クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『神龍<シェンロン>‐Martial Universe‐』 関連記事

  • 中国史上最大級のスケールで描く、ファンタジースペクタクル時代劇『神龍<シェンロン>‐Martial Universe‐』

    今、中国のファンタジー・アドベンチャーが熱い! “王道の物語”は日本アニメの影響!?

    海外ドラマ

     近年、中国アニメの急成長が日本でも大きな注目を浴びている。今夏には中国の国産アニメ映画『ナタ之魔童降世(なたのまどうこうせい)※』が興行収入“約600億円”を突破するメガヒットとなり、2015年に国産アニメ映画歴代1位の興行収入約192億円を記録した『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』をはるかに超える成功を収めた。この2作に共通するのはいずれも日本人にもなじみのある中国の古典(「西遊記」「封神演義」)を取り入れたファンタジー・アドベンチャーであること。今、中国ではこうしたファンタジー・アドベンチャーの人気が高まっており、アニメにとどまらず実写ドラマにも及んでいる。その好例といえるが、2018年中国で大ヒットを記録したドラマ『神龍<シェンロン>‐Martial Universe‐』(以下『神龍』)だ。 ※「ナ」は口へんに「那」、「タ」は口へんに「屯」。@@cutter 日本での人気も高い若手スター俳優、ヤン・ヤンを主演に迎えた『神龍』は、総額約100億円という巨額の製作費を投じ、ハリウッド作品並みの“壮大な物語”を描き出したファンタジー・アドベンチャーだ。  原作となった人気Web小説『武動乾坤』は、2017年「フォーブス」中国版の「中国の30歳以下30人のエリート」の一人に選出された若手作家・天蚕土豆によるオリジナル作品で、その内容は中国の古典だけでなく日本の漫画・アニメの影響も見て取れる、“ハイブリッドな世界観”となっているのが人気の秘密だ。  例えば、様々な属性を持つ個性的なキャラクターたちが魔物を封じるために8つの“護符を集める”ストーリーは、中国でも大人気の漫画『ドラゴンボール』を思わせる。同時に、8という数字、運命に導かれた英雄たちが集い、動物の妖怪なども登場する点は、江戸時代の日本の伝奇小説「南総里見八犬伝」の世界観を彷彿とさせる。 @@insert1  そもそも数珠の玉を持つ八犬士の冒険を描いた「南総里見八犬伝」が中国の古典である「水滸伝」「三国志演義」「西遊記」などの影響を受けて書かれていることを考えると、こうしたストーリー自体が中国と日本の間をループしながら定着したファンタジー設定といえるかもしれない。@@insert2@@separator また、本作は1人の少年の成長を描くビルドゥングスロマン(教養小説)でもあり、未熟な主人公・林動が魔物から世界を救うヒーローへと変貌していく過程を描いている。往年の武侠小説やカンフー映画でも主人公が強くなっていくのはよくあるパターンで、中国の古典では人が修行によって人間を超える力を身につけランクアップしていくのはお約束の流れ。中国でも多くの読者を持つ「週刊少年ジャンプ」作品に例えれば、林動が修行を積んで強くなっていくのは『HUNTER×HUNTER』、さらに身につけた力にランク付けがあるのは『NARUTO‐ナルト‐』を思わせる設定といえるだろう。  さらに、物語には恋愛要素もプラスされ、林動がツンデレ優等生、可愛いドジッ子と三角関係になるのは、80年代の『きまぐれオレンジロード』から現代の『ニセコイ』まで、ラブコメ漫画でおなじみの展開。こうして見ると、まさに古代から現代までの中国と日本のカルチャーの相互作用を思わせる内容で、日本人も大いに共感できるはずだ。  今年、『神龍』は中国でアニメ・シリーズもWeb配信され、中国アニメの勢いと成長ぶりを改めて示した。その実写ドラマ版は、中国が作り出すファンタジー・アドベンチャーの魅力を知る上で最適な一作になっている。  『神龍<シェンロン>‐Martial Universe‐』DVD‐SET1、DVD‐SET2 & レンタルDVD Vol.1~12、リリース中。DVD‐SET3 & レンタルDVD Vol.13~18、11月2日(土)リリース。

  • 『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』(2018年放送)の主人公・林動を演じるヤン・ヤン

    20代で年収37億円! ジャッキーを超える“中国トップスター”ヤン・ヤンとは?

