クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~ 関連記事

  • 『白華(はっか)の姫』など話題の“華流ラブ史劇”が続々上陸

    話題作が続々上陸! 最新作『白華(はっか)の姫』から紐解く“華流ラブ史劇”ヒットの法則

    海外ドラマ

     中国時代劇の世界でロマンティックなラブストーリーを描く華流ラブ史劇。近年、日本にも『ミーユエ 王朝を照らす月』、『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』など大ヒット作品が続々と上陸し、女性を中心に同ジャンルのファンが急増している。そして今年6月には、中国で2019年の視聴再生数1位を記録した『白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~』も上陸。『王女未央‐BIOU‐』のヒットメイカーと中国スター俳優たちが結集した最新作とあって、SNS上でも早速話題となっている。一度見ればハマってしまう華流ラブ史劇の魅力はどこにあるのか? 最新作『白華の姫』から“ヒットの法則”を紐解いていこう。@@cutter<strong class="title1">■政略結婚、陰謀…どんな困難も乗り越えていくヒロインに多くの女性が共感!</strong> @@insert1  ラブ史劇のヒロインといえば、身分が高くても辛い境遇にあったり、過酷な運命を背負ったりしているのが定番。『白華の姫』のヒロイン・容楽(=ようらく/チャン・シュエイン)も過去の記憶をすべて失ったまま、皇帝・容斉(=ようせい/レオ・ロー)の妹として政略結婚のため隣国の宮中に入るという困難な道を進む。しかも、容斉の密命で秘密の書を探すことになった彼女は、茶楼の若店主・漫夭(まんよう)というもう一つの身分でスリリングな二重生活を送り、陰謀に巻き込まれていくことに。  それでも苦難にめげずに未来を切り拓いていくその生き様は、現代を生きる女性ならば誰しも共感するところがあり、自然と応援したくなる気持ちになる。 <strong class="title1">■気高い英雄から葛藤する悪役まで 様々なタイプのイケメン貴公子たちに射抜かれる!</strong>  ヒロインを取り巻くキャラクターとして、イケメン貴公子が次々と登場するのも女性の心をつかんで離さない重要なポイント。『白華の姫』にも情熱的な愛を貫く皇子・宗政無憂(=そうせいむゆう/アーリフ・リー)、宿命に翻弄される孤高の将軍・傅チュウ(=ふちゅう/ジン・チャオ)、国を背負う薄幸な皇帝・容斉が、容楽にそれぞれの愛を捧げる。  こうした男性キャラクターたちは必ずしも清廉潔白な英雄ばかりというわけではなく、暗い過去を抱えていたり復讐心を秘めていたりと、様々なタイプがそろっているのも魅力的だ。自分なら…とタイプの貴公子を探してときめいてしまうはず! <strong class="title1">■予想を裏切るドラマティックな展開! 切なくて泣ける波乱万丈ストーリー</strong>  華流ラブ史劇は現実にはあり得ないほどドラマティックな展開が待ち受けるのがお約束。しかし、単に視聴者を驚かせるだけでなく、心を大きく揺さぶる切ないラブストーリーや感動の人間ドラマがセットで描かれているのがポイントだ。  特に『白華の姫』は、予想を次々と裏切る大どんでん返しが続くのだが、同時にヒロインの心の動きなども緻密に描かれており、それが人気の秘密となっている。 <strong class="title1">■衣装、美術、風景が映える映像美! 眼福必至の華やかで美しい世界観</strong>  華やかな世界を演出するのが見所でもあるラブ史劇。『白華の姫』も自由なイマジネーションでロマンティックな世界観を創出している。  線のきれいな衣装、古典と現代の美を融合させた美術、中国らしい雄大な自然をコラボレーションさせた映像美はまさに眼福。観ているだけでうっとりさせられる。  近年、人気を集めている華流ラブ史劇にはここであげた4つのポイントがほぼ入っており“ヒットの法則”となっている。しかし、キャストや物語の舞台によってその描かれ方は異なるので、いろいろな作品を見比べていくとより楽しめるはずだ。  『白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~』DVD‐SET1~2、レンタル DVD Vol.1~11リリース中。

  • チャン・シュエインが演じるヒロイン、容楽(ようらく)の魅力に迫る

    『白華(はっか)の姫』チャン・シュエイン演じるヒロインが“愛されすぎる”理由とは?

