのオーディションが始まるようで、ShowBiz411が入手した募集要項には以下の4名のキャラクター詳細が表記されているようだ。 NCIS特別捜査官D・プライド 新スピンオフ・シリーズの主役。本家のギブスにあたる存在のようだ。50代。男性。人種問わず。カリスマ性に溢れ、活気に満ちた人物。一瞬一瞬を楽しむが必要とあれば断固とした強さを示せる。頑固、率直、うわついたところがなく、かなり頭が切れるなどの性格描写となっている。 NCIS特別捜査官C・ラサール シリーズ・レギュラー。人種問わず。30代半ば。男性。ハンサムでセクシー、細マッチョタイプの体型を募集しているようだ。保安官補だったがNCIS捜査官に転身。何らかの事情があるようだ。タフで頭が良く、魅力的で優しい…と、女性の視聴者層を狙った人物設定の模様。 NCIS特別捜査官M・ブロディ シリーズ・レギュラー。人種問わず。30代。女性。洞察力に優れ真面目。アイビーリーグ出身の政府職員のように振る舞うが、グレース・ケリーのような気品と華やかさがある。情熱的で忠実、セクシーで面白い、謎めいていて…と、女性のあらゆる魅力を兼ね揃えているようだ。 L・ウェイド博士 シリーズ・レギュラー。人種問わず。40代。女性。率直な物言いで意図的に矛盾した言動をすることがあるらしい。エキセントリックでユーモアのセンスがあり、きれいな女性の設定の模様。大学のフットボールが好きらしい。  本家『NCIS』と『NCIS:LA』にいそうでいないキャラクターが集まっていそうなニューオリンズ支部。ニューオリンズという土地柄もドラマのストーリーに華を添えそうだ。

  • ジヴァとギブス、もうこんな姿も見れなくなる…

    コート・デ・パブロ、『NCIS』シーズン11のレギュラー降板決定

    海外ドラマ

     米CBSの全米視聴率ナンバー1ドラマ『NCIS ネイビー犯罪捜査班』で、シーズン3からジヴァ・ダヴィード役で出演していたコート・デ・パブロが、シーズン11に続投しないことが明らかになった。@@cutter Deadline.comによると、コートのシーズン11レギュラー降板はCBSが正式に認めており、番組の降板はコートの決断だったとのこと。彼女自身も声明を発表している。  「『NCIS』とジヴァ・ダヴィードで実に素晴らしい8年間を過ごしました。マーク(・ハモンズ)、ゲイリー(・グラスバーグ/製作・脚本)、マイケル(・ウェザリー)、デヴィッド(・マッカラム)、ロッキー(・キャロル)、ポーリー(・ペレット)、ブライアン(・ディーツェン)、ショーン(・マーレイ)、そして製作チームの皆さんとCBSをとても尊敬しています。ジヴァのストーリーの結末を楽しみにしています」。  今年で出演契約の更新を迎えていたのはコートとマークだったが、マークに関しては2月に契約更新が確定しており、主要キャストで続投が確定していなかったのはコートだけだった。  コートの降板を受け、ジヴァにふさわしい最終章をシーズン11に盛り込むと、CBSは話しており、コートがゲスト出演して、ジヴァのNCISでの歴史に何らかの形で区切りを付けるのは間違いないようだ。

  • 「NCIS:LA」から新たなスピンオフ誕生?

    スピンオフからスピンオフ誕生!?「NCIS」シリーズに新作の噂

    海外ドラマ

     米人気TVシリーズ「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」に新たなスピンオフが製作されるかもしれない。@@cutter ハリウッドリポーターによると「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」では、これから放送される前後編エピソードに新たなキャラクターが登場する。その新キャラクターをメインとしたスピンオフが誕生する可能性があるという。  新キャラクターというのは、犯罪捜査で国中を巡るモバイルチームと呼ばれるエージェントたち。このスピンオフは「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」、「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」の製作総指揮を手がけるシェーン・ブレナンが脚本・製作総指揮を務めるとみられる。  「NCIS」シリーズは、スピンオフ前にエピソード内で初登場するのが定例となっており、「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」も「犯罪捜査官ネイビーファイル」内で初登場したほか、「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」も、単独でのスタート前に「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」の前後編エピソード内で初登場している。  「犯罪捜査官ネイビーファイル」から生まれたスピンオフ「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」が大ヒットとなり、そこから生まれたスピンオフが「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」。そして今回その「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」から、またもや新たなスピンオフ誕生に期待が寄せられている。

  • わずか1年でギャラ王に!

    アシュトン・カッチャー、フォーブス誌の最もギャラの高いドラマ俳優に!

    海外ドラマ

     米経済誌フォーブスが、2012年度の「最もギャラの高いTVドラマ俳優」リストを発表した。首位に踊り立ったのは、全米で大人気の長寿コメディ「Two and a Half Men(原題)」で2011年9月から主演を務めているアシュトン・カッチャーだった。@@cutter このランキングは2011年5月から2012年5月までの収入から算出したもので、カッチャーはこの1年間で2,400万ドル(約19億円)を稼いだという。  「Two and a Half Men」はそれまで、チャーリー・シーンが主役を張り、日本でも「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」として放送され人気を博していたが、シーンの度重なるプライベートでの奇行が災いし、番組を降板。以降はカッチャーが主演を務め現在も高視聴率をたたき出している。ちなみに昨年度のトップはシーンで、4,000万ドル(約31億6,000万円)を稼いでいる。  第2位には「Dr.HOUSE」のヒュー・ローリーと「Men of a Certain Age(原題)」のレイ・ロマノ。それぞれ1,800万ドル(約14億2,000万円)を稼ぎ出しタイに並んでいる。  10位までのリストは以下のとおり。 1位 アシュトン・カッチャー 「Two and a Half Men(原題)」 2位 ヒュー・ローリー 「Dr.HOUSE」 2位 レイ・ロマノ 「Men of a Certain Age(原題)」 4位 アレック・ボールドウィン 「30 ROCK/サーティー・ロック」 5位 マーク・ハーモン 「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」 6位 ティム・アレン 「Last Man Standing(原題)」 7位 ジョン・クライヤー 「Two and a Half Men(原題)」 8位 パトリック・デンプシー 「グレイズ・アナトミー」 9位 ジム・パーソンズ 「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」 10位 ジョニー・ガレッキ 「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access