クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン1 関連記事

  • 総合の番組賞&ドラマ番組賞を制覇した『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

    ピープルズ・チョイス・アワード<TVの部> 『ストレンジャー・シングス』が最多受賞

    海外ドラマ

     米メディア「E!」が主催する映画・テレビ・音楽の授賞式「ピープルズ・チョイス・アワード」が現地時間10日にハリウッドで開催され、栄えある受賞者や受賞作品が発表された。テレビの部では、ネットフリックスのオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が最多3冠に輝き、根強い人気を見せつけた。@@cutter テレビ部門では、今夏にシーズン3の配信が始まった『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が、総合的な番組賞とジャンル分けしたドラマ番組賞の両方を制覇。本ドラマのイレブン役でブレイクした現在15歳の女優ミリー・ボビー・ブラウンが、オスカー女優のリース・ウィザースプーン(『ビッグ・リトル・ライズ』)やメイジー・ウィリアムズ(『ゲーム・オブ・スローンズ』)などを抑えて、テレビ女優スター賞に輝いた。  テレビ男優スター賞に輝いた『リバーデイル』のコール・スプラウスと、ドラマ番組スター賞に輝いた『ユーフォリア』のゼンデイヤは、それぞれ映画の部でも受賞を果たしており、2019年は目覚ましい活躍となった。  「ピープルズ・チョイス・アワード2019」テレビ部門の主な受賞作品/受賞者は以下の通り(抜粋)。 ■番組賞 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 ■ドラマ番組賞 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 ■コメディ番組賞 『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』 ■テレビ男優スター賞 コール・スプラウス『リバーデイル』 ■テレビ女優スター賞 ミリー・ボビー・ブラウン『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 ■ドラマ番組スター賞 ゼンデイヤ『ユーフォリア/EUPHORIA』 ■コメディ番組スター賞 クリステン・ベル『グッド・プレイス』 ■イッキ見するに値する番組賞 『アウトランダー』 ■SF/ファンタジー番組賞 『シャドウハンター:The Mortal Instruments』

  • 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン3の場面写真

    『ストレンジャー・シングス』、シーズン4の制作決定

    海外ドラマ

     米TV界のアカデミー賞といわれるエミー賞にノミネートされ、6月にはキャスト陣も来日した、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。7月にはシーズン3が始まったが、この度シーズン4の制作が正式発表された。@@cutter 動画配信サービスのNetflixが手がけ、2016年にシーズン1が配信されて以来、根強いファンに支持されている『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。舞台は1980年代の米インディアナ州、架空の町ホーキンスだ。少年ウィルの失踪事件と超能力を持つ謎の少女イレブンの出現によって、不可解な出来事に巻き込まれていくウィルの仲間や母親、イレブンが裏側の世界の謎に迫りながら、恐ろしい怪物と戦うさまを描く。  公式ツイッターではシーズン4の正式発表を告げるミニ動画が公開され、動画の最後に「ここはもうホーキンスではない」という文字が浮かび上がる。それは何を意味しているのか? シーズン3を観終わっているファンもこれから観るファンも、ワクワクが止まらないことだろう。シーズン4のリリース詳細は不明だ。  今回の正式発表と共に、企画の“ザ・ダファー・ブラザーズ”ことマット&ロス・ダファーはテレビと映画の両方で、Netflixと複数年にわたる包括契約に至ったことが明らかになった。ダファー兄弟が今後、手がける新たな映画やシリーズの中に、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の映画版も入っていることに期待したい。

