クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

赤楚衛二、いい意味での諦めとフォーカスずらしで「人生は楽しめる」

映画

赤楚衛二
赤楚衛二 クランクイン! 写真:高野広美

 漫画雑誌「月刊サンデーGX」(小学館)で連載中の原作・麻生羽呂、作画・高田康太郎による同名漫画を映画化した、Netflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』。今回は、主人公・天道輝(てんどうあきら)を演じた俳優の赤楚衛二にインタビューを実施した。世界が突然ゾンビだらけになったことで属していたブラック企業から解放された輝が「楽しく生きる」を信念に日々を突き進む本作。赤楚が語る輝への憧れと、本作に出演したことで感じた想いとは…?

【動画】赤楚衛二、もし世界がゾンビだらけになったらしたいこととは?

■どんな状況でも楽しいにフォーカスできる主人公・輝は「憧れ」

――人気漫画の実写化ですが、オファーを受けたときのお気持ちは?

赤楚:原作は、弟が「面白い漫画があるよ」と勧めてくれていた作品だったので知っていました。本当に僕にやらせてもらえるんだと思い、すごく嬉しかったです。

――ゾンビものでありつつ、青春作品の要素も強い物語ですが、どんなアプローチで臨んだのでしょうか?

赤楚:漫画を読んでいて、ハッピーな気持ちになれる、エンタメ性の強い作品になるんだろうなという印象があったので、とにかくどのシーンも全力で楽しもうという思いで臨みました。あとは、ブラック企業で死んだ目になっていく過程や開き直って楽しむ部分など、グラデーションをしっかり表現できたらと思っていました。

――ゾンビに追いかけられるなど、アクションシーンも多い作品ですよね。

赤楚:撮影は、映画『チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』のクランクアップ直後だったんです。なので、内面からというのは難しかったですね。輝はアメフトをやっていたという設定だったので、その基礎を学ぶ機会がありました。体づくりに関しては、『チェリまほ』の映画が終わる前に絞ってしまうと繋がらないと思ったので、撮影が終わってから頑張ろうという気持ちでした。

『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』場面写真
――輝はゾンビが街中に溢れたことでポジティブに目覚めていきます。赤楚さんは輝に対してどんな印象を持ちましたか?

赤楚:憧れに近かったです。世界中がゾンビになるって、普通だったら絶望にフォーカスされると思うのですが、輝は楽しい方にフォーカスしていく。実際の私生活でも、絶望まではいかなくても、楽しいことが見つからないとか、全然面白くないとかって、誰にでもあることだと思うんです。そんな状況下でも、物事の捉え方一つで、日々が色鮮やかになるということを実践している輝は、やっぱり魅力的だなと思いました。

次ページ

■「ゾンビに追いかけられたい」という夢はかなったけれど…

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る