クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ビッグ・リトル・ライズ シーズン1 関連記事

  • ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>、『ザ・クラウン』らが最多4ノミネート

    ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>ノミネート発表、『ザ・クラウン』らが最多

    海外ドラマ

     現地時間9日、アカデミー賞の前哨戦の1つとして注目される第77回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表された。テレビの部では、『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』、『ザ・クラウン』、『アンビリーバブル たった1つの真実』の3作品がそれぞれ最多4ノミネートを獲得した。@@cutter 1986年に旧ソ連ウクライナ共和国で起きた原発事故を描くリミテッドシリーズの『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』は、リミテッドシリーズの作品賞、男優賞、助演女優賞、助演男優賞の候補に。英エリザベス女王の治世を描く『ザ・クラウン』は、ドラマ部門の作品賞、女優賞、男優賞、助演女優賞でのノミネートとなった。  レイプ事件を追う2人の女刑事を描くリミテッドシリーズの『アンビリーバブル たった1つの真実』は、作品賞、女優賞(2)、助演女優賞の4ノミネートを獲得した。  第77回ゴールデン・グローブ賞は現地時間2020年1月5日に授賞式が開催される予定。コメディー俳優のリッキー・ジャーヴェイスが5回目のホストを務める。  <テレビの部>候補者・候補作品は以下の通り。 ●作品賞(ドラマ) 『ザ・クラウン』 『キリング・イヴ/Killing Eve』 『ザ・モーニングショー』 『メディア王~華麗なる一族~』 『ビッグ・リトル・ライズ』 ●女優賞(ドラマ) ジェニファー・アニストン『ザ・モーニングショー』 オリヴィア・コールマン『ザ・クラウン』 ジョディー・カマー『キリング・イヴ/Killing Eve』 ニコール・キッドマン『ビッグ・リトル・ライズ』 リース・ウィザースプーン『ビッグ・リトル・ライズ』 ●男優賞(ドラマ) ブライアン・コックス『メディア王~華麗なる一族~』 キット・ハリントン『ゲーム・オブ・スローンズ』 ラミ・マレック『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』 トビアス・メンジーズ『ザ・クラウン』 ビリー・ポーター『POSE ポーズ』 ●作品賞(コメディー/ミュージカル) 『バリー』 『Fleabag フリーバッグ』 『コミンスキー・メソッド』 『マーベラス・ミセス・メイゼル』 『ザ・ポリティシャン』 ●女優賞(コメディー/ミュージカル) ナターシャ・リオン『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』 フィービー・ウォーラー=ブリッジ『Fleabag フリーバッグ』 クリスティナ・アップルゲイト『デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~』 レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』 キルステン・ダンスト『On Becoming a God in Central Florida(原題)』 ●男優賞(コメディー/ミュージカル) マイケル・ダグラス『コミンスキー・メソッド』 ビル・ヘイダ―『バリー』 ベン・プラット『ザ・ポリティシャン』 ポール・ラッド『僕と生きる人生』 ラミー・ユーセフ『Ramy(原題)』 ●作品賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) 『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 『Fosse/Verdon(原題)』 『The Loudest Voice(原題)』 『アンビリーバブル たった1つの真実』 『Catch‐22(原題)』 ●女優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) ケイトリン・デヴァー『アンビリーバブル たった1つの真実』 ジョーイ・キング『The Act(原題)』 ヘレン・ミレン『Catherine the Great(原題)』 メリット・ウェヴァー『アンビリーバブル たった1つの真実』 ミシェル・ウィリアムズ『Fosse/Verdon(原題)』 ●男優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) サーシャ・バロン・コーエン『ザ・スパイ -エリ・コーエン-』 ラッセル・クロウ『The Loudest Voice(原題)』 ジャレッド・ハリス『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 サム・ロックウェル『Fosse/Verdon(原題)』 クリス・アボット『Catch‐22(原題)』 ●助演女優賞 エミリー・ワトソン『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』 パトリシア・アークエット『The Act(原題)』 ヘレナ・ボナム・カーター『ザ・クラウン』 トニ・コレット『アンビリーバブル たった1つの真実』 メリル・ストリープ『ビッグ・リトル・ライズ』 ●助演男優賞 ヘンリー・ウィンクラー『バリー』 アラン・アーキン『コミンスキー・メソッド』 キーラン・カルキン『メディア王~華麗なる一族~』 アンドリュー・スコット『Fleabag フリーバッグ』 ステラン・スカルスガルド『チェルノブイリ ‐CHERNOBYL‐』