    海外ドラマ

     『シンデレラはオンライン中!』で日本でもブレイクし、最新ドラマ『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』が話題を呼んでいる中国俳優ヤン・ヤン(楊洋)。1991年9月9日上海生まれの27歳、身長180cm、少女漫画から抜け出てきたような完璧イケメンの彼は、日本では中村蒼、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、坂口健太郎、工藤阿須加と同い年だ。2017年に経済誌「フォーブス」が発表した「中国で最も稼ぐセレブ100人」によると、総合順位でジャッキー・チェンを上回る第5位にランクインしており、推定年収は驚愕の約37億円!! 中国芸能界で若手ながらトップクラスに位置するヤン・ヤンとはどんな人物なのか? その人気の凄さとこれまでの経歴を紹介しよう。@@cutter ヤン・ヤンの中国版TwitterといわれるWeibo公式アカウントのフォロワー数は現在4800万人以上。Twitterでいえばビル・ゲイツを超えてブリトニー・スピアーズのフォロワー数に迫る勢いだ(2019年8月現在)。  中国ではWeb上のデータを集計しスターの影響力を測るランキングが日常的に発表されているが、彼は「2017年度男性俳優ランキング」で1位(Powerstar調べ)、「2018年度TVドラマ男性俳優ランキング」で1位(VLinkage調べ)と、ランキングトップの常連俳優。こうした人気を受けてAlfa Romeo(アルファロメオ)、PUMA(プーマ)など世界的ブランドのCMに出演、昨年はMontblanc(モンブラン)の中国アンバサダーとして俳優のヒュー・ジャックマンとイベント共演したことも話題となった。 @@insert2  こうした人気の高さと美しいルックスから、イメージ先行型のアイドルに思われるかもしれないが、実はヤン・ヤンの経歴と実力はなかなかのもの。幼い頃からダンスの才能で頭角を現した彼は小学校卒業後、飛び級してすぐに名門大学である中国人民解放軍芸術学院・ダンス科に進学。優秀な成績を収め、国際的なコンテストに何度も参加し、17歳で卒業する際には卒業公演でソロダンスを披露した。  そんな彼が俳優への道に進むことになったのは、キャスティングにあたり積極的に新人発掘を行っていたテレビドラマ『紅楼夢 ~愛の宴~』の賈宝玉役に抜擢されたことから。賈宝玉は日本で例えれば「源氏物語」の光源氏のような古典の美男キャラクターで、このドラマが2010年に放送されると、彼は期待の新人として注目を浴びることになった。@@insert1@@separator その後、ヤン・ヤンは『ときめき 旋風ガール』『四大名捕 ~都に舞う侠の花~』『シンデレラはオンライン中!』といったテレビドラマで王子様キャラを好演してファンを増やしていくことに。その一方で映画にも出演を重ね、『ひだりみみ』では優等生から堕落するダメ男、『君のいる世界から僕は歩き出す』では天才肌のオタクを演じ、演技力を研鑽していった。 @@insert3  そして、2018年放送のファンタジー・スペクタクル時代劇『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』では平凡な青年から世界を救う立派なヒーローへと成長していく主人公を熱演。本格アクションに挑んだほか、王子様イメージを脱皮してヒゲを生やした精悍な姿も見せ、役者として一皮むけた演技で評価を高めた。なお、今年はジャッキー・チェンと共演する話題のアクション・スリラー映画『急先峰(原題)』の公開も控えている。  このように、大金を稼ぐスターになっても地に足を着けて挑戦を続けるヤン・ヤンは、今後俳優としてさらに飛躍すること間違いなしだ。また、演技だけでなく低音ボイスを生かした歌でも、どんなジャンルのダンスでも才能を発揮する彼は、まさに女性にとって理想の王子様で、そのカリスマ性と人気は衰えそうにない。  しかも、こうした王子様タイプのスターは女性ファンが大半を占めるものだが、彼の場合、男性からの好感度も思いのほか高く、女性ファンと男性ファンの割合が拮抗しているという統計結果もある。そんな人気・実力ともにかねそろえた中国芸能界の国宝ともいうべきヤン・ヤンは、ジャッキーを超え世界で活躍する中国スターとなる日は近いかもしれない。  ヤン・ヤンが主演を務める最新ドラマ『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』のDVDは現在レンタル&発売中。 @@insert4

  • 『神龍<シェンロン>‐Martial Universe‐』場面写真

    ネット世代の若手作家が躍進! 中国エンタメ界をリードする新時代の“武侠”作品とは?

