クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

MR. ROBOT/ミスター・ロボット 関連記事

  • ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>、『ザ・クラウン』らが最多4ノミネート

    ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>ノミネート発表、『ザ・クラウン』らが最多

    海外ドラマ

     現地時間9日、アカデミー賞の前哨戦の1つとして注目される第77回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表された。テレビの部では、『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』、『ザ・クラウン』、『アンビリーバブル たった1つの真実』の3作品がそれぞれ最多4ノミネートを獲得した。@@cutter 1986年に旧ソ連ウクライナ共和国で起きた原発事故を描くリミテッドシリーズの『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』は、リミテッドシリーズの作品賞、男優賞、助演女優賞、助演男優賞の候補に。英エリザベス女王の治世を描く『ザ・クラウン』は、ドラマ部門の作品賞、女優賞、男優賞、助演女優賞でのノミネートとなった。  レイプ事件を追う2人の女刑事を描くリミテッドシリーズの『アンビリーバブル たった1つの真実』は、作品賞、女優賞(2)、助演女優賞の4ノミネートを獲得した。  第77回ゴールデン・グローブ賞は現地時間2020年1月5日に授賞式が開催される予定。コメディー俳優のリッキー・ジャーヴェイスが5回目のホストを務める。  <テレビの部>候補者・候補作品は以下の通り。 ●作品賞(ドラマ) 『ザ・クラウン』 『キリング・イヴ/Killing Eve』 『ザ・モーニングショー』 『メディア王~華麗なる一族~』 『ビッグ・リトル・ライズ』 ●女優賞(ドラマ) ジェニファー・アニストン『ザ・モーニングショー』 オリヴィア・コールマン『ザ・クラウン』 ジョディー・カマー『キリング・イヴ/Killing Eve』 ニコール・キッドマン『ビッグ・リトル・ライズ』 リース・ウィザースプーン『ビッグ・リトル・ライズ』 ●男優賞(ドラマ) ブライアン・コックス『メディア王~華麗なる一族~』 キット・ハリントン『ゲーム・オブ・スローンズ』 ラミ・マレック『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』 トビアス・メンジーズ『ザ・クラウン』 ビリー・ポーター『POSE ポーズ』 ●作品賞(コメディー/ミュージカル) 『バリー』 『Fleabag フリーバッグ』 『コミンスキー・メソッド』 『マーベラス・ミセス・メイゼル』 『ザ・ポリティシャン』 ●女優賞(コメディー/ミュージカル) ナターシャ・リオン『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』 フィービー・ウォーラー=ブリッジ『Fleabag フリーバッグ』 クリスティナ・アップルゲイト『デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~』 レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』 キルステン・ダンスト『On Becoming a God in Central Florida(原題)』 ●男優賞(コメディー/ミュージカル) マイケル・ダグラス『コミンスキー・メソッド』 ビル・ヘイダ―『バリー』 ベン・プラット『ザ・ポリティシャン』 ポール・ラッド『僕と生きる人生』 ラミー・ユーセフ『Ramy(原題)』 ●作品賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) 『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 『Fosse/Verdon(原題)』 『The Loudest Voice(原題)』 『アンビリーバブル たった1つの真実』 『Catch‐22(原題)』 ●女優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) ケイトリン・デヴァー『アンビリーバブル たった1つの真実』 ジョーイ・キング『The Act(原題)』 ヘレン・ミレン『Catherine the Great(原題)』 メリット・ウェヴァー『アンビリーバブル たった1つの真実』 ミシェル・ウィリアムズ『Fosse/Verdon(原題)』 ●男優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) サーシャ・バロン・コーエン『ザ・スパイ -エリ・コーエン-』 ラッセル・クロウ『The Loudest Voice(原題)』 ジャレッド・ハリス『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 サム・ロックウェル『Fosse/Verdon(原題)』 クリス・アボット『Catch‐22(原題)』 ●助演女優賞 エミリー・ワトソン『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 パトリシア・アークエット『The Act(原題)』 ヘレナ・ボナム・カーター『ザ・クラウン』 トニ・コレット『アンビリーバブル たった1つの真実』 メリル・ストリープ『ビッグ・リトル・ライズ』 ●助演男優賞 ヘンリー・ウィンクラー『バリー』 アラン・アーキン『コミンスキー・メソッド』 キーラン・カルキン『メディア王~華麗なる一族~』 アンドリュー・スコット『Fleabag フリーバッグ』 ステラン・スカルスガルド『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』