  • 『ビッグ・リトル・ライズ<シーズン1>』DVDは、好評レンタル&発売中

    不倫、DV…セレブ妻の裏の顔とは?N・キッドマンら出演『ビッグ・リトル・ライズ』DVD発売

    海外ドラマ

     オスカー女優のニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンがドラマ初出演&製作総指揮を務めたことで話題の海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』のDVDがリリース。本作でニコールは、夫と子どもの為に弁護士を辞めたにも関わらず、家庭内暴力に悩む美人ママを“体当たり”で演じている。@@cutter 『ビッグ・リトル・ライズ』は、米カリフォルニアの高級住宅地を舞台に、子供たちの学校で起きた事件をきっかけにして、幸せなセレブママたちが抱える闇やそれぞれの秘密が明らかになっていく様をスタイリッシュに描いたサスペンス。  不倫やDV、過激なセックスシーンなどセンセーショナルな話題を取り入れながら、犯人そして被害者さえも誰なのか、最後まで明かされない斬新なストーリーが視聴者を引きつける。衝撃的な、計算し尽くされたラスト5分は必見だ。  出演はニコール、リースのほか、シェイリーン・ウッドリー、アレキサンダー・スカルスガルド、ゾーイ・クラヴィッツなど豪華キャスト陣が集結。第75回ゴールデン・グローブ賞では作品賞、主演女優賞など4冠、第69回エミー賞では作品賞、監督賞、主演女優賞など8冠を達成。名だたる賞を総なめにし、全米では社会現象を巻き起こした。  製作にあたり、本作の原作を読みドラマ化を熱望したというリースが、親友であるニコールに共同プロデュースをお願いしたことから企画がスタート。そして、小説を読破したニコールが、自ら原作者リアーン・モリアーティのもとに向かい、作者を口説き落とすことに成功してドラマ化が決定した。ニコールは劇中で美しい裸体も披露するなど、体を張った演技を見せている。  『ビッグ・リトル・ライズ<シーズン1>』DVDは、好評レンタル&発売中。

  • N・キッドマン&R・ウィザースプーン…豪華スター陣共演ドラマの予告映像公開

    N・キッドマン&R・ウィザースプーン…豪華スター陣共演ドラマの予告映像公開

    海外ドラマ

     オスカー女優ニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンが共同制作すると共に出演するミニシリーズ『Big Little Lies(原題)』の予告編が解禁となった。米HBO局が2017年に放送を予定している同シリーズでは、ニコールとリースに加えて、映画『ダイバージェント』シリーズの女優シェイリーン・ウッドリー、映画『わたしに会うまでの1600キロ』の女優ローラ・ダーン、映画『ターザン:REBORN』の俳優アレキサンダー・スカルスガルドなど豪華スター陣の共演が実現する。@@cutter 豪作家リアン・モリアーティの同名小説を原作にした『Big Little Lies(原題)』は、オーストラリアの海辺の町が舞台。子供が同じ幼稚園に通う、年齢も家庭の事情も異なる3人の女性セレステ(ニコール)、マデリン(リース)、ジェーン(シェイリーン)が交流する中で、殺人事件が起きるというダークコメディだ。  予告編は砂浜に押し寄せる波という平和的な光景から、「海の何を見ているの?」と質問する子供と母親の後ろ姿に変わる。「海には何があるの?」と尋ねる子供に、「たくさんの命。夢、謎…」と答えるマデリン。子供の「怪物も?」という問いに「あの水面の下には何が横たわっていてもおかしくないわね」と会話が続く。  子供達のバースデーパーティーや、大人達の愛し合う姿など、どこにでもありそうな街の様子が映し出されるが、ランニング中のジェーンが思わず崖の下に落ちそうになったり、事件を匂わすパトカーのサイレンの色が光ったり、銃口が誰かに向けられていたりと、決して平和とは言えない雰囲気。女性達の表情もどこか雲っているが、どのような事件が巻き起こるのか。  8話構成のミニシリーズは、人気海外ドラマ『アリー・myラブ』のデイビッド・E・ケリーが脚本を執筆。映画『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督がメガホンを取った。

  • ニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーン共同製作の新ドラマに出演する俳優アレキサンダー・スカルスガルド