    海外ドラマ

     人気スターとヒットメイカーが結集してベストセラー小説をドラマ化したラブ史劇『白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~』。本作のDVDが日本でもリリースされ、先の読めないドラマティックなラブストーリーと、チャン・シュエイン演じるヒロイン・容楽(ようらく)の虜になる人が続出している。過酷な運命に直面しても正義を失わず懸命に生き抜き、貴公子たちの愛を一身に集めるヒロイン・容楽の魅力とは? それぞれの男性キャラクターとの関係から、彼女が彼らのハートをつかみ熱烈に愛される理由を分析していく。 @@cutter<b>■情熱的な皇子・無憂(むゆう)をときめかせる“ものおじしない勇気と賢さ”</b>  アーリフ・リー演じる、北臨国の皇子・無憂は、次期皇帝の器を持つ自尊心の強い男性。彼は幼い頃のトラウマで女性の体に触れることができないのが弱点だが、唯一触れることができたのが容楽。  それは彼が初めて女性に恋をしたからだった。世の平和を願い宮廷の権力争いを賢く生き延びる彼にとって、祖国のために勇敢に行動し持ち前の聡明さで危機を乗り越えていく容楽は、自分と同じ志を持ち、対等に渡り合える好敵手。心を分かち合える女性が人生に現れて初めて、彼は情熱的な愛に目覚めていく。 <b>■孤高の将軍・傅チュウ(ふちゅう)の心を動かす“人の気持ちがわかる共感力”</b> @@insert1  ジン・チャオ演じる北臨国の将軍・傅チュウは、謎めいた過去を持つ孤独な男性。彼は人を信じることなく、相手によって違う自分を見せる複雑な人生を送っている。そんな彼が唯一心を許す相手が容楽。  当初、彼は自分の謀略に利用するつもりで容楽に近づくが、彼女が彼の弾く琴の音からその心の機微を感じ取ったことで、自分の理解者に出会えたと思い、それまで苦しんできた孤独感から救われたような気持ちを味わう。こうして彼は容楽の心を手に入れたいと渇望するようになるのだ。 <b>■薄幸な皇帝・容斉(ようせい)を支える“素直で前向きな強い心”</b> @@insert2  レオ・ロー演じる西啓国の皇帝・容斉は、容楽のために心を砕く兄。祖国のために北臨との政略結婚に応じて旅立っていった彼女の行く末を案じ、離れ離れになっても常に彼女を気にかける。そんな彼が心の支えにしているのは、自分を信じ慕ってくれる容楽の素直さ、どんな困難にも負けない強さ。  何があっても彼女には前向きに生きてもらいたいというのが、容斉のたった一つの願いなのだ。そして、彼が隠し通してきた秘密が明らかになったとき、容楽はそこに秘められた深い愛に気づくことになる…。  このように3人の貴公子から愛され、彼らの愛に翻弄されていくヒロイン・容楽。演じるチャン・シュエインの透明感あふれる魅力と、観る者に圧倒的な感動を呼び起こす確かな演技も見逃せない。チェン・カイコー監督の最新映画『塵埃里開花(原題)』に抜擢され、“次世代のチャン・ツィイー”との呼び声も高い、若き実力派女優が演じる“愛されヒロイン”に注目してほしい。 @@insert3

  • 『白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~』6月3日(水)DVDリリース

  • 『白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~』6月3日(水)DVDリリース

    リピート必至! 中国ドラマ『白華(はっか)の姫』が“視聴再生数1位”になった理由とは?

    海外ドラマ

     今年に入って放送数やDVDリリース数が急上昇し、関連書籍も次々と出版されるなど、人気が沸騰している中国時代劇ドラマ。最新作が次々と日本上陸するなかで、ついに2019年の大ヒット作『白華(はっか)の姫~失われた記憶と3つの愛~』のDVDが6月3日(水)にリリースされる。人気スターとヒットメイカーが結集し、ベストセラー小説をドラマ化した本作の見どころや多くの視聴者に支持された理由を紹介する。@@cutter<b>■口コミで人気が爆発し視聴再生数1位!</b>  ヒロインである容楽(ようらく)/漫夭(まんよう)を演じるのは『泡沫の夏~トライアングル・ラブ~』や『神雕侠侶~天翔ける愛~』などで知られるチャン・シュエイン。  子役時代から『美人心計~一人の妃と二人の皇帝~』、『ハンシュク~皇帝の女傅』などの時代劇に出演してきた彼女は、チェン・カイコー監督の最新映画『塵埃里開花(原題)』にも抜擢され、“次世代のチャン・ツィイー”との呼び声も高い若き実力派だ。  また、『王女未央‐BIOU‐』を大ヒットさせた監督リー・フイジューと脚本家チョン・ティンユーの女性コンビが再びタッグを組み、ロマンティックでミステリアスな宮廷の恋を描いて女性の心をわしづかみ! インターネット上にはその世界観に引き込まれて一喜一憂するファンの声が溢れ、本作は視聴再生数1位を記録しただけでなく、視聴コメント数ランキング1位になる大反響を呼んだ。 <b>■中国時代劇ファンを魅了する3人の貴公子たちが登場!</b> @@insert2  ヒロインの相手役として中国時代劇ファンに人気のイケメンスター3人が豪華競演。『武則天‐The Empress‐』のアーリフ・リーが情熱的な愛を貫く皇子・宗政無憂(そうせいむゆう)を演じ、『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』のジン・チャオが宿命に翻弄される孤高の将軍・傅チュウ(ふちゅう)に、『霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~』のレオ・ローが国の命運を背負う薄幸な皇帝・容斉(ようせい)に扮する。  3人の貴公子が葛藤しながら各々のやり方でヒロインに愛を捧げる姿にハラハラドキドキ! アーリフ・リーがジャッキー・チェン映画『カンフー・ヨガ』などでもアピールしてきた得意のアクションを華麗に繰り広げ、ジン・チャオがこれまで以上に複雑なキャラクターを熱演して新境地を見せ、時代劇スタイルが似合う俳優として絶大な人気を誇るレオ・ローが美しい衣装で耽美な姿を披露しているのも見逃せない。 @@insert1@@separator<b>■予測不能な甘く切ないラブストーリー</b> @@insert3  本作がこれまでのラブ史劇と一線を画すのは、お約束の展開を裏切っていく先の読めないストーリーの面白さ。物語はヒロインがすべての記憶を失って目覚めるところから始まり、その後、皇帝の妹として政略結婚のため隣国へ行った彼女がいきなり皇子に結婚を拒否される意外な展開へと続く。  さらに、彼女は皇帝に命じられた秘密の使命のため、宮中では仮面で顔を隠し、街では茶楼の若店主になりすます二重生活を始めるが、思いも寄らない事実が次々と明らかになり、皇子、将軍との三角関係の恋に翻弄されていく…。  そして、すべての謎が解けたとき、涙なしでは観られないドラマティック展開に怒涛の感動と切なさが押し寄せる! そのスリリングな心を震わすストーリーと目の離せない魅力的なキャラクターたちに夢中になってしまうはずだ。  本作の公式サイトでは、DVDリリースを記念して第1回が特別公開されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access