  • シーズン4で終了する『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』

    『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 12話構成のシーズン4で終了へ

    海外ドラマ

     エミー賞やゴールデン・グローブ賞を受賞した人気海外ドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』。米USAネットワーク局では2019年に放送予定のシーズン4で終了する、とThe Hollywood Reporterが報じた。@@cutter 2015年に全米放送が始まった『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』。謎の男ミスター・ロボットの接触を受けた孤独な天才ハッカーのエリオットが、凄腕のハッカーたちが集まる謎の集団「f・ソサエティ」に関わり、巨大な陰謀の渦に巻き込まれていくさまを描く。  主演のエリオットを演じるラミ・マレックは同シリーズで注目を集め、エミー賞の主演男優賞を受賞。ロックバンド・クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリー役に抜擢されるなど、映画界にも活躍の場を広げている。ミスター・ロボットは、映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『ブロークン・アロー』などで知られる俳優クリスチャン・スレイターが務める。  シーズン4は昨年12月に制作が決まっていたが、前3シーズンの中で最も少ない8話構成になる予定だった。シーズン5の構想があったとのことで、最終的に8話構成から12話構成になるという。  企画・製作総指揮のサム・エスメイルは、当初よりシーズン4かシーズン5で終わる形で構想していたことをThe Hollywood Reporterとのインタビューで話しており、シーズン3のシーズンフィナーレが放送された後には、「あと2シーズンになることを望んでいるが、どうするか検討中」とコメントしていたという。

  • Kダブシャインが書下ろしリリックでハッカーの世界を表現!

    Kダブシャイン書き下ろし『MR. ROBOT』PVが完成! ハッカーの世界を鋭く切る

    海外ドラマ

     天才ハッカーの活躍を描いた、サイバー・サスペンスドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の世界観を、日本を代表するカリスマ・ヒップホップMC・Kダブシャインの書き下ろしリリックで表現したPV「MR. ROBOT」が公開された。@@cutter 本作は、昼はサイバーセキュリティ会社で、クライアント会社の機密情報を守るエンジニアとして働き、夜はハッキングした情報で悪者を懲らしめる天才ハッカー、エリオットを主人公としたサイバー・サスペンスドラマ。現代社会に生きる人々の悩みや隠し事、理不尽に感じる社会への不満をリアルに描写し、TV賞レースで多数の賞を受賞した。主演は、2016年「エミー賞」主演男優賞を受賞したラミ・マレックが務める。  そんな本作の世界感を今回、ラッパーのKダブシャインが鋭く切る。Kダブシャインは、「児童虐待」「シングルマザー」「麻薬」「AIDS」や「国家」など、様々な社会的トピックを扱う数少ないMCとして知られており、その洗練された文学的な韻表現と社会的な詩の世界が、高い評価を得ているヒップホップ界のレジェンドだ。  公開されたPVでは、パーカーのフードを被り、本作の主人公エリオットをイメージしたスタイルで登場。そして、「誰もが薄い板見て街歩き 金の成る木探してやる気 世界中これ金融の奴隷 搾取され言わされるお礼 今クモの巣地球覆い尽くし 不都合な真実、握り潰し 見えない何かによって支配」と、完全書き下ろしのリリックを披露。現代の社会問題のタブーを強烈に風刺した本作を見事に表している。  『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』DVD‐BOXはNBCユニバーサル・エンターテイメントより発売中&レンタル中。

  • 全米震撼のサイバー・サスペンスドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』DVD‐BOX発売中!