    海外ドラマ

     剣客たちが宙を舞い、刀を交えれば、海は避け、大地は爆発する―ツイ・ハーク監督の『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』や、『霊幻道士』に代表されるキョンシー映画、さらに『スウォーズマン』、『楽園の瑕』など、剣戟アクションを主体とする武侠映画が80年代から90年代にかけて次々にスクリーン登場し、日本でも一大武侠ブームが巻き起こった。しかし、現在は新世代の作家たちによるファンタジー要素強めの新たな武侠作品が中国で人気を集めている。@@cutter 80年代、90年代は、武侠小説を代表する作家・金庸、梁羽生、古龍らの作品を香港ニューウェイブの監督・スタッフが斬新なスタイルを持った新時代の武侠映画として蘇らせ、人気を博した時代だった。  武侠映画ブームは、2000年代に入るとチャン・イーモウ監督の『HERO』、『LOVERS』に、さらにはアン・リー監督の『グリーン・デスティニー』やホウ・シャオシエン監督の『黒衣の刺客』へとつながっていく。もちろん、武侠小説は昔から映画だけでなく、香港や台湾ではドラマ化も盛んだった。長大なストーリーの金庸小説などは、2時間前後で収めなければならない映画よりも、むしろドラマ向きとも言える。  2001年には、中国中央テレビ(CCTV)が『笑傲江湖(しょうごうこうこ)』を放送。以降、金庸作品を次々とドラマ化している。香港や台湾の著名俳優を招聘し、中国各地でロケを行い、また新たに建造された映画撮影基地に巨大なセットを作り、大作ドラマとして作られるようになった。  さらに、伝統のワイヤーアクションに加え、CGやVFX技術の発展に伴い、より激しい立ち回りや画面作りが行われるようになり、ハリウッド作品にも引けをとらないレベルまで急成長を遂げた。現在、中国大陸版の金庸ドラマは3巡目に入っており、『射鵰英雄伝(しゃちょうえいゆうでん) レジェンド・オブ・ヒーロー』、『笑傲江湖 レジェンド・オブ・スウォーズマン』に続き『新 神鵰侠侶(しん しんちょうきょうりょ)』など、新たな作品が目白押しだ。  一方、近年中国で盛んになったのが、インターネット小説である。その作家たちの多くは80年代生まれ、90年代生まれだが、娯楽小説と言われながら、その印税収入はいまや従来の作家をしのぐ傾向にある。彼らは、幼少時から海外の映画やドラマ、『ドラゴンボール』や『美少女戦士セーラームーン』などの日本の漫画やアニメ、RPGの「ファイナルファンタジー」シリーズのようなテレビゲームに親しんだ世代で、気や経絡(けいらく)、神仙などといった中国的世界観に、『指輪物語』のような異世界ファンタジーを融合させ、独特の東洋ファンタジー“玄幻”というジャンルを創造した。いまや、ドラマや映画、ゲームへと、メディアミックスの展開を見せている作品も多い。  そこで、総製作費100億円という中国史上最大級のスケールで映像化された『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』の登場である。原作者、天蚕土豆は1989年生まれ。後にドラマ化もされた『斗破蒼穹』(2009年発表)が大ヒットし、たちまちインターネット作家ベスト3に駆け上がった。そして、『斗破蒼穹』に次に手がけた作品が、『神龍』の原作『武動乾坤』である。「武をもって乾坤(天地)をゆるがす」というタイトル通り、主人公が武を極めていく、武侠色の強い作品である。 @@insert1  その一方で、村の落ちこぼれ青年が、失意のどん底から立ち上がり、ひとつひとつアイテムを得ながら世界を救うヒーローになるというストーリー展開や、妖獣や魔物が登場するその世界観は、ファンタジー要素も強い。いわば、“武侠”と“玄幻”をミックスさせたような作品となっており、中国版『ゲーム・オブ・スローンズ』と呼ばれ中国で大きな話題となった。  主人公・林動を演じるのは、『ときめき旋風ガール』『シンデレラはオンライン中!』などで知られるヤン・ヤン。ドラマだけでなく映画でも活躍しており、今中国で最も人気がある俳優だ。イケメンというより可愛さがまさっているヤンだが、今作では成長するにしたがいヒゲを伸ばし、ワイルドな魅力をもかもし出している。 @@insert2  監督は、フォン・シャオガン監督の『女帝 エンペラー』、ジョン・ウー監督の『レッドクリフ』の撮影のほか、歴史ドラマ『孔子』、『大明王朝1566』の監督として名高い名匠チャン・リー。『神龍』は、はじめてのファンタジーということで、これまでにない新境地に挑戦している。  中国エンタメ界をリードする超一流の原作者、キャスト、スタッフが揃った新時代の“武侠”作品は、一見の価値ありだ。  『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』DVD‐SET1 & レンタル DVD Vol.1~6、リリース中。DVD‐SET2 & レンタル DVD Vol.7~12、10月2日(水)リリース。DVD‐SET3 & レンタル DVD Vol.13~18、11月2日(土)リリース。 @@insert3

