松田龍平、『舟を編む』でマジメを語る。「言葉が溢れていることに希望を感じます」

映 画

『舟を編む』松田龍平インタビュー
『舟を編む』松田龍平インタビュー 

 2012年本屋大賞第1位に輝く三浦しをんのベストセラー小説『舟を編む』が映画になった。それも原作に勝るとも劣らぬ形で。メガホンを執ったのは『川の底からこんにちは』の俊英・石井裕也。辞書作りを通じて、ひとりの青年・馬締光也(まじめみつや)と周囲の人々の姿を見つめる本作で、主演を務めた松田龍平がマジメの魅力を語り尽くした。

【関連】『舟を編む』松田龍平インタビューフォトギャラリー

 営業部で持て余されていた、人とのコミュニケーションが苦手な馬締が、辞書編集部に配属になったことから物語は始まる。そこで馬締はお調子者の編集者・西岡正志(オダギリジョー)らに囲まれながら、気の遠くなる作業の連続の中で、自らの知識を本当の意味で生かしていく。そして宮崎あおい扮する林香具矢(はなしかぐや)なる女性への一目ぼれも経験し……。

 映画俳優として彼にしかない存在感を放ってきた松田だが、馬締ほどの不器用なキャラクターを演じる姿はこれまでに見たことがない。

 「辞書を作るという話自体は今までに無いですし、僕もどういった仕事なのか全然想像できなかったから、興味を持ちました。それに辞書を作る馬締自身が、人と言葉を使ってコミュニケーションを取るのが極端に苦手だというのはおもしろいと思いましたね。ただ演じる側としてはセリフが少なかったので、どうやって彼の思いやキャラクターを出そうか石井監督と相談しました。なかなか自分の気持ちを伝えられないもどかしさと、でもそれに対して諦めていないところが伝わればいいなと」。

 最大のコミュニケーションツールでありながら、言葉が難しいことは私たち自身、よく知っている。松田も言う。「必ずしも自分の言いたかったことと、相手が受け取ることって一緒じゃない。おもしろい部分でもあるけど、でも怖いですよね。相手のことを考え過ぎるあまり、言葉が出てこないこともあるし。でもそれも、結局、相手がいるからこそ成立すること」。

 そして馬締を通じて怖かった言葉がおもしろいものに変わってもらえばいいと続ける。「角度を変えれば、物事は全然別のものになるんですよね。怖かったものがすごくおもしろいものに見えたり。自分次第で世界は180度変わる。この世に言葉は何十万語ってあるじゃないですか。どうしてそんなに言葉が溢れているんだろうと考えると、劇中のセリフにもあるんですが、言葉は“人に自分の気持ちを伝えるもの。そして相手の気持ちを知るためのもの”。それが溢れているということに希望を感じます」。

1ページ(全2ページ中)

関連情報

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access