クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺 関連記事

  • 『アメリカン・クライム・ストーリー』シーズン3は、ビル・クリントン元大統領の不倫スキャンダル

    『アメリカン・クライム・ストーリー』シーズン3、クリントン元大統領の不倫騒動描く

    海外ドラマ

     海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』のライアン・マーフィーが製作する海外ドラマ『アメリカン・クライム・ストーリー』ミニシリーズ。シーズン1のO・J・シンプソン事件、シーズン2のヴェルサーチ暗殺事件の次は、ビル・クリントン元米大統領とホワイトハウスの元インターンの不倫スキャンダルを描くという。@@cutter 1990年代に世界を騒がせた在職中のクリントン大統領とホワイトハウスのインターンだったモニカ・ルインスキーの不倫騒動。当初クリントンはモニカとの不倫を否定したが、モニカが大統領との関係を証明する物的証拠を持っていたため、クリントンは“不適切な関係”を認め、大統領弾劾訴追に発展した。  TV Lineによると、タイトルは『Impeachment:American Crime Story(原題)』。「Impeachment」は「弾劾」を意味する。マーフィーからの誘いを受けて、モニカはプロデューサーとして同シリーズに参加することが決まっている。  モニカ役は俳優のジョナ・ヒルの妹で、映画『レディ・バード』などに出演する女優のビー二ー・フェルドスタインが演じるという。マーフィー製作ドラマの常連女優サラ・ポールソンが、国防総省で働いていたモニカの元同僚で、モニカがクリントンとの不倫を認める録音テープを議会に提出したリンダ・トリップ役で出演する。クリントン大統領役やヒラリー・クリントン役のキャストは不明だ。  現地時間2020年9月27日の初放送に向けて、来年2月から制作が始まる予定。

  • <第76回ゴールデン・グローブ賞>テレビの部/女優賞:サンドラ・オー(『キリング・イヴ』)

    ゴールデン・グローブ賞<TVの部>発表! 島田陽子以来、アジア系が女優賞受賞 史上2人目

    海外ドラマ

     現地時間6日、第76回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が開催され、最多3のノミネートを獲得していたリミテッド・シリーズ&テレビムービー部門の『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』が、作品賞と男優賞(ダレン・クリス)の最多2冠に輝いた。また、ミュージカル/コメディー部門の『コミンスキー・メソッド』が、作品賞と男優賞(マイケル・ダグラス)を受賞し、同様に2冠となった。@@cutter ファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチの殺害事件を題材にした『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』。クリスはヴェルサーチを含む5人を殺害した連続殺人犯アンドリュー・クナナンを演じ、昨年9月に開催されたエミー賞に続いての男優賞受賞となった。  シニア世代の演技コーチと親友の交流を描くコメディー『コミンスキー・メソッド』でサンディ・コミンスキーを演じるマイケルは、2014年にテレビムービー『恋するリベラーチェ』で受賞して以来の男優賞獲得となった。  今回、コメディー俳優のアンディ・サムバーグと共にホストを務めた女優のサンドラ・オーは、ドラマ部門の『キリング・イヴ/Killing Eve』で、英諜報機関MI6の女性エージェント、イヴを演じ女優賞に輝いた。ゴールデン・グローブ賞でアジア系の女優が女優賞に輝いたのは、1981年にミニシリーズ『将軍 SHOGUN』で島田陽子が受賞して以来。史上2人目となる。  第76回ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>受賞結果は以下の通り。 (★が受賞作品&受賞者) ●作品賞(ドラマ) ★『ジ・アメリカンズ』 『ボディガード -守るべきもの-』 『Homecoming(原題)』 『キリング・イヴ/Killing Eve』 『Pose(原題)』 ●女優賞(ドラマ) カトリーナ・バルフ『アウトランダー』 エリザベス・モス『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』 ★サンドラ・オー『キリング・イヴ』 ジュリア・ロバーツ『Homecoming(原題)』 ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』 ●男優賞(ドラマ) ジェイソン・ベイトマン『オザークへようこそ』 ステファン・ジェームズ『Homecoming(原題)』 ★リチャード・マッデン『ボディガード -守るべきもの- 』 ビリー・ポーター『Pose(原題)』 マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』 ●作品賞(ミュージカル/コメディー) 『バリー』 『グッド・プレイス』 『Kidding(原題)』 ★『コミンスキー・メソッド』 『マーベラス・ミセス・メイゼル』 ●女優賞(ミュージカル/コメディー) クリステン・ベル『グッド・プレイス』 キャンディス・バーゲン『TVキャスター マーフィー・ブラウン』 アリソン・ブリー『GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』 ★レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』 デブラ・メッシング『ふたりは友達? ウィル&グレイス』 ●男優賞 (ミュージカル/コメディー) サシャ・バロン・コーエン『Who is America(原題)』 ジム・キャリー『Kidding(原題)』 ★マイケル・ダグラス『コミンスキー・メソッド』 ドナルド・グローヴァー『アトランタ』 ビル・ヘイダー『バリー』 ●作品賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) 『エイリアニスト』 ★『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』 『Escape at Dannemora(原題)』 『KIZU-傷-』 『英国スキャンダル ~セックスと陰謀のソープ事件』 ●女優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) エイミー・アダムス『KIZU-傷-』 ★パトリシア・アークエット『Escape at Dannemora(原題)』 コニー・ブリットン『Dirty John(原題)』 ローラ・ダーン『ジェニーの記憶』 レジーナ・キング『運命の7秒』 ●男優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) アントニオ・バンデラス 『ジーニアス:ピカソ』 ダニエル・ブリュール『エイリアニスト』 ★ダレン・クリス『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』 ベネディクト・カンバーバッチ『パトリック・メルローズ』 ヒュー・グラント『英国スキャンダル ~セックスと陰謀のソープ事件』 ●助演女優賞 アレックス・ボースタイン『マーベラス・ミセス・メイゼル』 ★パトリシア・クラークソン『KIZU-傷-』 ペネロペ・クルス『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』 タンディ・ニュートン『ウエストワールド』 イヴォンヌ・ストラホフスキー『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』 ●助演男優賞 アラン・アーキン『コミンスキー・メソッド』 キーラン・カルキン『キング・オブ・メディア』 エドガー・ラミレス『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』 ★ベン・ウィショー『英国スキャンダル ~セックスと陰謀のソープ事件』 ヘンリー・ウィンクラー『バリー』

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access