鳥居みゆき、ロングブレス美木良介を襲いたい!?「息を吐いているときにガブっと」

映画

鳥居みゆきと小明
鳥居みゆきと小明 

 アイドルグループの℃-ute・矢島舞美主演のゾンビ虐殺How to映画「ゾンビデオ」。アイドルがゾンビを切り刻み、血にまみれるという一部マニア的にはウハウハな本作で、ゾンビの親玉に扮したお笑い芸人・鳥居みゆきとゾンビの手下役のアイドルコラムニスト・小明に話を聞いた。

<フォトギャラリー>鳥居みゆき&小明がゾンビになりきり!

 映画「バイオハザード」の世界的ヒット以来、映画業界ではゾンビ映画が“死ぬほど”増えている。「ゾンビデオ」では、ある日突然ゾンビが増殖してしまった日本を舞台に、ゾンビを倒すHow toビデオを手にしたヒロインが、様々な知識を経てサバイバルしていく様を描く。本作でゾンビの親玉を演じている鳥居だが、そもそもゾンビの知識はあるのだろうか?「バイオハザード」シリーズに主演しているハリウッド女優ミラ・ジョヴォヴィッチに会ったことがあるそうだが「ゾンビ?別に好きじゃないよ。今回は出演してと言われたから、出てあげただけ」と上から目線。一方の小明は「例えば『ゾンビ』を監督したジョージ・A・ロメロ監督とか、『サンゲリア』を監督したルチオ・フルチくらいは知っています。最近の新しいゾンビ映画も見ていますよ」と本作出演のための予習は怠っていない。そんな話を横で聞く鳥居は「フルチン……?」と猥談と勘違いしている様子だった。

 本作には、ゾンビが蔓延る終末世界を生き残るためのヒントが散りばめられている。実際にこの世がゾンビうようよの終末世界になってしまったら、2人はどう行動するのだろう?鳥居は「ゾンビになっているふりをして、ゾンビの目を欺く。でもゾンビは倒し甲斐がないから、早いところゾンビになって人間を襲う」と宣言。だが「痛いのは嫌なので、ひじの柔らかい皮の部分とかを冷やして麻痺させてから噛んで欲しい」という前提がある。一方の小明は「雨戸も閉めて、光も入らないようにしながら家に篭城します。私はインターネットさえ繋がっていれば問題ない」と篭城覚悟。ちなみに小明はゾンビに襲われるのはNGらしく「細い階段さえ登ってこなければ家への侵入は不可能と気付いて、通販サイトでサスマタを買いました。それにモデルガンも持っているから安心」と終末世界に備えてすでに武器も用意している。

 ゾンビには「脳を破壊しないと倒せない」「人肉を食べる」「ゾンビに噛まれたら感染する」など、いくつかのルールが存在する。その中の一つに、生前の行動を繰り返すというものがある。鳥居は「もしゾンビになったら、コンビニに行ってミンティアを買うという行動をひたすら繰り返すはず」と予想。ゾンビ映画では、夫婦愛で危険を切り抜けるという展開もあるが「旦那はいつも『ウイニングイレブン』ばかりやっているし、互いに家にいるときも『オシッコの音がうるさいですよ』とメールが来るくらいで、会話もほとんどない」とのことで、その可能性は消えた。なお鳥居がゾンビになって噛み付きたい男性No.1は、ブレスダイエットで話題の俳優・美木良介。「息を『ブゥ~!』って吐いているときに隙があるので、その瞬間にガブっと噛み付きたい」と目を輝かせる。

1ページ(全2ページ中)

関連情報

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access