  • Netflix オリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界3』“夏祭り”イベントにて

    大島優子、憧れの『ストレンジャー・シングス』キャストと対面に喜び爆発

    エンタメ

     女優の大島優子が24日、都内で開催されたNetflix オリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界3』“夏祭り”イベントに登壇。シーズン3の配信を記念して初来日し、同イベントに登壇したケイレブ・マクラフリンらキャスト陣と対面し、喜びを爆発させた。@@cutter 世界中に社会現象とも言えるムーブメントを巻き起こしている大人気ドラマシリーズの本作は、1980年代の小さな町で起きた少年の失踪事件をきっかけに、親友の少年たち、家族、地元警察らが不可解な事件に巻き込まれていくスペクタクル・アドベンチャー。イベントには、ゲイテン・マタラッツォ、ノア・シュナップ、セイディー・シンク、作品のファンであるスピードワゴン井戸田潤と小沢一敬も出席した。  本作の大ファンだという大島。ノアらキャストと対面し、「すごくうれしい!」と笑顔を見せ、「3巡したし、『ストレンジャー・シングス』の大解剖も見ているくらいの大ファン。今日の私服は、この作品のポスタービジュアルのTシャツです」と興奮気味にアピール。  2017年アメリカ・ポートランドへ留学中に本作を知ったそうで、「通っていた学校で話題の持ち切りでした。また、いろんな国にいる友達が『やばいの出たよ』って言いだして、みんな一斉に見始めてましたね」と振り返った。  また本作の魅力について、「一人ひとりキャラクターがすごく立っていて。みんなのやり取りやキャラクターがぶつかり合いながらも引き立っていて、どのシーンも楽しい!」と絶賛。ダスティンがお気に入りのキャラクターだと言い、同役を演じたゲイテンに満面の笑み。  一方、井戸田もキャストと対面し「めっちゃドキドキしてる。前室で会ったときにずいぶん大きくなったと思った。小さい頃から観ているからね、君たちのこと」としみじみ。セイディー演じるマックスのファンだという小沢は「シーズン3が始まるのはワクワクしているけど、シーズン4は2人(小沢とマックス)のラブストーリーにしたい」と宣言。井戸田から「甘いって言って」とふられたセイディーは、「あま~い」と笑顔で返していた。  Netflix オリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界3』は7月4日より全世界同時配信。

  • 『ブラックパンサー』がMTVムービー&TVアワードで映画部門最多4冠

    MTVムービー&TVアワード、『ブラックパンサー』が最多4冠

    映画

     現地時間16日に米サンタモニカで、MTV主催の映画&テレビ賞授賞式MTVムービー&TVアワードが開催され、各部門の受賞者・受賞作品が発表された。映画部門では最多7ノミネートを獲得していたマーベルのヒーロー映画『ブラックパンサー』が、最優秀映画賞を含む最多4冠に輝いた。@@cutter 一般投票で決まるMTVムービー&テレビ・アワード。今年は世界興行収入13億4600万ドル(1482億6190万円)以上を上げたマーベルスーパーヒーロー映画『ブラックパンサー』が、映画部門を制した。最優秀映画賞のほか、タイトルロールを演じた俳優チャドウィック・ボーズマンが最優秀演技賞(映画部門)と最優秀ヒーロー賞をダブル受賞。エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス役のマイケル・B・ジョーダンが、最優秀悪役賞に輝いた。  最優秀映画賞のプレゼンターはレディー・ガガが務めたが、ガガ自身は『レディー・ガガ:Five Foot Two』で最優秀ミュージック・ドキュメンタリー賞を受賞している。今年はまた、マーベルスーパーヒーロー映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの俳優クリス・プラットが、映画業界での功績を称える特別賞のジェネレーション賞を受賞した。  テレビ部門ではNetflixのオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が、最優秀テレビドラマ賞、最優秀演技賞(テレビ部門)、最優秀怪演賞、最優秀ミュージックシーン賞の最多4冠に輝いた。  「MTVムービー&テレビ・アワード2018」の主な受賞結果は以下の通り。@@separator■最優秀映画賞 『ブラックパンサー』 ■最優秀テレビドラマ賞 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 ■最優秀演技賞(映画部門) チャドウィック・ボーズマン/『ブラックパンサー』 ■最優秀演技賞(テレビ部門) ミリー・ボビー・ブラウン/『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 ■最優秀ヒーロー賞 チャドウィック・ボーズマン/『ブラックパンサー』 ■最優秀悪役賞 マイケル・B・ジョーダン/『ブラックパンサー』 ■最優秀キスシーン賞 ニック・ロビンソン&キーナン・ロンズデール/『Love, Simon(原題)』 ■最優秀怪演賞 ノア・シュナップ/『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 最優秀オンスクリーン・チームワーク賞 『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』 /フィン・ウォルフハード、ソフィア・リリス、ジェイデン・リーバハー、ジャック・ディラン・グレイザー、ワイアット・オレフ、ジェレミー・レイ・テイラー、チョーズン・ジェイコブズ ■最優秀コメディ演技賞 ティファニー・ハディッシュ/『Girls Trip(原題)』 ■名脇役賞 マデライン・ペッチ/『リバーデイル』 ■最優秀ファイト賞 『ワンダーウーマン』/ガル・ガドット(ワンダーウーマン)対ドイツ軍兵士 ■最優秀ミュージック・ドキュメンタリー賞 『レディー・ガガ:Five Foot Two』/レディー・ガガ ■ジェネレーション賞 クリス・プラット