    ハリウッド大注目のラミ・マレック、『MR. ROBOT』の魅力を語る特典映像解禁

    海外ドラマ

     全米のTV賞レースで多数の賞を受賞した話題作『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のDVD‐BOXリリースにあわせて、特典として収録されている映像の一部が公開された。映像では、主人公の天才ハッカー、エリオットを演じたラミ・マレックのキュートな一面を見ることができるNG集や、本ドラマの魅力を語ったインタビューなどが紹介されている。@@cutter 本ドラマは、ニューヨークの巨大企業にサイバーテロを仕掛ける謎のハッカー集団と、社会や体制に敵意をむき出しにする孤高のハッカー、エリオットが、暗躍する真の悪に裁きを下すサイバー・サスペンスドラマ。繊細さと凶暴さをあわせ持った闇深いキャラクター、エリオットを熱演したラミはエミー賞ほか多数の主演男優賞を獲得し、ハリウッドから熱い視線を浴びている。  今回、公開されたメイキング映像では、ラミのほか、謎の男“ミスター・ロボット”を演じたクリスチャン・スレイター、そして企画・製作総指揮・監督・脚本を手掛けたサム・エスメイルらがインタビューに答えている。インタビューでラミは演じたエリオットについて、「彼がハッキングをするのは、生身の人間が相手では、心でつながれないからだ」と分析。  脚本も手掛けたエスメイル監督は、エリオットとミスター・ロボットとの関係を「ジキルとハイド」に例え、これに同調したクリスチャンは、「エリオットの方が常識的。ミスター・ロボットは破壊や派手さを求める」と追随。ラミも「ミスター・ロボットの正体は、エリオットを困惑させ、彼に悲しい影を落とす」と指摘した。二人の複雑な心境や関係性がキャストの言葉からも伝わってくる。  また、ラミの魅力全開の舞台裏やNGシーンも紹介。撮影の合間にロボットダンスを踊っておどけたり、エスメイル監督の注意を無視して犬と戯れたり、はたまたタバコを吸うシーンでなかなか火が付かず「ジッポーが要る」とアドリブを入れたり、お茶目な一面を垣間見ることができ、ファンにはたまらない映像となっている。  『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』DVD‐BOX(価格:6000円+税抜)は、現在発売中、DVDレンタル中。

  • 『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』サムネイル

  • 日本でもブレイク必至のラミ・マレックに大注目!

    『MR. ROBOT』で主演賞を総なめ!ファッション業界でも注目のラミ・マレックが熱い

    海外ドラマ

     全米を震撼させた衝撃のサイバー・サスペンスドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』で、主人公の天才ハッカー、エリオットを演じたラミ・マレックがハリウッドで大注目を浴びている。2016年エミー賞主演男優賞をはじめ主要ドラマ賞を総なめにし、さらには伝説のロックバンド「クイーン」の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ(原題)/Bohemian Rhapsody』でフレディ・マーキュリー役に大抜擢されるなど、ラミ・フィーバーが止まらない。@@cutter 世界的企業“E(悪魔)コープ”をハッキングで攻撃する天才ハッカー集団“f・ソサエティ”の指導者ミスター・ロボット(クリスチャン・スレイター)は、社会に不満を抱く孤高のハッカー、エリオット(ラミ)をスカウト。ミスター・ロボットの過激な思想に触れるうち、エリオットは自分も革命を起こし、世界を変えられると考え出す…。スティーブ・ジョブズほか実在するセレブや大物たちが実名で登場。本作で描かれるサイバー・パニックは、いま世界のどこで起きてもおかしくない超リアルな現実なのだ。  ラミ演じる主人公エリオットは、昼はサイバーセキュリティ会社でクライアントの機密情報を守るエンジニア、夜はハッキングした情報で悪を懲らしめる孤高の天才ハッカー。人付き合いが苦手で、唯一心を開いているのは幼なじみの同僚・アンジェラ(ポーシャ・ダブルデイ)。病的なまでに社会や体制を憎み、“ミスター・ロボット”に触発されながら、己の正義のために罪を犯すアンチヒーローへと突き進んでいく。  普段はパーカーのフードをスッポリ被り、人と壁を作りながら孤独に生きるエリオット。ところが、いざ悪と対峙したときは、瞳孔全開に怒りをあらわにする。繊細さと凶暴さを併せ持った複雑なキャラクターにラミは渾身の演技で命を吹き込んでいる。とくに深い闇の中に強い主張を持つ“眼”の表現力は秀逸で、エミー賞主演男優賞をはじめ、批評家協会TV賞最優秀主演男優賞、ゴールド・ダービーTV賞主演男優賞など本年度の主演賞を総なめに。早くも本国アメリカでは、シーズン3の製作も決定し、ラミ・フィーバーはますます過熱するばかりだ。  さらに、先日発表された「ディオール オム」の新キャンペーンビジュアルにも登場したラミ。ミュージシャンのボーイ・ジョージ、ラッパーのエイサップ・ロッキーら大スターと肩を並べ、ダークな雰囲気を残しつつも大人の魅力全開で、ブランドイメージと見事に融合している。ハリウッドが大注目、日本でもブレイク必至のラミ・マレック。まずは『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のアンチヒーロー、エリオットの魅力を体感してみてはいかがだろう。(文:坂田正樹)  『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』は、NBCユニバーサル・エンターテイメントより3月8日からDVD‐BOX発売(価格:6000円・税抜)、レンタル開始。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access