    アレキサンダー・スカルスガルド、新ドラマでニコール・キッドマンの夫役に

    海外ドラマ

     海外ドラマ『トゥルーブラッド』や映画『メイジーの瞳』の俳優アレキサンダー・スカルスガルドが、オスカー女優ニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンが共同製作し共演する新ドラマ『Big Little Lies(原題)』に、ニコール演じるセレステ・ライトの夫ペリー役で出演するとTV Lineが伝えた。@@cutter リアン・モリアーティの同名小説が原作の同ドラマは、オーストラリアの海辺の町が舞台。年齢も家庭の事情も異なる3人の女性セレステ、マデリン、ジェーンが子供の幼稚園が同じということで出会い交流する中、殺人事件が起きるというダークコメディとのことだ。  人気海外ドラマ『アリー・myラブ』や『ボストン・リーガル』などのクリエイターとして知られるデイビッド・E・ケリーが脚本を執筆し、8話構成のミニシリーズとして米HBO局で放送される予定。この1月より撮影がスタートするという。  リースは元夫と新しい妻が近くに越してきた上に、2人の息子が自分の息子と同じ幼稚園に通うということで苛立つ女性マデリンを演じる。ママ友3人組のもう一人の女性ジェーンを演じるのは、映画『ダイバージェント』シリーズのシェイリーン・ウッドリー。ほか、映画『LIFE!/ライフ』のアダム・スコットや海外ドラマ『リベンジ』のジェームズ・タッパー、映画『ダイバージェント』のゾーイ・クラヴィッツ、映画『わたしに会うまでの1600キロ』のローラ・ダーンなど、豪華俳優陣が勢揃いしている。

  • ニコール・キッドマン&リース・ウィザースプーン製作・出演のドラマに出演するというシェイリーン・ウッドリー

    シェイリーン・ウッドリー、新ドラマでR・ウィザースプーン&N・キッドマンと共演

    海外ドラマ

     オスカー女優のニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンが共同製作し、共演する予定のリミテッドシリーズ『Big Little Lies(原題)』に、映画『ダイバージェント』シリーズのシェイリーン・ウッドリーが出演するという。ニコールが現地時間5日、インドの「ヒンドゥスタン・タイムズ」紙が主催したリーダーシップ・サミットで明かしたと、DeadlineやThe Wrapなど海外メディアが伝えた。@@cutter 『Big Little Lies(原題)』はオーストラリアの作家リーアン・モリアーティの同名小説が原作。オーストラリアの海辺の町を舞台に、子供が同じ幼稚園に通う、年齢も家庭の事情も異なる3人の女性を中心に展開するというダークコメディ。ドラマ版は米HBO局でリミテッドシリーズとして製作が進んでおり、海外ドラマ『アリー・myラブ』や『ボストン・リーガル』などで知られるデヴィッド・E・ケリーが、脚本を執筆すると共に製作総指揮として名を連ねる。  HBO局側はシェイリーンの出演についてコメントを断っているという。シェイリーンは契約締結まで至っていないらしいが、他の子をいじめていると非難されている息子を一人で育てるシングルマザーのジェーンを演じると伝えられた。もう2人の女性マデリンとセレステは、リースとニコールがそれぞれどちらかを演じると予想されるが、Deadlineによると映画『わたしに会うまでの1600キロ』(15)でリースと共演した女優ローラ・ダーンも出演交渉に入っていたらしい。  『Big Little Lies(原題)』の話数は不明。リーダーシップ・サミットでのニコールの発言によると、来年1月からプロダクションが始まるという。

  • ニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンが、共同でドラマ制作&出演

    N・キッドマン&R・ウィザースプーン、豪作家小説を共同製作・出演でドラマ化

    海外ドラマ

     オスカー女優のニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンが共同製作する、オーストラリアの作家リーアン・モリアーティ原作『Big Little Lies(原題)』のドラマ化に、人気海外ドラマシリーズ『アリー・myラブ』や『ボストン・リーガル』などのクリエイターとして知られるデイビッド・E・ケリーが脚本家として参加するそうだ。@@cutter ニコールとリースが本作の映画化権を取得したことは先に伝えられていたが、Varietyによると、テレビドラマのリミテッド・シリーズとして製作されるという。構成話数は不明。2人は出演も予定している。  原作の『Big Little Lies(原題)』は、オーストラリアの海辺の町に暮らす3人の女性が主人公。年齢も家庭の事情も違うマデリンとセレステだが、子供が同じ幼稚園に通っていることで親しくなる、いわばママ友。2人よりも若いジェーンが幼稚園児の息子と共に引っ越してくると、ジェーンと交流を始める2人だが、ジェーンたちには秘密があり、事件が巻き起こるというストーリーだ。  ケリーについては、キャシー・ベイツ主演『ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所』や、ロビン・ウィリアムズ主演のコメディ『クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店』など、『ボストン・リーガル』以降に手掛けたテレビドラマが短命に終わってしまったが、本作は彼の得意とするブラックユーモアに満ちた作品になりそうだ。  ニコールとリースはそれぞれの製作会社ブロッサム・フィルムズとパシフィック・スタンダードの看板を掲げて製作を務める。原作者のモリアーティもプロデューサーとして参加する予定だという。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access