  • 「Googleで最も検索されたテレビ番組2017」1位:『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

    Googleで最も検索されたTV番組2017、『ストレンジャー・シングス』が1位

    海外ドラマ

     米Googleが「検索で振り返る2017年」と称して、2017年に最も検索された言葉のランキングを発表。テレビ番組のカテゴリーでは、米NetflixのSFホラードラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が人気の衰えを知らず、2016年に引き続き1位に輝いた。@@cutter 2017年10月に9話構成のシーズン2が配信された『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。1980年代の米インディアナ州の田舎町を舞台に、少年ウィルが失踪したのをきっかけに巻き起こる一連の謎に迫る。同作がきっかけで、ウィルの失踪と引き換えに発見された不可思議な少女、イレブンを演じる若手女優のミリー・ボビー・ブラウンがブレイクした。  従来のネットワーク局だけでなく、ケーブルテレビ局やオンライン配信など、番組を視聴できる形態が多様化しているが、中でも注目度の高い番組を送り出し続けているのがNetflixのようだ。トップ10入りした番組のうち、1位の『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や2位の『13の理由』などを含む4作品が、Netflixのオリジナル配信という結果になっている。  2016年に引き続き、2017年もランクインしている番組はもう1作。4位の『ゲーム・オブ・スローンズ』だ。HBO局の同ドラマはシーズン7までの放送が終わっており、ファイナルシーズンと言われているシーズン8が2018年に放送されない可能性があるとのことで、2018年のランキングにどう影響するのか、興味深いところだ。  米Googleで2017年に最も検索されたテレビ番組トップ10は以下の通り。 1位 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 2位 『13の理由』 3位 『Big Brother Brazil(原題)』 4位 『ゲーム・オブ・スローンズ』 5位 『Marvel アイアン・フィスト』 6位 『Bigg Boss(原題)』 7位 『リバーデイル』 8位 『アメリカン・ゴッズ』 9位 『The Kapil Sharma Show(原題)』 10位 『マインドハンター』

