クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

進化を遂げる女優・小池栄子、世界での活躍も視野に。目標は「ソフィア・ローレン」

映画

小池栄子
小池栄子 

 「脚本を読んだときに、この役は絶対に他人に渡したくないと思えるかどうか。それはとても感覚的なことだけれど、自分の心に響くものや愛せるポイントがあるかどうか」。そう話すのは、女優としてドラマ・映画を問わず数々の話題作に出演している小池栄子。そんな小池にとって、毎日映画コンクール主演女優賞受賞の映画「接吻」以来4年ぶりの主演作となる、映画「ペンギン夫婦の作りかた」が公開される。

「ペンギン夫婦の作りかた」フォトギャラリー

 演じるのは、“食べるラー油”ブームを生んだ石垣島在住の辺銀愛理さんをモデルとした女性、歩美。中国人のギョウコウ(ワン・チュアンイー)と国際結婚した歩美が石垣島の自然や人々の温かい心に魅了されながら、石垣島ならではの食材を使って、まったく新しいラー油を生み出すまでを描く。職もアテもなく東京から石垣島に向かった歩美の自由で力強い姿に小池は「考えかたが保守的で、フットワークも軽くないウジウジ考えてしまうタイプ」の自分自身を変化させるきっかけになるのではないか?そんな思いで役柄を引き受けた。「夫は“人生チャレンジ、やってみないとわからない!”というタイプ。私も夫と同じベクトルで物事を考えてみたいという願望があったんです」とその理由を明かす。

 歩美とギョウコウの夫婦像は、フィクションとは思えないほどリアル。その立役者は監督でも脚本家でもない、実際に既婚者である小池だった。「撮影時はまだ独身だった監督は夫婦を演出することに悩んでいました。特に夫婦で食事をするシーンはセリフが多かったんですが、そもそも夫婦というのは気を使わなくていい間柄です。だから、黙々と食べるシーンでも成立することをアドバイスしました」と夫婦像を監修。さらに「平林監督はこの作品の完成後に入籍されたんです。撮影の合間に監督の恋愛相談に乗ったりもして、結婚に至るまでの大切なときを一緒に過ごしているんですよね」と平林監督のプライベート・ラブも監修した。

 夫婦役を務めたことで、小池自身にも変化があった。「出会ったときの気持ちを思い出しました。劇中で『嬉しいってだけで、十分嬉しい』というセリフがあるんですが、確かにその通りだった」と懐かしむ。「歩美とギョウコウは、どんな逆境にあっても相手が笑っているだけで嬉しいという軸がぶれない。何ものにも打ち勝つ強さと絆がある。私自身、そうありたいし、そうでなければいけないと気付かされました」と役柄を通して得たものは大きい。

 日本人と中国人の人種を超えた愛と絆を描いた本作は、個人と個人の関係を考える上で、大きな道標になりそうだ。「個人としての気持ちは忘れずにいたい」と小池は願う。「互いに自分を疑い、人の話にも耳を傾ける。そうしなければ他者に歩みよることはできないし、作り上げてきた信頼も一瞬で崩れてしまうことだってありうる」。それを実践し、答えを提示しているのが歩美とギョウコウだろう。帰化申請を決断したギョウコウのために、夫婦は法務局を訪れる。面接官とは食い違いによって苦戦を強いられるが、話を聞き、歩み寄り、双方を理解しあうことで道を開いていこうとするのだ。

 これまで奇抜な役柄が多かった、と振り返る小池。本作で見せる姿は、今までの役柄とは違う等身大の自分に近いという。そのため「観客の皆さんが観ていて気持ち悪くなるのでは?」と苦笑い。ベンチや浜辺でじゃれあう姿を捉えた場面があるが、それらはほとんどアドリブ芝居らしい。「愛する人にしか見せたことのないような、甘えた女の部分が出ているところもあるので、凄く恥ずかしい。しかもチュアンイーさんには外国の方ならではの自然なボディタッチがあって、それにニヤニヤしている自分がいる」と振り返って赤面するほど。

 まさに本作で一皮向けた小池だが、今後は日本のみならず世界での活躍も視野に入れている。理想の女優は「ノーブラにワンピースを着て、サンダルを履いて、がっしりと立っているたくましい女性や、色っぽい役もできる野生的で肉感的なソフィア・ローレン」と目標は明確だ。女優を目指していたころは、何度もオーディションに落とされたが、そんな当時の自分に、今は「自分に自信を持ってコツコツと頑張れ」と声をかけたいという。「落選したオーディションのときの脚本家の方が私のことを覚えていてくれて、3年後に起用していただいたこともありました。一生懸命やれば、どこかで見てくれている人はいると信じて、どんな仕事にも手を抜かず、これからも頑張っていきたい」と初志貫徹。現在31歳、可能性は広がるばかりだ。

 映画「ペンギン夫婦の作りかた」は10月20日全国公開

スタイリスト:えなみ眞理子
ヘアメイク:山口公一(スラング)
トップス・ショートパンツ・シューズ全て:マイケル・コース/MICHAEL KORS


関連情報

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access