  • 中国時代劇の新境地!『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』場面写真

    「三国志」「水滸伝」を超えた中国時代劇の新境地! 『神龍(シェンロン)』が日本上陸

    海外ドラマ

     製作費約100億円、撮影期間258日、スタッフ1000人以上という中国史上最大級スケールで中国時代劇ドラマに革命を起こしたファンタジースペクタクル時代劇『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』がついに日本上陸! 平凡な青年が世界を救う使命を帯びてヒーローへと成長していく冒険譚を描き、「三国志」「水滸伝」を超える中国時代劇の新境地を切り拓いた本作。視聴者をあっと言わせたこのドラマの前代未聞、ケタ違いのすごさとは?@@cutter■映画『キングダム』を超える大規模セットがすごい!  中国は時代劇の撮影ができる巨大な映画村をいくつか擁しているが、本作の撮影に使われたのは象山影視城。実写化不可能とも言われた人気漫画を壮大なスケールの映像で映画化して大ヒットした『キングダム』と同じ場所だが、本作は象山影視城にあるオープンセットの約3分の1、東京ドームを超える広さを使用するという、1作品で使う面積としては異例の大規模撮影が行われた。 @@insert2  また、新たに10種類以上の様々な樹を500本以上植えて亜熱帯や寒帯の森林を作り上げ、滝、湖、渓流などの自然も再現。時代劇らしい壮麗な城や砦のシーンだけでなく、幻想的な自然美を映し出すファンタジー映像をも実現した。 ■CGを駆使した2000分に及ぶアクションがすごい!  今やハリウッドに負けないCG技術を取り入れている中国ドラマ。本作も主人公たちが人類を脅かす魔物と戦う迫力のアクション・シーンが最先端のCGによって描き出されており、雷が天を切り裂き、大地が鳴動する圧倒的なシーンの連続に目が釘付けになること間違いなしだ。こうしたCGを使用したシーンはおよそ2000分! 視聴者の想像力を刺激する世界観を表現するために惜しみない時間と費用がかけられた。  また、主人公の仲間となる虎や貂が人間の姿に変化するなど、中国らしい動物の擬人化キャラが登場し、独特のファンタジー世界を表現しているのも見どころ。一方で、ラストのクライマックスでは泥水の中で肉体と肉体がぶつかり合う迫真の格闘シーンが繰り広げられ、CGに頼るだけではないこだわりのアクション演出を見せてくれる。@@insert1@@separator■「三国志」「水滸伝」から発展した世界観がすごい!  日本人にもなじみ深い中国の古典といえば「三国志」「水滸伝」。中国でも何度も映像化されているこれらの作品の人気の秘密は、信念を貫く個性的なヒーローたちの存在とドラマティックなストーリーにあるだろう。本作はそんな中国らしいヒーローの物語を現代の若者たちに向けた冒険譚としてバージョンアップさせた人気のインターネット小説「武動乾坤」が原作となっている。 @@insert3  近年、中国では古典や神話を土台にしつつ現代のRPGゲームや少年漫画などの要素を取り入れた新世代のファンタジー小説が圧倒的な人気を誇る。その中でも、主人公が試練を乗り越え戦士としてランクアップしながら8つの護符を集めて魔物と戦う「武動乾坤」は、連載スタートからたちまち話題を呼び、翌年には作者を中国インターネット作家富豪ランキング第3位に押し上げるほどの爆発的なヒットとなった。そして、この原作の世界観をそのまま映像化した本作こそ、中国時代劇の新時代を印象づける一作になったといえる。  このように「三国志」「水滸伝」から発展し、『キングダム』を超えるスケールのアクションとファンタジー世界を実現した『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』。ぜひ本作で今の中国時代劇のすごさを体感してほしい。  『神龍(シェンロン)‐Martial Universe‐』DVD‐SET1 & レンタルDVD Vo.1~6、9月3日(火)リリース。DVD‐SET2 & レンタルDVD Vol.7~12、10月2日(水)リリース。DVD‐SET3 & レンタルDVD Vol.13~18、11月2日(水)リリース。 @@insert4

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access