  • 「2017年のTV番組ベスト10」に選出された『THIS IS US 36歳、これから』

    「2017年のTV番組ベスト10」発表、『ゲーム・オブ・スローンズ』ら選出

    海外ドラマ

     2017年の集大成として、エンタメメディアのE!が「2017年のTV番組ベスト10」と称し、視聴者を唸らせたこと間違いなしの秀逸番組10作品を発表。オスカー女優リース・ウィザスプーンとニコール・キッドマンがタッグを組んだ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』や、熱狂的なファンに支えられている『ゲーム・オブ・スローンズ』などが選ばれた。@@cutter 従来のテレビ局やケーブルテレビ局に加えて、映像ストリーミング配信サービスが充実している昨今。競争激化のおかげで番組作りにも力が入り、アメリカなどではテレビドラマが映画並みのスケールやキャスト、予算で制作されることもしばしばだ。  『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』はそんな1作品。リースとニコールのほか、シャイリーン・ウッドリーやローラ・ダーン、アレキサンダー・スカルスガルドなど、豪華なキャストが顔をそろえる。同ドラマでは、海辺の小さな高級住宅街で巻き起こった事件をベースに、子供が同じ小学校に通うママ友たちの秘密や裏の顔などが明らかになっていく。  ベストドラマランキングの常連はやはり、『ゲーム・オブ・スローンズ』。2017年はシーズン7が放送されたが、7年経った現在も「最もツイートされたテレビ番組」の称号を維持する。  ラインナップを見ると、オンラインやケーブルテレビの番組が多いが、ネットワーク局NBCの『グッド・プレイス』は、ディズニーの大ヒットアニメ『アナと雪の女王』でアナのボイスキャストを務めた女優クリステン・ベル主演のコメディ。生前は性格の悪かった女性エレノアが、死後の世界で善人になるために奮闘するというストーリーだ。  E!発表「2017年のTV番組ベスト10」(順不同) 『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』(HBO) 『THIS IS US 36歳、これから』(NBC) 『インセキュア』(HBO) 『The Handmaid’s Tale(原題)』(Hulu) 『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO) 『クレイジー・エックス・ガールフレンド』(The CW) 『Better Things(原題)』(FX) 『グッド・プレイス』(NBC) 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Netflix) 『The Real Housewives Of New York City(原題)』(Bravo)

  • 2017年に最もツイートされたテレビ番組1位:『ゲーム・オブ・スローンズ』

    「2017年に最もツイートされたテレビ番組」、1位は『ゲーム・オブ・スローンズ』

    海外ドラマ

     ツイッターが12月初旬、毎年恒例の年間ランキングを発表。話題になった映画や楽曲などとともに、2017年に最もツイートされたテレビ番組(アメリカ国内)として、2016年に続き米HBO局の『ゲーム・オブ・スローンズ』が1位に輝いた。@@cutter 人気の衰えを知らない『ゲーム・オブ・スローンズ』はシーズン8をもって終了することが決まっているが、サンサ・スターク役の女優ソフィー・ターナーが2019年まで放送がないと発言したことでネットを騒がせた。  2位は昨年の7位から飛躍的にアップしたネットフリックスの『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。2017年10月にシーズン2がリリースされたばかりだが、ファンの心をわしづかみにしており、ストリーミング配信のドラマでは最もツイートされているドラマとのことだ。すでにシーズン3とシーズン4の制作が決まっている。  興味深いのは昨年トップ10圏外だった『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。シーズン13に突入した2017年は9位に返り咲き、ウィンチェスター兄弟の人気の高さを見せつけた。    ツイッター発表「2017年に最もツイートされたテレビ番組トップ10」は以下の通り(アメリカ国内)。 1位 『ゲーム・オブ・スローンズ』 2位 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 3位 『Big Brother(原題)』 4位 『13の理由』 5位 『サタデー・ナイト・ライブ』 6位 『ウォーキング・デッド』 7位 『グレイズ・アナトミー』 8位 『ザ・ヴォイス』 9位 『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』 10位 『プリティ・リトル・ライアーズ』

  • 第69回エミー賞、『ウエストワールド』が最多22ノミネーション

    第69回エミー賞、A・ホプキンス出演『ウエストワールド』が最多22ノミネーション

    海外ドラマ

     米テレビ界のアカデミー賞「エミー賞」のノミネーションが現地時間13日に発表され、俳優アンソニー・ホプキンスやエド・ハリス、女優エヴァン・レイチェル・ウッドなど豪華スター陣が共演する米HBO局のSFドラマ『ウエストワールド』が、米NBC局の人気バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』と並んで最多22のノミネーションを獲得した。@@cutter 続いて18ノミネーションに輝いたのは、米FX局のリミテッドシリーズで女優ベティ・デイヴィスとジョーン・クロフォードの不仲を描いた『FEUD:Bette and Joan』。Netflixのオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』とタイ記録となっている。続く17ノミネーションを獲得したのは、コメディ部門の常連、副大統領に就任した元女性議員の奮闘を描く『Veep/ヴィープ』だ。  リミテッドシリーズ部門からは他に、リース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマンらオスカー女優の共演が話題を呼んだHBO局の『ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~』が健闘し、16ノミネーションを獲得。  第69回エミー賞授賞式は現地時間9月17日にロサンゼルスのマイクロソフト・シアターにて開催予定。司会はスティーヴン・コルベアが務める。主なノミネートは以下の通り。 【ドラマ部門】 ■作品賞 『ベター・コール・ソウル』 『ザ・クラウン』 『The Handmaid’s Tale(原題)』 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 『THIS IS US 36歳、これから』 『ウエストワールド』 ■主演男優賞 スターリング・K・ブラウン(『THIS IS US 36歳、これから』) アンソニー・ホプキンス(『ウエストワールド』) ボブ・オデンカーク(『ベター・コール・ソウル』) マシュー・リス(『ジ・アメリカンズ』) リーヴ・シュレイバー(『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』) ケヴィン・スペイシー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』) マイロ・ヴェンティミリア(『THIS IS US 36歳、これから』) ■主演女優賞 ヴィオラ・デイヴィス(『殺人を無罪にする方法』) クレア・フォイ(『ザ・クラウン』) エリザベス・モス(『The Handmaid’s Tale(原題)』) ケリー・ラッセル(『ジ・アメリカンズ』) エヴァン・レイチェル・ウッド(『ウエストワールド』) ロビン・ライト(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』) ■助演男優賞 ジョナサン・バンクス(『ベター・コール・ソウル』) ジョン・リスゴー(『ザ・クラウン』) マンディ・パティンキン(『HOMELAND』) マイケル・ケリー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』) デヴィッド・ハーバー(『ストレンジャー・シングス 未知の世界』) ロン・セファス・ジョーンズ(『THIS IS US 36歳、これから』) ジェフリー・ライト(『ウエストワールド』) ■助演女優賞 アン・ダウド(『LEFTOVERS/残された世界』) サミラ・ワイリー(『The Handmaid’s Tale(原題)』) ウゾー・アドゥーバ(『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』) ミリー・ボビー・ブラウン(『ストレンジャー・シングス 未知の世界』) クリッシー・メッツ(『THIS IS US 36歳、これから』) タンディ・ニュートン(『ウエストワールド』) 【コメディ部門】 ■作品賞 『Atlanta(原題)』 『black‐ish(原題)』 『マスター・オブ・ゼロ』 『モダン・ファミリー』 『シリコンバレー』 『アンブレイカブル・キミー・シュミット』 『Veep/ヴィープ』 ■主演男優賞 アンソニー・アンダーソン(『Black-ish(原題)』) アジズ・アンサリ(『マスター・オブ・ゼロ』) ザック・ガリフィナーキス(『Baskets(原題)』) ドナルド・グローヴァー(『Atlanta(原題)』 ウィリアム・H・メイシー(『シェイムレス 俺たちに恥はない』) ジェフリー・タンバー(『トランスペアレント』) ■主演女優賞 パメラ・アドロン(『Better Things(原題)』) ジェーン・フォンダ(『グレイス&フランキー』) アリソン・ジャネイ(『Mom(原題)』) エリー・ケンパー(『アンブレイカブル・キミー・シュミット』) ジュリア・ルイス=ドレイファス(『Veep/ヴィープ』) トレイシー・エリス・ロス(『black-ish(原題)』) リリー・トムリン(『グレイス&フランキー(原題)』) ■助演男優賞 ルーイ・アンダーソン(『Baskets(原題)』) タイ・バーレル(『モダン・ファミリー』) アレック・ボールドウィン(『サタデー・ナイト・ライブ』) タイタス・バージェス(『アンブレイカブル・キミー・シュミット』) トニー・ヘイル(『Veep/ヴィープ』) マット・ウォルシュ(『Veep/ヴィープ』) ■助演女優賞 レスリー・ジョーンズ(『サタデー・ナイト・ライブ』) ケイト・マッキノン(『サタデー・ナイト・ライブ』) ヴァネッサ・ベイアー(『サタデー・ナイト・ライブ』) キャスリン・ハーン(『トランスペアレント』) ジュディス・ライト(『トランスペアレント』) アンナ・クラムスキー(『Veep/ヴィープ』)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access